[虚無主義] ふみっこの意味
ニヒリズムが極限に達すると、かつて生存に意味を与えていたすべての価値はその力を失います

このとき、病んだ本能の持ち主、すなわち弱者は、希望や慰めや励ましを与えてくれるようなものを見失い、生き抜く意欲を喪失してしまいます

永劫回帰を悦ばしいものとして受け入れることができる超人とは、いかなるニヒリズムにも耐えることができる人間を意味しているのです
すなわち、極限に達したニヒリズムは超人にしか生き抜くことができないことになります

生存が無意味であり苦痛に満ちたものであることを承認するばかりではなく、生存が一層無意味で、一層多くの苦痛に満たされることを求め、自ら進んでペシミスティックな妄想を産出し、自らの生存を試練にかける意欲、これこそ健康と強さの証でした

(清水真木「知の教科書 ニーチェ」)

( ´~`)ノハーイ
ふみっこのテーマを巡る旅
二回目は虚無主義(ニヒリズム)です
(゜~゜)
ところでこのブログのテーマは
「虚無主義者ふみっこが向上を目指す」
というものです
(o゜~゜)oホエ?
虚無主義者でありながら
なぜ向上を目指さなければならないのか
それは結局は人生に意味を求めているからです
(o゜~゜)oホエ?
虚無主義者なので
人生とは無意味で無価値なものだと思いつつも
堕落してしまうと本当に無意味な人生となってしまうので
向上心を持って有意義に生きることに意味を求めているのです
(´~`)アハハ
前回書いたように
生物学的には
遺伝子伝達以外に
人生に意味はありません
(゜~゜)
しかし人間の理性は
自分が生まれてきた理由とか
自分の存在意味を求めてしまうものです
(゜~゜)
なぜなら何の意味もなく生まれ
何の意味もなく死んでいくのだとしたら
虚しくなるからです
(ノд-。)クスン
では多くの人は
自分の人生に
どのような意味を見出しているのでしょう?
(o゜~゜)oホエ?
よく聞くのは
「(家族・恋人・会社などから)自分は必要とされている」
とか
「社会の中に自分の役割がある」
といったものです
(゜~゜)
しかし失職や定年退職
家族や恋人との別離や不仲などで
意味(役割)を失ってしまうことは常にありえます
(ノд-。)クスン
人は生きる意味を失ったとき
自分は一体何のために生きてきたのだろう
などと茫然自失するのでしょう
( ゜д゜)ポカーン
私たちは人生に意味を求めるけれど
与えられる意味は絶対的なものではない
(゜~゜)
絶対があるとしたらそれは神という妄想だけであり
人生に意味を求めすぎてしまうと
宗教や信仰へと行き着きます
Σ(゜~゜)ガビーン
つまり意味を巡る人間模様とは
とても脆弱なものです
((´ロ`))フラフラ
なのでニーチェは
人生に意味を求めるのは弱者のすることである
と言い放ちました
(ノ゜~゜)ノ
人間は
意味などなくても生きていけるというのです
(o゜~゜)oホエ?
生きる意味を見失い
絶望的な状況に置かれても
そこに立ち向かっていき
たくましく生を肯定すること
(゜~゜)ノぁぃ
人生が無意味で無価値であることを
悦ばしいものとして受け入れること
(゜~゜)ノぁぃ
つまり人生は無意味だと承認しながらも
それでも生きていける虚無主義者こそが
もっともたくましい人間だとニーチェは言ったのです
(゜Д゜)ハァ?
なぜなら意味がないと生きていけない人は
意味を失ってしまったら
生きていけなくなるからです
(´ロ`)アゥー
ニーチェが問いかけるそのような構造には
意味に対する人間の挑戦があります
(o゜~゜)oホエ?
果たして人間とは
遺伝子伝達や
誰かに必要とされることや
社会での役割や
宗教や信仰
そういったものに意味を見出さないと
生きていけないのだろうか
それともそんな意味がなくても
この世界が無意味であっても
生を肯定して生きていけるのだろうか
という問いです
(゜~゜)
そのような無意味な世界で生きる根拠とは
「力への意志」にあります
(o゜~゜)oホエ?
無意味な世界でも
生を否定したり没落することなく
生を肯定してたくましく生きていくために
「力への意志」だけは
ニーチェは価値を認めたのです
(゜~゜)
そんなわけで
人が生きる意味を見失い
ニヒリズムに陥った際の対抗手段とは
この世界がニヒリズムそのものであることを受け入れること
それでもなおその無意味な世界で
強く生きることに意味を求めて生きていくこと
という頭がクラクラするものになっています
(´ロ`)クラクラ

生において価値あるものといったら
力の度合以外に何もないのである
そのことの前提はほかでもない
生そのものは力への意志である、ということである
(ニーチェ「力への意志」)

by fumiblog | 2010-07-01 00:00 | 空想哲学 | Comments(5)
Commented by ushio0 at 2010-07-01 05:06
そんな消化試合つまんないから弱者でいいや
Commented by fumiblog at 2010-07-01 17:57
消化試合?(o゜~゜)oホエ?
Commented by @メドレント at 2010-09-30 01:45 x
突然のコメント、古い記事へのコメントすいません
自分も虚無主義を推しています。
虚無主義に達してしまったため
人生や価値観の疑問などに答えがでてしまったため
自分は哲学などはあまり興味なかったのですが、自分の考えてること、価値観がとてもこの記事と一致します。
ふみさんも同じだったりするのでしょうか?
答えをいただけると嬉しいです。

雑な文章で申し訳ないです;不快に感じたらコメントをけしてください。
Commented by fumiblog at 2010-09-30 17:52
メドレントさんはじめまして(*^~^*)ノ書き込みありがとう
虚無主義というのは現実世界ではあまり理解も共感もされないものですが、上の記事に共感されたのでしたらメドレントさんも虚無主義者ですね(≧~≦)
ただ虚無主義に目覚めるとすべてが無意味に思えてくる、という問題点もあり、ふみっこもよくそういう感覚になるのだけど、ニーチェは「力への意志」というヒントを与えてくれたので、虚無的になった際はそれを意識しながら生きたいと思っています(´~`)
参考までに、↓のページでも虚無主義について書いてます(゜ロ゜)
http://www.alived.com/fumi/d10.html
虚無主義に関してはニーチェが与えてくれた示唆がふみっこの人生の役に立っている感じです(´~`)
Commented by @メドレント at 2010-09-30 23:04 x
ご返答ありがとうございますっ!

確かにこの考え方はあまり共感されませんね・・・
一回腹を割って話し合ったことがありますが厨2病といわれてからあまりはなしたりはしなくなりました。
なのでおなじ価値観のひとがいるのはなんとなく新鮮なきもちですっ


サイト拝見しました
確かに彼のいってることはとても興味深いですね・・・

最近書店でニーチェの名言集みたいなのをみかけるので今度かってみます!


<< [成功哲学] ふみっこの勝敗 [空想哲学] ふみっこの死 >>