この世界が虚無的である理由
d0164816_129269.jpg
スイス シルスマリア (2010/5/5)

ニヒリズムとは何を意味するのか
――最高の諸価値が無価値になるということ
目標が欠けている
「なにゆえか」という問いへの答えが欠けているのである

キリスト教的な道徳仮説は、どんな利益を提供したか
それは、人間に一つの絶対的価値を付与した
生成と消滅の流れの中におかれた、人間の小ささや偶然性とは正反対に、である

それは、人間が自分を人間として軽蔑しないようにと、
また人間が生を敵視しないようにと、
そして人間が認識することに絶望しないようにと、取り計らった
それは、一つの保存手段だったのである

要するに、道徳というものは、ニヒリズムに対する大きな対抗手段なのであった

(ニーチェ「力への意志」)

( ´~`)ノハーイ
読者の方から質問をもらったので
久しぶりに虚無主義について書きます
(o゜~゜)oホエ?
ところでニーチェは
この世界が虚無的なのは
ごく自然な状態であり
よって人間が虚無主義に至るのは
ごく当然であると言いました
(o゜~゜)oホエ?
なぜなら人間の生存には
根拠や目的がないからです
(゜~゜)
科学が発達する以前の人間世界では
この世界があることや
自分たちが生きている理由を
ほとんど理解できませんでした
(´ロ`)
この世界(地球)が
宇宙空間に浮かぶ丸い星であるとか
その地球がぐるぐると自転していることなども
ほんの数百年前までは
人々は何も知ることなく生きて死んでいったというのは
なんだか恐ろしい気がします
((゜~゜))
目の前に広がる謎の世界の中で
人間はあまりにも無力かつ無知な存在であり
人間に襲いかかる自然の猛威や謎の病気に対して
せいぜい祈るぐらいしか対処できませんでした
(ノ´~`)ノ
であれば人間は
この世界を動かして支配する超越的な存在
すなわち「神」を想像し
畏怖したり祈りの対象としたのも
ごく自然なことであったはずです
(゜~゜)
しかしわずか100年ぐらいの間に
科学は猛烈なスピードで進化しました
(ノ゜~゜)ノウィーン
そうして人間は
宇宙の始まりすらも
解明するに至ったのです
(o゜~゜)oホエ?
そのキーワードは偶然性でした
(゜~゜)
この世界の物理現象は
理路整然とした計算できるものだと考えられていて
たとえば壁にボールを投げたら跳ね返ってきます
(ノ゜~゜)ノポーン
しかし原子や電子などの極微のミクロの世界はそうではなく
そこでの物理現象は
計算不可能で
偶然と不確かさに支配されていて
壁に投げたボールが跳ね返らずに
すり抜ける現象が起きるというのです(トンネル効果)
(゜ロ゜)ギョエ!!
それはマジックではなく
量子力学という科学で
半導体技術にも使われています
(o゜~゜)o
1cmの1兆分の1の1兆分の1のさらに100億分の1
のような超ミクロの世界では
物理的には何でもありの計算不可能な世界で
そのような超ミクロの宇宙から
トンネル効果によって
ビッグバンが起きたと考えられています
(ノ゜~゜)ノバーン
いずれにしろ宇宙の発生や地球の誕生
そして人間への進化の過程は
現代科学ではすべて偶然の結果だと考えることができます
(゜~゜)
何の意志もなく
この世界がただの偶然の産物だとしたら
人間の存在もただの偶然の産物であり
そこには根拠がありません
(´ロ`)
地球に生命が誕生する必要性は
何もなく
人間に進化する必要性も
何もなかったのです
(´ロ`)
それでもすべての生命は
目的を持っています
(o゜~゜)oホエ?
なぜなら生命は
遺伝子を有しているからです
(゜~゜)
そして遺伝子には
種の保存のための本能がプログラムされています
(゜ロ゜)
なので動植物は
何かを考えたり迷ったりすることなく
30億年前から延々と
ただロボットのように機械的に
子孫繁栄をし続けて今に至ります
(ノ゜~゜)ノ
各個体の生存の目的は
種の保存だとしても
それをより巨視的な視点で見ると
遺伝子はいったい何のために子孫繁栄をし続けているのか?
に対する答えは見えてきません
(´ロ`)
それでも遺伝子がそういう本能を持っている以上
その命令に動植物は逆らうことができないのです
(´ロ`)
そうして猿から進化した人間にも
本能があるけれど
同時に理性や知性を持つようになりました
(o゜~゜)oホエ?
それが人間の行動に自由をもたらします
(ノ゜~゜)ノ
人間は理性を有し
本能の束縛から解かれることによって
自分で考えたり迷ったりできる特別な存在になったのです
(ノ゜~゜)ノジャーン
そして本能から離れて自由を手にしたということは
人間は種の保存のために生きるという「本能的目的」を
喪失したことを意味しています
(゜~゜)
こうして人間は
生存することの根拠と目的を持たない
虚無的な存在になりました
(つ~`)ぐすん
この世界に自分が存在する理由がなく
この世界で何かをする目的もない
荒涼とした大地で
呆然と立ちすくむことになったのです
( ゜д゜)ポカーン
しかし人間の世界を見渡すと
そのようなことを問題視して立ち止まる人はほとんどいなくて
みんな何かに突き動かされて生きています
(o゜~゜)oホエ?
人間も動物である以上
種の保存という本能に直結すること
すなわち食欲、恋愛、性欲、子育て
そして仕事(生きていくための手段)
にかかずらっていれば
本能的な満足感が得られるし
特に迷いなく生きることができるからです
(o゜~゜(・◇・)o
それ以外にも人間は
人生にさまざまな価値を持ち込みます
(ノ゜~゜)ノ
幸せになるため
豊かになるため
物欲や金銭欲のため
やりたことをするため
夢を叶えるため
平和のため
社会のため
神様のため
人類愛のため――
そういった「価値」を得たり叶えたりすることが
人間の生存の根拠や目的になりました
(゜~゜)
そしてふみっこも
虚無主義者でありながら
「向上すること」
を目的にしています
(´~`)アハハ
人間とは本質的に
根拠と目的を持たない虚無的な存在です
(゜~゜)
それでもその状態では
生きる理由が何もなくなってしまいます
(´ロ`)
なので何も考えずに動物的本能に従って
本能的に生きるか
生きる目的や価値を捏造して
その思い込みの中で生きるか
どちらかしかないのです
(o´~`)ノハーイ
by fumiblog | 2010-10-30 01:46 | 空想哲学 | Comments(7)
Commented by たか at 2010-11-16 01:10 x
最後の文、まさにそのとうりだと僕も思います
Commented by fumiblog at 2010-11-16 17:56
ニヒル(虚無的)な世界観です(´~`)
Commented by kura at 2011-07-06 17:25 x
真実を求めて虚無に出会う。そこからの出口はやはり真実にのっとてる必要がある。私は人間はつまるところ現実そのものを知り得ないわけですから,人間が作り出してる幻想を含めた夢の世界を生きる以外に道はないのです。幻想が有ればこそ明日を生きてゆけるわけです。
Commented by fumiblog at 2011-07-06 21:53
そうですね、この世界が何の意味も目的もない「虚無」であることを実感しても、人間は何らかの目的や理由を見つけて生きていかなければならなくて、実際みんなそうして生きているけれど、それは仰るように幻想・思い込み・夢でしかないわけです(´~`)

それでも虚無主義に利点があるとすれば、たとえば世間の常識やモラルといったものも、結局は無意味な幻想や思い込みでしかないのだから、自分の価値観を軸にして自由に生きれるところじゃないでしょうか(o゜~゜)o
Commented by kura at 2011-07-07 08:24 x
その事を理解して初めて自由になれるのだと思いますし,生きる事が出来るのだと思います。それが生命の戦略であり、生命はひとつの可能性のみとして存在するのだと思います。人間という夢を美しい幻想を生きなくてはと思うのです。
Commented by にっひー at 2016-06-22 00:53 x
思い込めて価値を捏造できたらどれだけ良いか。僕には無理だね。だけど気分次第、適当に楽しそうに振る舞ってればなんとなく人生面白いのが知性の悩み所って感じがする。
減ってはきたけど大量の自殺者も虚無を内と外に見出したんじゃないかなって思うと梵我一如にも似た何かを感じたり?悟りってやっぱり虚無を悟ることなのかしら?宗教も知りたいけど今はお医者さん目指して頑張らなきゃ…
ああ…ダメだ…世界が打ち止だよ…劇的な何かが人生にあれば良いのにね!
Commented by ひろ at 2017-07-14 13:11 x
読みやすくて大変面白い(・∀・)
<< 自由世界で人間がしていること 情熱で動く世界 >>