性格心理学 - 自分の性格を知ること
d0164816_0325378.jpg
ドイツ ベルリン ティーアガルテン (2010/4/27)

心理学には多くの研究領域があるが、社会心理学や発達心理学などが
人間の心理に見られる一般的な法則を研究するのに対し、
性格心理学はひとりひとりの差異(個人差)を研究する点に特色があるといえる
(清水弘司「図解雑学 性格心理学」)

( ´~`)ノハーイ
ふみっこは自分の性格や価値観が
この社会において多数派ではなく
少数派であるという意識を
10代の頃から持っていました
(o゜~゜)oホエ?
具体的に言えば
「内向的」「虚無的」「暗い」
などですが
近年はそれに
「合理的」「自律的」「自由主義」が加わったと思います
(´~`)
ところで日本には1億人もの人が住んでいるし
同年齢の人だけでも数十万~数百万人もいるので
その膨大な数の国民に対して
限られた教員数で義務教育をしなければならないことを考えると
いちいち一人一人の個性など考えてられないですよね
(o゜~゜)oホエ?
なので40人ぐらいのクラスの生徒に
個人差や能力差などは無視して
一律で同じことを教えていくわけです
(ノ゜~゜)ノ
つまり社会側からすると
国民はみんな同じような考えを持ち
画一的に動いてくれた方が
もっとも効率がよく都合がいいのです
(゜ロ゜)(゜ロ゜)(゜ロ゜)
それは企業が商品を売ったり
放送局がテレビ番組を作ったり
出版社が雑誌を作ったりする時も
同じであり
国民の嗜好や求めるものが同じであればあるほど
商品・番組・雑誌などを大量に売りやすくなります
(´~`)(´~`)(´~`)
なので社会の言うことに素直に従って生きていると
社会にとって都合のいい従順な人間になります
(´ロ`)
ヒット商品・流行・CM・広告が気になる人は
そういうタイプと言えます
(´~`)
しかし人間ひとりひとりの性格や価値観は
人それぞれ異なるという事実があります
(o゜~゜)oホエ?
社会は国民を画一的に扱おうとして
多様性を認めずにひとつの価値を押し付けがちだけど
現実的にはそこには多様性がある・・・
(゜~゜)
その多様性すなわち個人差を認めて
自分の性格に合った生き方や
職業適性を教えてくれる唯一の学問が
性格心理学です
(≧~≦)ノハーイ
そして性格心理学の一分野に
エゴグラム診断というのがあり
これは心理学の研究から生まれたもので
占いの類ではなくてひとつの学問なんですね
(o゜~゜)oホエ?
エゴグラム診断では
CP (厳しさ)
NP (優しさ)
A (合理性)
FC (自由)
AC (従順)
の5項目の自分の傾向がわかります
(o゜~゜)o
そして当然ながら
厳しいタイプの人と
優しいタイプの人では
職業適性が異なり
自由なタイプの人と
従順なタイプの人も同様です
(´~`)
ふみっこが個人的にもっとも大切だと思うのは
A (合理性)であり
トレーダーに必要なのはそれがすべてと言っても過言ではないので
その能力や傾向を高めることで
Aによる職業適性だけでふみっこは生きていると言えます
(´~`)ノ
そんなわけでエゴグラム診断では
現状の性格や傾向を知るだけではなく
今後5項目のどの項目を上げていけば
自分が理想とする人物像になれるのか
といったことを考える上での指針にもなります
(´~`)ノハーイ

ネットでできるエゴグラム診断など

エゴグラムによる性格診断

エゴグラム改 性格診断 心理テスト

交流分析を利用した適職診断

エゴグラムの見方 - 5項目のわかりやすい説明

Wikipedia エゴグラム- エゴグラムに関する説明

「図解雑学 性格心理学」 - 性格心理学に関する本
by fumiblog | 2010-12-01 00:51 | ふみっこ哲学 | Comments(9)
Commented by @メドレント at 2010-12-01 03:43 x
CP:C NP:B A:A FC:B AC:C 一番上のサイトでやった以上の結果になりましたΣ(・ω・`ノ)ノ
自分はAもとても大事だとおもいますがFCが自分のなかではとても
じゅうようにしています(´・ω・)(・ω・`)
ACがCというのは社会的にみればちょっと歪んでいるのかもしれないけど自分てきにはとても満足の結果でした(`・ω・´)

シンガポールには来年にもいってみようとおもいます('ω'*)
おすすめの場所があったら教えていただけたら幸いです((((;゚Д゚)
Commented by fumiblog at 2010-12-01 23:04
メドレントさんこんばんわ(≧~≦)ノ
シンガポールは先日行ったので日記に書いたのですけど
すごくおすすめできるかどうかはわかりません・・
(゜Д゜)ハァ?
東南アジアでは一般的に
タイの方が人気が高いです
タイの良さは「精神的豊かさ」や「ゆとり」だと思います
(´~`)ノ
人生観を変えたいとかカルチャーショックを受けたかったら
断然インドがおすすめです
(´~`)ノ
シンガポールは日本並の環境の良さとか
人種の多様性に特徴がありますが
人によっては「ただの都会」と感じられて物足りないかもしれません・・
((;゜ロ゜)オロオロ
シンガポールのおすすめスポットは
・チャイナタウン(中華街)
・リトルインディア(インド人街)
・アラブストリート(アラブ人街)
で、地下鉄で数駅の距離しかないのに
それぞれの雰囲気がまったく異なるのが楽しいです
(´~`)ノ
またバスで1時間のマレーシア側の街ジョホールバルに行って
シンガポールとの格差を感じるのも勉強になります
(´~`)ノ
詳しくは興味がある国の「地球の歩き方」を見てもらえれば
具体的に旅行のイメージが沸いてわくわくすると思います
(≧~≦)ノ
Commented by 考えた人 at 2010-12-01 23:47 x
こんばんはです。

また、人生の壁にぶつかり、ふみっこ先生の意見を聞かせて欲しく参上しました。
僕は、以前ふみっこ先生から教えてもらったように、「人は弱肉強食の世界にいるけど、助け合う心もありますよ」
僕も言われてから、そうかもしれないと思いました。
ボランティア活動や、募金をしている人たちなんかは正にそういう温かい心
を持っているように思います。
しかし、それでもやはり、この世は金や損得に厳しいとも思うのです。
僕が街を歩いていると、まるで、損得しか興味が無いかのように見えてしまいます。
資本主義の日本では当然ともいえますし、それが普通なのかもしれません。
しかし、なんだか、「これで幸せなのか?」と疑問に思ってしまいます。
忙しく働きまわっているスーツ姿の人達とか、これで幸せなのかな。と。
ふみっこ先生の考える「幸せ」とは、ずばりなんですか?
Commented by べあお at 2010-12-02 13:02 x
CP:b NP:b A:a FC:a AC:b
結果のとこで妙に褒められたし、理想化して良くしすぎたかも
こういうの面白いですよね
私も好きでたまにやります

ふみっこさんのもできたら知りたいな秘密かな
ふみっこファンなんで差し障りなければ
Commented by fumiblog at 2010-12-02 23:16
・考えた人さん
質問ありがとう(≧~≦)ノ
果たして人間は自分の損得しか考えてない利己主義者なのか
それとも利他的な部分(優しさ)があるのか
という疑問はふみっこも昔から興味を持っています(≧~≦)
日記のネタにさせてもらって明日投稿しますね(*゜ロ゜*)

・べあおさん
合理性と自由さを兼ね備えていてストレスが少なそうないい結果ですね(*゜ロ゜*)
ふみっこは空想モードと成功モードの2つあって
このページに載せています(*^~^*)ノ
http://www.alived.com/fumi/p-prof.html
「虚無的な内容の空想哲学」というサイト名は
このエゴグラムの診断結果から取りました(≧~≦)
Commented by あきら at 2010-12-03 22:18 x
ふみっこさん、こんにちは('-'*)
エゴグラムですかぁ
なんだか、うさん臭さを感じてしまいますっ(>_<)
僕は、日々精進と今日頑張る主義をモットーに生きているんで、性格心理学で自分の適性判断をしようなんて、他人任せな決め方はしたくないですっ
ふみっこさんも精神的な向上を根底に生きているように窺えます。
そこで、前々から気になっていたことを一つお伺いしたいですっ
ふみっこさんは、何のために精進しているのでしょうか?
単に知的欲求からでしょうか?でなければ、読書から得た知識を何かに活用するのでしょうか?
僕には、ふみっこさんのニヒリズムの考えと精神的向上心が二律背反しているように思えます。
ふみっこさんの虚無主義には、精神的向上の無意味さは含まれないのでしょうか?
すみません。少しでしゃばった質問ですっ
もし気を悪くされたなら、たかが高校生の答えるまでもない疑問だと無視して下さいっ
でも、できれば教えてほしいですっ
Commented by fumiblog at 2010-12-04 00:37
あきらさんこんばんわ(≧~≦)ノ質問ありがとう
なるほど、自分の軸を大切にして他者の言うことに惑わされないというのは大切ですよね(o゜ロ゜)oふみっこも占いなどは嫌いですし
その気持ちはぜひ大切にしてください(´~`)

ところで、ふみっこの「虚無主義」と「向上心」が二律背反しているというのは鋭い指摘です(≧~≦)
ふみっこ自身もそのことを理解して意識していて、いろいろな説明ができるのだけど、
ニーチェ的には、ニヒリズムを打開できるのは「力への意志」しかないこと。
マズローの欲求段階説的には、階段を上がって自己実現を目指すのが理想的な人生であること。
ドラクエ的wには、何も課題がない人生はつまらないので課題があった方がいいこと。
ふみっこ的には、虚無主義者であるがゆえに人生に意味を求めていること。
参考 http://fumi1.exblog.jp/11439402/
などいろいろありますが、
それでも二律背反しているというのは事実で、
完全にどちらかに偏っているわけではありません
(´~`)ノハーイ
あと読書や旅行が好きなのは
今まで知らなかったことを知るのが楽しいんですよね
(*゜ロ゜)o
Commented by あきら at 2010-12-04 03:05 x
なるほど、人間の実存自体が力への意志ということですかぁ。
力関係にのみ価値を置くことができるこの世界では、力を欲する人間、つまり向上的な人間には、価値があるということですよね?
向上の内容ではなく、向上そのものに意味がある。
なんだか解し難いですけれど、筋は通っているでしょうかぁ
う~ん。
便宜的な弁解っぽい感じがしますっ
僕は、ニヒリズムを極めた行く先には、
現実諦視が故の刹那主義的な生き方に至るのでは?と思いますっ
そして、本能の為すがままに、楽観的に今を充実させる刹那主義が、最善のようにも思えますっ
おそらく刹那主義は堕落の一途を辿るでしょうが、主観に依存したこの世界では、利己的に自分さえ好ければ「幸せ」という事実があるので、元よりありもしない「生きる意味」を考えることに時間を空費させない刹那主義が末路だと思いますっ

なんだか持論に奔ってしまいましたっ。
気にしないでくださいっ
Commented by fumiblog at 2010-12-05 23:50
・あきらさん
ニーチェがなぜ「力への意志=強くなること」にもっとも価値を置いたのかはよくわかりません(´~`)
虚無主義と刹那主義が近いというのはよくわかりますし、ふみっこも今が楽しくなければダメだと思います(´~`)
虚無主義は言葉だけ見ればひとつの「主義」だけど、それが意味するところは「価値を感じにくい」「色んなことがどうでもいいと思えてしまう」というもので、
そのどうでもいい世界の中で大事だと感じられるものがあれば、それが刹那主義であれ、力への意志であれ、それを大切にして生きていくしかないのが虚無主義者の世界なんですよね(o゜~゜)o
<< この世界に優しさが溢れている理由 [旅行] 多様性社会シンガポール >>