生命の40億年の物語
d0164816_21333974.jpg
ノルウェー オスロ ヴィーゲラン公園 (2011/5/4)

あたしたちには生きのびる義務があるのよ
人間からウイルスに至るまで、植物も含めて
全ての生命あるものの行動の目的は一点に集約されるのよ
生命を永久に存続させようという盲目的な衝動・・・
ただそれだけ
この世にありたいということ
ありつづけたいということ
ただそれだけ
そしていまやあたしたちは
有史以前から地球上に発生した
あらゆる生命体の代表なのよ
(藤子・F・不二雄 SF短編「カンビュセスの籤」)

( ´~`)ノハーイ
この世界を考える上で
極めて不思議であり
それでいて誰も気にしてないことのひとつに
生命の継続性があります
(o゜~゜)oホエ?
地球が誕生したのは46億年前で
海で最初の生命が誕生したのが
38~40億年前頃と言われています
(゜~゜)
しかし生命が海から出て陸に上がることができたのは
わずか4億年前です
(o゜~゜)oホエ?
つまり30億年以上という途方もなく長い時を
生命は海の中で過ごしました
((´~`))ゆらゆら
いずれにしろ生命は約40億年前から
延々とその命の灯火を継続させて
子孫繁栄をし続けて
その命の継承がただの一度も途切れることがなかったからこそ
ふみっこやあなたが生まれたのです
(o゜Д゜(゜~゜o)ばぶー
つまり私たちの遺伝子は
誰一人の例外もなく
40億年の継続性を有しています
(゜ロ゜)
なのでふみっこやあなたのおじいちゃんおばあちゃんを
延々と遡っていくと
アフリカで誕生した最初の人類に辿り着き
さらに遡ると
最初のサルに辿り着き
さらに遡ると
最初の哺乳類(ネズミのようなもの)に辿り着き
さらに遡ると
海の中の生物に辿り着き
さらに遡ると
最初の生命(細菌)に辿り着くのです
(゜ロ゜)ギョエ!!
なので人類皆兄弟というのは
観念的なものではなく
ひとつの事実なのです
(´~`)アハハ
しかしそんな40億年の生命の物語において
人類が誕生することの必然性は何もなく
そもそも地球上の生命は
どこかの時点で絶滅していてもおかしくありませんでした
(o゜~゜)oホエ?
たとえば2億5千万年前に
ペルム紀末の大絶滅というのがあり
激しい火山活動と気候変動による
大規模な環境変化によって
生物種の95%が絶滅したそうです
(´~`)アハハ
それでもしぶとく生き残った5%が
進化・繁栄していったのであり
そこにはもちろん私たちの祖先が含まれています
(゜~゜)
その後に恐竜が栄える時代が訪れるのだけど
今から6500万年前の隕石の衝突によって
太陽光が遮られて気温が急低下するなど
大規模な環境変化が起きて
恐竜が絶滅してしまったのは有名な話です
(つ~`)ぐすん
そして恐竜に変わって栄えたのが哺乳類でした
(゜ロ゜)
6500万年前に
その隕石の軌道が逸れるなどして
地球に衝突しなかったら
恐竜はその後も地球の支配者として栄えたはずで
すると人類は誕生することもなく (もしくは登場はずっと後で)
私たちも生まれなかったのです
(゜~゜)
40億年という途方もない生命の継続性と
「自分が生まれるまで」のさまざまな偶然や試練の連続を思うと
生命の物語はあまりにも壮大すぎて頭がおかしくなります
(´ロ`)クラクラ
つまり人類が誕生したのも私たちが生まれたのも
何の必然性もない
ただの偶然の結果でしかなく
信じられないような低確率による
ある種の奇跡的な偶然の連続によって
かろうじて成り立ったものなのです
(゜~゜)
しかしそうした奇跡が現に成り立っているということは
とにかく生命には
生き延びて次世代に命を繋ごうとする
強い本能や生命力があるということなのです
(゜ロ゜)
もっとも生命の目的はそれしかないのであり
私たちもその本能の支配下にあるわけですが
(´ロ`)
なので太平洋戦争で日本が焦土になって敗戦したり
3・11で原発が爆発したりしても
厭世観のようなものが流行るわけでもなく
世間では何事もなかったように
前を向いて生きようとします
(゜~゜)
貧しい後進国に行くと
こんな劣悪な環境と低賃金で生きることに絶望しないのかしら?と思うのだけど
それでも生命には生きる本能があるので
貧困や戦争などで生存が脅かされても
とにかく懸命に生きようとします
(戦時中や終戦後の日本もそうだったわけで)
(゜~゜)
もし人類の99%が絶滅しても
残りの1%は「がんばろう人類!」といって
やはり前向きに生きていくと思います
(´~`)アハハ
つまり人間の楽観性の根拠とは
「どのような状況下にあってもとにかく生きようとする本能」
があるからなのでしょう
(゜~゜)
なのでことさら
「辛いことがあっても生きていてください」
などと言う必要もないのです
(o゜~゜)oホエ?
何と言われようと
どのような苦境に置かれようと
とにかく生命は生きていくものであり
だから40億年も生き続けたのですから
(´~`)アハハ
そこに理由はなくても
とにかく生き延びて次世代に命を繋ごうとする
そういう盲目的なプログラムによって成り立っているのが
生命の40億年の物語です
( ´~`)ノハーイ


参考URL
生命の誕生と40億年の進化
by fumiblog | 2011-07-26 22:24 | 空想哲学 | Comments(13)
Commented by きらきら at 2011-07-27 10:00 x
ふみっこさん。おはようございます♪暑い日が続きますが、お元気でいらっしゃいますか?私は外仕事が多いので腕が真っ黒です。

ふみっこさんの博識には頭が下がりますね。理系文系問わず素晴らしいです。私もみならわなければ!

人間関係や仕事で嫌な思いをして消えたいとか死にたいとか思ってしまう人間ですが…。人間の歴史て大昔は狩りに明け暮れその日の食事にも苦労していたんだなぁって考えると今はまだまだ幸せに満ち溢れてますね。いつの時代も大変だけど生きていかなければいけませんね♪

今度はふみっこさんの考える『原子力と放射能』についての見解を楽しみにしております。
Commented by coca cola at 2011-07-27 20:54 x
『生きよう』ってきっと潜在意識の中に組み込まれてますよね( ̄^ ̄)

人の身体で反射という現象がありますが熱いものを触った時などに頭で考える前に体が反応するというもまのがありますよね。そんな感じで渋の意志で動く部分(顕在意識)と反射的に動いてしまう部分( 潜在意識)の部分があることを理解して自分の意志の部分で成長することを忘れないことが自分の可能性を広げてくれそうです。

人間って何でもできそうな顔して生きてますが小さいですよね。

もっと大きな力に動かされて偶然存在しているんですもんね。

この前の記事で『偶然に支配される世界』に関係してきそうです。

できる範囲で一緒に頑張り続けましょうふみっこさん(>_<)

ふみっこさんはマーフィー博士の潜在意識のお話はご存知ですか?ご存知でしたらまたそれ関連の記事書いてもらえたら嬉しいです(^-^)
Commented by coca cola at 2011-07-27 20:58 x
↑反応するというもまので→反応するというもので

渋の意志で→自分の意志で

です。すいません。(-_-)
Commented by fumiblog at 2011-07-27 22:56
・きらきらさん
今日食べるものに困っていた狩猟時代などと比べると、遥かに恵まれていますよね(´~`)
たとえば人間関係の悩みというのは衣食住やお金の悩みに比べればずっとマシなはずだけど、それでも人間の欲求には限りがないので、どんなに恵まれていても常に悩みや不安を抱え続けるものなのでしょうね(´~`)
原子力に関しては3月頃に日記で書いたのでそちらをご覧ください(o゜ロ゜)o
http://fumi1.exblog.jp/13292239/ (人間が手にした魔力)

・coca colaさん
マーフィー博士の潜在意識ですか(o゜ロ゜)o聞いたことはあったものの知らなかったので検索してみました
自分ができると思うことはできる、自分ができないと思うことはできない、といったポジティブシンキングは、ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」などの主張とも同じで、成功哲学で基本となる黄金律ですね(o゜~゜)o
そして自意識の顕在意識で考えていることとは無関係に、無意識の潜在意識で生きようとする本能が生物に組み込まれているというのは、まったく同感です(´~`)
Commented by ぽんたくん at 2011-07-28 00:08 x
生命って不思議すぎますよね。
 
私は最近、植物図鑑とか絶滅動物図鑑を買って眺めて、生命って不思議だなー!と一人で驚いて楽しんでます(笑) 
Commented by fumiblog at 2011-07-28 17:32
絶滅動物図鑑おもしろそうですね(≧~≦)
生物が多様性に満ちているのも生命力の証ですよね(´~`)
Commented by coca cola at 2011-07-31 00:13 x
またまた失礼します。
黄金律といえば僕はふみっこさんのブログから得た黄金律、結構あるんですよね(^-^)

1 勤勉であること
2 合理的であること(1にも関連して)
3 意志の力は偉大であること

まだまだあるかな…。

ちなみにふみっこさんはいつも意識していることはありますか?

心の中でいつも唱えていることっていうか…

僕は結構いつも意識していることがあるんですよね。

それが自分の行動を決めているんですがー(。-∀-)
Commented by fumiblog at 2011-07-31 02:06
こんなブログでも参考にしてもらえて嬉しいです(*^~^*)ノ
意識してることですか~それは空想サイトの「人はなりたい自分になる理論」(検索すると出ます)でも書いたのだけど、ふみっこの考えでは「人はなりたい自分になる」ものなので、自分の可能性を狭めるような自己認識は持つべきではない、ということですね(゜ロ゜)
消極的な人は消極的な思考をするし、行動的な人は行動的な思考をする、といったことを、人と話している時によく感じます(´~`)

coca colaさんの意識してることって何ですか?(≧~≦)ノ
Commented by coca cola at 2011-07-31 02:14 x
たったの5分前に書き込まれています。(゜ロ゜)リアルタイムですね!

はい、僕が常に意識していることは、小さい目標を積み重ねることです。歩幅の小ささを怖れないことです。

イチローは小さい時に毎日少しずつキャッチボールから積み重ねてきました。無理なく。

だからってわけじゃないですが僕も実感してるんです。積み重ねの偉大さは。そんなことを意識してます。常に意識してるのは忘れてしまうことを恐れているからですね(゜ロ゜)
Commented by ぷち at 2011-07-31 06:12 x
こんにちは。

みな、盲目的にも生きながらも、よりよい生を求めて様々な戦略をたてながら生きていると思うんです。原発やら何やらに関する政府の対応への不信から、日本と日本人のアイデンティティとはなんだろうと考えています。日本や日本人はどうして今こういった生き方をしてるのか不思議です。(。×。)?

ちょっと記事とは趣旨が違うかもですが、ふみっこさんはどう思われますか?

Commented by fumiblog at 2011-07-31 11:51
・coca colaさん
地道に努力を積み重ねていくのも成功や上達のための黄金率ですね(≧~≦)
その点でのふみっこのアプローチは本を読むことですけど、そういう数年間積み重ねてきたものが自分の基礎体力になっていると感じます(´~`)
Commented by fumiblog at 2011-07-31 11:51
・ぷちさん
日本人は上の命令に従って動く従順さという国民性があると思います(o゜~゜)o
太平洋戦争で、どう考えても死ぬとわかっていても、逃げずに突撃していったり、空襲の恐怖に脅え、物資が乏しく食べるものがなくても、反戦運動が起きたりせずに、むしろ上の指示通りに愛国心を強めて、天皇陛下万歳と言って玉砕していったわけですよね(o゜~゜)o
逆に海外はもっと個人主義なので、戦場でヤバくなったら簡単に逃げるそうです(´~`)なので太平洋戦争での日本兵の死を恐れない勇敢さや自爆攻撃は、敵兵に恐れられたそうです(゜~゜)
そういう国民性があるので、日本では政治が悪いと毎日のように言われていても、デモが起きたりはしないんですよね(´~`)さまざまな不満のはけ口が政治批判になっているだけで、国民にはそこまでの切迫感も主体性もなく
そういう構造って何も変わらないので、個人主義になって、日本という大きな範囲ではなく、自分という狭い範囲の世界を良くしていくしかない、と思います(´~`)ノ
Commented by ぷち at 2011-08-04 11:54 x
こんにちは。ふみっこさん。

ご回答ありがとうございます(^_^)

日本のように右向け右の社会であっても、自分の力で世を渡ろうという気概を持ち、行動されてる方はたしかに強いです。そして魅力的な人が多いように感じます。

人って、国だったり、故郷だったり、家族だったり、何重もの価値観の内にいるんですね。
<< 人が生きていく理由 [旅行] ふみっこinブルネイ... >>