貧富の差が発生する理由
d0164816_0282829.jpg
六本木ヒルズ 東京シティビュー スカイデッキ (2011/7/23)

第二次大戦前には「日本は資源のない小国だ」という意識がもとになって、
「・・・だから日本は海外へ領土を求めて拡大しなければならない」
というまったく異なった結論が導き出された

そうした方向が解決にならないことを歴史から教えられた現在、
日本人の結論は次のように変わった
「・・・だから日本は他国より多く働かなければならない」

(大前研一「洞察力の原点」)

( ´~`)ノハーイ
今回は「貧富の差が発生する理由」について考えてみます
(o゜~゜)oホエ?
日本人の個々人の経済状況は人それぞれですが
総合的に日本という国を見ると
日本は世界的に極めて豊かな金持ち国家です
(o゜~゜)oホエ?
それはなぜなのでしょう?
(゜~゜)
世界で豊かな国の例に
石油などの天然資源が豊かな資源国があります
(o゜~゜)oホエ?
たとえばサウジアラビアやUAEなどの中東諸国がそうで
オイルマネーと言われています
(゜~゜)
しかし中東諸国には
世界的な優れた産業があるわけではありません
(o゜~゜)oホエ?
たまたま国土に埋もれていた原油を採掘して
それを輸出しているだけで
自動的に儲かるのです
(*゜ロ゜)o
なんというボロい商売なのでしょう
(*゜ロ゜)oぐふふ
今年の7月に東南アジアのブルネイという小国に行ったのだけど
この国もやはり石油に恵まれた資源国で
国民に課せられた税金がなかったり
教育費や医療費が無料だったりします
(*゜ロ゜)ギョエ!!
そんな国民を潤しているブルネイの石油の
9割以上を輸入している国が
日本です
(゜ロ゜)ギョエ!!
日本は国土に天然資源がほとんどないので
中東や東南アジアなどから石油を輸入しなければ
産業や生活が成り立ちません
(゜~゜)
つまり生きていくだけでコストがかかるという
ハンデを背負っています
((;゜ロ゜)オロオロ
それは単純にいえば
資源国というのは
たまたまお金持ちの家に生まれた子
日本のような資源がない国は
たまたま貧しい家庭に生まれた子
ということになります
(゜~゜)
日本は資源のない小国なのに
なぜ世界を代表する経済大国になったのでしょう?
(o゜~゜)oホエ?
それはズバリ
「勤勉だから」です
(゜Д゜)ハァ?
しかし日本に住んでいると
それは当たり前のことなので
日本人の勤勉さというものがよくわからなかったりします
(o゜~゜)o
たとえば世界的に貧しい国のひとつに
インドがあります
(o゜~゜)oホエ?
インドはなぜ貧しい国なのか
それはインドに行くとよくわかります
(o゜~゜)oホエ?
正直言ってインド人は
いい加減で適当で
やる気がなく怠惰で
時間や約束を守らないし
労働時間も短く
教育水準も低いです
(´~`)
そういう平均的インド人が
日本ような経済大国に来て
就職したとしても
日本の仕事の猛烈なハードさについていけないでしょう
(言葉や文化の差異はまた別の話として)
(゜~゜)
もちろんインドにも
優秀なエリートはいますが
それはどの国も同じなのでここでは考慮しません
(゜~゜)
つまり分単位で時間に正確であるとか
遅刻や無断欠勤をしないとか
上司の指示に素直に従うとか
会社に対する忠誠心や献身さとか
お客に対する態度の良さとか
勤務中に怠けたりしないとか
毎日の長時間労働や
残業を厭わないといったことを
ひっくるめて
日本人は「勤勉」なのです
(゜ロ゜)
逆にいえば
貧しい途上国の多くは
そういった基本的なことが
ほとんどできていません
(´~`)アハハ
日本人基準からすると
すべてがいい加減で適当で怠惰=低レベルなのです
(´~`)ポケー
しかし途上国の人たちは
貧しさと引き換えに
「気楽さ」を得ています
(o゜~゜)oホエ?
適当でも怒られないし
周りもみんなそうなので
ちゃんとする必要がないのです
(´~`)ポケー
しかし日本の場合は勤勉がスタンダードなので
社会人は常にピシッとしていないと
怒られたりクビになったりします
(゜ロ゜)ピシッ
なので社会人の世界は常に難易度がハードモードで
「エコノミックアニマル」と称されるように
朝から晩まで勤勉に働くことで
日本人は稀に見る豊かさを手に入れました
(゜ロ゜)ピシッ
ちなみにヨーロッパで経済的に一番豊かな国は
ドイツなのだけど
やはりドイツ人も日本人に似て真面目で勤勉なんですよね
(o゜~゜)oホエ?
ヨーロッパは南に行くほど適当になっていって
スペインやイタリアは
やはりいい加減なところがあり
平日でもシエスタという長い昼休み(昼寝)の時間があるし
リラックスモードが漂っています
(´~`o)ごろごろ
その代わり南欧は経済的にそれほど豊かではありません
(´ロ`)
つまり国民の勤勉さとその国の経済的豊かさは
おおむね比例関係にあるのです
(o゜~゜)o
そしてそれは
個人にも当てはまると思います
(゜~゜)
高収入の代表格である医師や弁護士は
その職業資格を得るまでに猛烈な勉強を必要とします
(@Д@;アセアセ
なのでその猛勉強に耐えられる
勤勉な人しかなれません
(´ロ`)
一般的な職業でも
勤勉な人ほど豊かになる可能性が高いでしょう
(゜~゜)
単純に言えば
経済的な豊かさというのは
その人が勤勉であるか否かによって
形作られていくのです
(o´~`)ノふわーい

私たちは日本の異質さに目をみはった
世界中の他のほとんどすべての地域と違っていた
道が美しい
公園、建物も綺麗だ
すべてに手入れが行き届いている

中国とは何という違いだろう
中国ではほとんどの要求が「没有(メイヨー・ありません)」という一言で片付けられた
日本人はどんな要求にも対処してくれ、できるかできないかにかかわらず、元気よく「イエス」と言う
世界の他の地域の役人や官僚たちが同じような態度をとったなら、みな日本人のような金持ちになれるだろうに

(ジム・ロジャーズ「冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行」)

by fumiblog | 2011-11-12 01:01 | 成功哲学 | Comments(6)
Commented by たま at 2011-11-12 01:55 x
ふみっこさん、はじめまして。
最近こちらのブログを知り、興味深く拝見させていただいております。

今回の記事も、最近自分が感じていたことを明確な文章で
語られていて「そうそう!」と頷きぱなしでした。

今後も、楽しみに読ませていただきます^^
Commented by fumiblog at 2011-11-12 11:44
たまさんはじめまして(≧~≦)ノコメントありがとう
そうですか、共感してもらえて嬉しいです(*゜~゜)
日本の社会人の多くの人は真面目に会社や社会に奉仕していてほんと偉いと思います(´~`)そしてそれが日本の経済力の源泉でもあるんですね
また見にきてください(*^~^*)ノ
Commented by coca cola at 2011-11-12 16:10 x

ふみっこさんこんにちは。

日本のそういう強み、誇りに思います。実は昔の日本的な暮らしって本当の贅沢なのかもしれません。生活の知恵が詰まってますからね。

伝統的な文化は廃れることなく新しい文化とマッチしたりして若い世代も興味を持ち続けられるようにしたいですね。

でも日本人は逆に言えば力を抜くのが少し下手かもしれませんね。
Commented by fumiblog at 2011-11-13 00:46
coca colaさんこんばんわ(*^~^*)ノ
日本の勤勉さや清潔さ、庶民の教育水準の高さなどは、数百年前から続くひとつの文化みたいですね(o゜~゜)o
天然資源がなくても、そのような優れた文化的背景を生まれながらに持っているというのは、とても恵まれていることだと思います(´~`)
Commented by つきこ at 2011-11-16 12:54 x
ふみっこさん、お久しぶりです。自分は、ずっと仕事に対しては真面目に取り組んでいると思い続けていました。ですが、最近それも、自分がそう思っているだけで違うのかもしれないと考えたりしています。かと言って、そんな深刻に悩んでいるとかわけでもないのですが、真面目じゃなくて、ただ要領の悪い人っていうのが適格かもしれません。でも、それもアホらしく思えてきたので、手を抜ける事は抜こうと意識してやっています。 仕事だけじゃなく、気にしやすい性格なので、あえて意識して〈なんとかなるさ〉とややふてぶてしい感じに行動していたら、前よりは気にしすぎるのが減ったかもしれません。 たいした事じゃないですが、意識するって大事なことだと思いました。
Commented by fumiblog at 2011-11-16 22:30
つきこさんお久しぶりです(*^~^*)ノ見に来てもらえて嬉しいです
気を遣っていると疲れるので、ふてぶてしいぐらいでちょうどいいとふみっこも思います(≧~≦)
仕事は集中する部分と手を抜く部分でメリハリをつけるのも大切だと思います(o゜~゜)o
そして意識して取り組むと、以前との変化がよくわかったりしていろいろ発見があったりしますよね(o゜ロ゜)ノ
<< 失敗物語から学ぶ 就職活動の思い出 >>