人生が遺伝で決まるとしたら(遺伝決定論)
d0164816_18354659.jpg
ミャンマー ヤンゴン川 (2013/1/2)

やっぱり一流になる子って、何か違うんですよ
その分野の人間が見たら、パァーッと何か持ってるってわかるんですよ
我々はどの練習生をも一流にしたいんですけど、やっぱり「この子はだいたいここまでだな」という、ある程度の線が僕の頭の中では引けてしまいますね
そう、だいたい十日前後でわかります
一ヶ月、二ヶ月経つと、もう完璧にわかりますね

素質があるのは本当にひとつまみです
それなのに我慢比べのように頑張るでしょう
こっちは見てわかっているからつらいですよね
(ボクシングジムのトレーナー談)

* * * * *
――誰でもこつこつ努力していけばいい、というものではありませんか?

長嶋茂雄「メジャーにならないです。そういうのは並の話ですからね。我々はみんな、人より優れた、何倍も優れた人たちの集団でしょう。プロというのはそういう特殊な集団ですから」

――並の話はしていられませんね

長嶋茂雄「そうなんです。その中でまた頂点を極めていくんですから、最終的には感性だと、僕は思いますね」

(内館牧子「夢を叶える夢を見た」)

( ´~`)ノハーイ
この前の年末年始旅行中に
「遺伝マインド」 「遺伝子の不都合な真実」
という本を読みました
(o゜~゜)oホエ?
人間の能力は「(両親からの)遺伝」と「(生まれ育った)環境」で決まるとされているけど
この本は特に「遺伝」に着目した内容で
いろいろ思うことがありました
(゜~゜)
両親からの遺伝の影響の強さといった問題は
おおっぴらに語ると
生まれつきの不平等を意識せざるを得ないし
優生学に繋がったりするので
一般的にはあまり語られないのだけれど
科学的にはひとつの事実なのです
Σ(゜~゜)ガビーン
特に衝撃的だったのは
「音楽能力」「スポーツ能力」「数学能力」は
遺伝の影響が強く
能力の80~90%は遺伝によって決まるのだそうです
(゜ロ゜)ギョエ!!
なぜそんなことがわかるのかというと
長年に渡る双子の研究から
「遺伝か環境か」の答えが見えてきたのです
(o゜~゜)oホエ?
双子でも一卵性と二卵性があるのだけど
一卵性双生児は
生まれ持った遺伝子配列がまったく同一です
(なので容姿も同じ)
(゜~゜)
それで生まれた直後に
双子の片方が里子に出されるなどして
生き別れてまったく別々の環境で育ったケースというのが
世界中にけっこうあるのです
(o゜~゜)o
そういったケースを追跡調査すると
まったく異なる環境で育ち
両親や双子の片割れに一度も会うことのないまま
20~30年経って大人になった後も
その双子は就いた職業や
知能レベルや性格特性
日々の行動パターンやクセなどが
非常に似通っているケースがたくさんあるのだそうです
(゜ロ゜)ギョエ!!
生き別れて育った双子はそれぞれ異なる環境の影響を受けているわけで
生育環境が能力や性格に影響を及ぼしそうだけど
遺伝か環境かだと前者の影響の方がずっと強かったのです
(゜~゜)
ただ遺伝の影響の度合いというのは
一概に言えるものではなく
当然ながら環境の影響も受けるし
能力や性格の項目ごとによって大きな差異があって
言語能力や社会的態度などは
育った環境の影響の方がずっと強かったりするのだけれど
上に書いた音楽、スポーツ、数学能力などは
遺伝の影響がかなり強いことがわかったのです
(゜~゜)
つまり音楽やスポーツは才能に拠るところがかなり大きいので
才能(遺伝的素養)のない人が努力しても
才能のある人に対して大きなハンディを背負っていて
分の悪い勝負をし続けなければならないことになるのです
(゜~゜)
それが仮に真実だとしたら
プロのアーティストやプロスポーツ選手と
それに憧れるファンの構図ってかなり皮肉なんですよね
(o゜~゜)oホエ?
人気アーティストやプロスポーツ選手が
「私は努力してここまで頑張ってきました。みんなもやればできます!」
みたいなことを言ってファンが真に受けたとしても
結局は生まれつきの才能の有無によって
勝負が決まっているだけかもしれないのです
(´~`)アハハ
ところでふみっこの母親はごく普通の凡人なのだけど
学生の頃は比較的頭が良くて
小学校の時クラスで一番計算問題を解くのが早かったという話を昔聞きました
(o゜~゜)oホエ?
それにも遺伝的な理由があって
母親の両親が二人とも教師だったからです
(´~`)
そしてふみっこもまた
小1の時に限れば
クラスで一番計算が早かったのです
(関連日記:ふみっこの寂しい思い
(゜ロ゜)
なのでひょっとしたら
母親から遺伝した
生まれ持った計算能力の高さ(またはそこから生じる合理性)が
株トレードをする上で有利に働いている可能性があります
(´~`)アハハ
しかし母親はスポーツとか音楽とかはまったくダメで
ふみっこもそれらは子どもの頃から不得意でした
(´ロ`)
そう考えると人間って生まれ落ちた時点で
「適性(自分に向いている職業)」というものがある程度決まっていて
「憧れ」とか「夢」とかよりも
「生まれ持った自分の資質・適性に適した仕事」
を見つけられるかどうかか重要なのかもしれません
(゜~゜)
なのでよく言われる
「自分のやりたい仕事をしましょう」
ってちょっと違うんですよね
(o゜~゜)oホエ?
自分がやりたいことや憧れであっても
まったく適性がないことも十分ありえるわけです
(´~`)
なので自分の能力、性格、得意なこと、苦手なことなどを
自分自身でよく理解して
あくまでも自分に向いていることに取り組むことが
成功への近道なんですね
(o´~`)ノハーイ
そして自分が何者なのかを客観的に知ることができる一例が
エゴグラムなのです
(´~`)ノハーイ

――たとえば小説家になりたい人がいて、血のにじむ努力をすればある程度のところまでいけますか

見城徹「いや、それはありえないでしょうね
だから、自分を知らないヤツはダメです
幻冬舎にもいっぱい来ますよ、持ち込み原稿
送られてくるのもいっぱいあります
で、自分はすごくいい小説を書いたつもりで連綿と訴えてくるわけですよ
自信があってどのこうのって
でもたいていは単なる思いこみで、こんなもの誰が読むかっていうものばっかりなんですよ
結局は、ほとんどの人が自分の能力をわかってない
わかってなきゃダメですよね

でもね、努力しないで成功はないですよ
だけど努力したから成功するかって、それもないですよ
ベーシックな才能は絶対に必要
才能のないヤツがいくら努力してもダメです」
(内館牧子「夢を叶える夢を見た」)

■参考文献、関連書籍
安藤寿康「遺伝マインド」
安藤寿康「遺伝子の不都合な真実」
デイヴィッド・シェンク「天才を考察する 生まれか育ちか論の嘘と本当」
リチャード・E.ニスベット「頭のでき 決めるのは遺伝か、環境か」
by fumiblog | 2013-02-12 19:00 | 空想哲学 | Comments(19)
Commented by TPP at 2013-02-13 19:55 x
はじめまして
かれこれ2年ほど前からふみっこさんのブログを拝見させていただいてます。共感するところが多く、ブログの記事が更新されるのが、ちょっとした楽しみになっています。
今日はほんの気晴らしにエゴグラムやってみました。
あなたは宇宙人のような人間だとか、恋愛に関しては人間失格とか、星の研究家か空想小説家に職業適性があるらしいです。想像以上にむちゃくちゃな診断結果でちょっと苦笑しました。
Commented by fumiblog at 2013-02-13 23:23
TPPさんはじめまして(o゜~゜)ノコメントありがとう
それはふみっこの昔のエゴグラム結果と同じですね(≧~≦)A(合理性)だけが高いタイプで、理屈っぽく考えるのが好きですよね
それだけ似ているとふみっこブログに共感されるのも納得です(≧~≦)
Commented by humihumi at 2013-02-17 07:47 x
すみません。記事とはあまり関係ない質問で恐縮なのですが
ふみっこさんは株トレード始める際、種銭はいくから始めましたか?
現在貯金をしているのですが、いくらから取引を初めた方が
効率的なのか、追加資金を入れずに済むのかわからないので
ふみっこさんをモデルケースとして参考にしたいです。
もしよかったら教えて欲しいですm(__)m
Commented by しろちゃん at 2013-02-17 09:20 x
確かにかえるのこはかえるだと思うわ
好きだけでお腹いっぱいになれたら幸せ(`∇´ゞ何事も適当じゃダメだね努力しなきゃね(T_T)
Commented by fumiblog at 2013-02-17 23:28
・humihumiさん
それは兼業としてやるのか専業としてやるのかでだいぶ違いますね(o゜~゜)o
兼業でスイング・中長期主体でやる場合、いくらでも良いと思います。
もちろん多ければ多いに越したことはありませんが、数十万ぐらいでもとりあえず始めてしまった方が勉強になるし、むしろ資金が少ない方が失敗した時の損失が少なくて済みます。

専業としてやる場合で、毎月の生活費を株の利益から捻出する場合は、最低300~500万ぐらい、できれば1000万以上欲しいですね。
でも億トレーダーが書いた本とか読むとみんな100万とか200万とかで始めてる人が大半なので、すごく上手い人であれば100~200万でいいのかもしれません。

ちなみにふみっこの場合は、最初は200万から始めたのだけど、その時は別の仕事もしていて他に収入源があって、完全に株のみになった時の資金は確か400~500万ぐらいだったかと思います(o゜~゜)oそれが7年前です
Commented by fumiblog at 2013-02-17 23:29
・しろちゃん
好きなことと得意なことが噛み合うのが一番いいんだけどね(≧~≦)
ふみっこ極論好きなので今回のは極論だけど、もちろん努力も重要だよね(゜ロ゜)
プロスポーツ選手とかは遺伝的素養が生まれ持つものだとしても、それに加えて第一線で活躍するためにみんな猛烈な努力をしているわけだからすごいよね(@Д@;
Commented by アユミ at 2013-03-23 22:34 x
面白いですね。
以前の私なら、長嶋監督や他の方の言葉は腹立たしいものでしかなかったやろーけど、今はすんなり心に落ちました。
この遺伝のお話も一見哲学的な観点からすると、真逆・正反対のようでいて、表裏一体と云うのか、背中合わせなだけで、実に感慨深くもまた大変興味も湧きました^^

こういう遺伝子のお話とかも、結局は自分から生まれ自分へ戻る…自分は自分でしかない、諦めでなく、一つの開き・悟りにもなる気がします。

ふみっこさんのブログを知って、なんだか嬉しい気持ちです^^
Commented by fumiblog at 2013-03-25 16:52
アユミさんはじめまして(o゜~゜)ノコメントありがとう
そうですね、誰にでも長所と短所、得意なことと苦手なことがあるように思います(o゜~゜)o
なので自分の得意なことや長所を自分でよく理解して、そこに集中していくのが一番効率がいいんですよね(´~`)逆に憧れや義務などで苦手なことに取り組み続けるのは不幸ですね
Commented by at 2013-04-21 02:52 x
生まれが全てですね
よくも悪くも
Commented by ysnb at 2013-06-22 00:57 x
僕は、数学は全くダメで、国語は大得意でした。数学がダメな理由はともかく、国語だ得意だった理由は明らかで、小さい頃から今まで読書好きだった為です。ふみっこさんの記事を読んで納得です。
所で、もし自分に子供ができたら…と考えると、その子は数学が苦手で体育は微妙な子供になる可能性が高いです。だから例えば、テニスの様に、経験と戦略がある程度重要なスポーツをさせたり、数学は諦めて、国語と英語と歴史をしっかりと学ばせる事でいい大学に行かせたり、といった方法を思いつきました。その前に、自分の得意を見つけるのが先でした~(^-^)/
Commented by fumiblog at 2013-06-24 17:28
・ysnbさん
勉強ができるできないと一言で言っても、言語能力、計算能力、記憶能力などはそれぞれ独立した違う能力みたいですね(o゜~゜)o
なので自分が(親になった時は子どもが)得意なものを自覚したり見極めたりして、得意な分野を伸ばしたり仕事に繋げていく視点は重要ですよね(´~`)
Commented by 名無し at 2014-02-07 13:40 x
通りすがりの者です。
米国では遺伝子解析が進んでおり、子供のスポーツの適性に利用されたとの事
耐久力がないため、サッカーから馬術に進路変更したそうです
努力も効率化すべきです
精神論は害悪だし、経過を重視するだけの甘えに過ぎないでしょう

長文失礼しました
Commented by あーあ at 2015-03-30 14:23 x
見た目さえまともならね~
Commented by at 2015-04-30 15:17 x
人生すべてあきらめが肝心
Commented by やれやれ at 2015-06-08 12:24 x
所詮は当たりを引くかはずれを引いてしまうかだけだ
Commented by あきらめ at 2015-06-18 15:45 x
先祖の因果が子孫に祟るか
Commented by おしまい at 2015-06-20 14:59 x
みんな早く死ねたらいいね
Commented by もはやすべてどうでもいい at 2015-06-20 15:02 x
みんな早く死ねたらいいね
Commented by at 2015-12-31 09:59 x
人生は遺伝子で決まってる
<< 容姿に関する本質的な話 人が自由を求めない理由 >>