ドナウ公園の思い出
d0164816_23462213.jpg
ウィーン ドナウ公園 (2015/1/3)

過去にどんなにすばらしい経験をしていたとしても、
未来は、今日、あなたが何をするかにかかっている

人生を力強く歩むためには、目標意識が必要だ
どこに向かっているのかを知らなければ、正しい努力さえできないからだ
(石井希尚「明けない夜はない」)

( ´~`)ノハーイ
年末年始にウィーンに行った
と2つ前の記事で書いたけど
ウィーンは学生時代のバックパック旅行で行ったことがあるので2回目でした
(o゜~゜)o
ふみっこにとってウィーンは
特別な思い入れのある街なのですよ
(o゜~゜)oホエ?
それは3ヶ月間の長期旅行で
エジプト(1週間)
イスラエル(1週間)
ギリシャ(2週間)
イタリア(2週間)
という最高に充実した1ヶ月半の旅程を経て
オーストリアの首都ウィーンに到着したのです
(゜ロ゜)
ふみっこの長期旅行はその後
東欧を周ってトルコまで行って
イスタンブール発のフライトで帰国するというものでした
(゜~゜)
ウィーンはガイドブックなしで訪れたので
どういう都市で見所が何なのかもまったくの無知でした
(゜~゜)
特に興味もなかったのでウィーンは1泊だけにして
すぐにハンガリーのブダペストに移動するつもりでした
(゜~゜)
イタリア・ミラノ発の夜行列車で
ウィーンの大きな駅に朝着きました
(゜~゜)
1泊はするので
観光案内所に行って
無料の地図をもらってユースホステルの場所を聞きました
(o゜~゜)o
イタリアのボロ汚いユースホステルと比べて
新しくて清潔で快適でした
(゜ロ゜)
ドミトリー(複数ベッドの相部屋)で当時1泊1500円ぐらいでした
ちなみに現在の価格を調べたら18EUR(2400円)でした
これは西欧としては安い方です
(゜~゜)
荷物を宿に置いて街歩きを始めると
すぐに街並みの美しさに圧倒されました
(゜ロ゜)ギョエ!!
ふみっこはそれまでの旅程で
イタリアやギリシャをじっくり観光したので
ヨーロッパの街並みがどういうものか
ある程度わかっていたはずなのに
ウィーンの街並みの美しさというのは
イタリアと比べても別世界で
上品な高貴さに満ち溢れているのです
(*゜ロ゜)
それと同時に人が少なくて静かなのですよ
(*゜ロ゜)
そのような人の少なさ静けさが
整然とした高貴な雰囲気を漂わせているのです
(*゜ロ゜)
こんなに美しい街がこの世にあったのかしら?
と衝撃を受けながら街を練り歩きました
(*゜ロ゜)
とにかく街を歩いているだけで驚きと感動の連続で
特に目的もなく街中を歩き回っているだけでも
まったく飽きませんでした
(*゜ロ゜)
当初は1泊だけのつもりだったけど
毎朝延泊を申し出て
結局ウィーンには1週間滞在しました
(*゜ロ゜)
街の中心部にある市庁舎前広場では
屋外に巨大スクリーンと椅子が設置されていて
毎晩無料でコンサート映像を見ることができたので(夏季限定)
ウィーン滞在中は毎晩のように見に行きました
(*゜ロ゜)
ウィーンには美術史美術館や
シェーンブルン宮殿といった有名な見所があって
同じ宿に泊まっていた旅行者から
そういった見所があるというのは聞いたのだけど
特に興味が沸かなかったので行きませんでした
(゜Д゜)ハァ?
今考えると不思議だけど
ウィーンに一週間もいて
入場料を払うような観光名所は何も訪れてないのだけど
ただ街を歩いたりお店を見て周っているだけで
ふみっこはずっと興奮と感動の連続だったわけです
(*゜ロ゜)
ウィーン滞在中に
地図の端に載っていた
ドナウ公園(Donaupark)というところに地下鉄に乗って行ってみました
(*゜ロ゜)
ドナウ公園はドナウ川沿いにある広大な公園で
人がほとんどいませんでした
(*゜ロ゜)
こんなに静かで美しい公園が世の中にあるのか!
とふみっこはひどく感動して
その公園で半日ぐらいぼーっとして過ごしました
(*゜ロ゜)
ウィーンの美しい公園で過ごす何もしない休日
それは今までの人生で味わったことがない
贅沢で優雅なひとときでした
(*゜ロ゜)
1泊1500円のユース泊まりで
お金はほとんど使ってないのに
ふみっこのウィーン滞在は
人生最良のひとときだったのです
(*゜ロ゜)
公園でのんびりしている時
この旅行に来て本当に良かった
この旅行を契機として
自分も大きく変わったし
人生もこれから大きく変わっていくだろう
と深く実感し
これからの人生は
自分のために生きたい
と思ったのです
(*゜ロ゜)ホエ?
ふみっこが「普通の日本人」であれば
こんな自由旅行をすることはなかったでしょう
(*゜ロ゜)
しかしふみっこは
「一人で自由に海外旅行をしたい」「いろいろな国に行ってみたい」
という情熱や欲求があったからこそ
いまウィーンという素晴らしい地にいるのですよ
(*゜ロ゜)
人や世間の言うことに従って受動的に生きていたら
こんな自由な旅行や生き方はできないでしょう
(*゜ロ゜)
だからこそ
自分の情熱や欲求に従って生きること
すなわち社会や人々のためではなく
「自分のために生きること」が
大事だと思えたわけです
(*゜ロ゜)
そんなわけで学生時代に訪れた都市では
とりわけウィーンが良くて
海外で一番良かった都市を聞かれたら
ウィーンと答えていました
(*゜ロ゜)
そうして2014年という最悪の一年を経験して
人生に行き詰ったふみっこは
学生時代以来十数年ぶりに
自分探しのために
ウィーンを訪れたわけです
(´~`)アハハ
そうしたら
以前とは逆の意味で衝撃を受けました
(o゜~゜)oホエ?
それはウィーンの中心地は人が異様に多くなっていて
人混みでなんだかごちゃごちゃしていたのです
(゜~゜)
その大半がユーロ圏からの観光客のようでした
ウィーンはいつの間にか人気観光都市になっていたのです
(゜~゜)
旅行者の多さもあって
ウィーンらしさがあまり感じられないというか
雑多で観光地化した印象を受けました
(゜~゜)
街並みも以前感じた静けさ、高貴さがあまり感じられず
まるで別の街に来たようで
たしかに美しくはあるのだけれど
ヨーロッパにありふれた街並という印象を持ちました
(゜~゜)
ウィーンはもともとこんな感じだったのかもしれないし
ふみっこの思い出が極度に美化されていたのかもしれません
(゜~゜)
しかしこれなら北欧のオスロやストックホルムの方が
ずっと美しくて静かで高貴だと思ったのです
(゜~゜)
思い出のドナウ公園にも行ってみたのだけど
えぇーこんなところだったの!?まじっこ!?という衝撃がありました
(゜ロ゜)ギョエ!!
冬ということもあるだろうけれど
人がほとんどいなくて
こんなにうらさびれた寂しい公園があるのか・・
という感じの寂しい雰囲気を漂わせていたのです
( ゜д゜)ポカーン
ふみっこの思い出は極度に美化されていたのでしょうか
( ゜д゜)
目の前に広がる光景は
たしかに十数年前に訪れた場所と同じはずでした
( ゜д゜)
この地でふみっこは深く感動したはずなのに
そこはすでに一時代が過ぎ去って
人々から忘れ去られたような
うらさびれた空虚な公園に見えました
( ゜д゜)
しかしそれはある意味で
ふみっこの心境を反映したような光景だったのです
( ゜д゜)
完全に終わった・・・と思いました
( ゜д゜)
「自分のための人生を生きる」
当時のふみっこはこの地で主体性に目覚めて
夢と希望と可能性が広がっていたのに
十数年の時を経て
ふみっこは同じ地で
「もうやりたいことがなくなってしまった・・・」
という失望感につつまれたのです
( ゜д゜)ポカーン

人間の生命というのは不思議なもので、自分のためだけに生きて、自分のためだけに死ぬというほど人間は強くないんです
というのは人間は何か理想なり、何かのためということを考えているので、生きるのも自分のためだけに生きることには飽きてしまう
(三島由紀夫)


by fumiblog | 2015-01-24 23:52 | 旅行 | Comments(12)
Commented by サヴァント at 2015-01-25 02:30 x
何事も諸行無常かあ…カリスマニートで知られるphaさんがいってましたね
http://pha.hateblo.jp/entry/2015/01/19/223205 

まあふみっこさんやphaなどの現代でも比較的自由に活動してる人も豊臣秀吉も(最高の出世をして晩年虚しい詩を残してる)人生てやりたいことやりつくしても最後には虚しくやりたいことがなくなるんですね……はあ…
…脳的には楽しいことはドーパミンやらが分泌して感知できるらしいが、刺激に対して反応して身を守るためにしてるんじゃないかと思う、だから脳的には楽しい刺激は疲れる心的には豊かになる、でもつまらない時は、脳的には幸福な状態なのかと思う
資産沢山持ってる定年超えた老人が働きたがってたりしますし逆にやりたいことがなさすぎて働きたいorやりたいことが働きたい、とまあ人は社会的な動物だから社会的に関わりたいってのが大きんだと思われ

なんか現代の不幸というかネット見ると答えというか人生のネタバレ的な…レビュー評価の低いツアー旅行をレビュー見たあとに行かなければならないような感じに陥る、見なけりゃいい話だけど、なんか虚しい……いや実際は自己満だなあというかヤりたいことって極論暇潰しなのにその暇潰しにも競争が入ったり、俺はいつか飽きるんだろうなあと思うとなんか虚しいなあ
でも世界のどこかで思い入れがあると第三の故郷みたいでいいんじゃないですかね?
何年後かにLCCの競争で安くなることを願ってウズベキスタンとか行きたいなあ(適当

あとあとゲームてクリアしたらすることなくなるみたいに若い人からすると全クリ(これから大多数やるであろう人間の自然活動的な事)してる三十代とか四十代とかの人が羨ましかったり貯金も昇進も卒業も結婚もしててあとなにするんだろうって 
ふみっこさんの新しい趣味が見つかりますように
Commented by farseerr at 2015-01-26 04:09
ふみっこさんが最初に訪れたウィーンは何月だったんでしょうか?
旅行へ行くモチベがあがりました^^
Commented by fumiblog at 2015-01-26 16:45
・サヴァントさん
サヴァントさんは若いので「いつか飽きるのでは」といったことを考えたり恐れたりする必要はないよ
どのような結果になっても、恐れずに行動を起こすことは尊いんだよ
頭では虚無的悲観的なことを考えつつも、行動を起こしてきた結果、ふみっこは色々なことができたと思うので(´~`)

・farseerrさん
7月でした。なので印象の違いは単純に季節の違いが大きいかもしれません(´~`)
ちなみに、ヨーロッパのユースホステルは昔と比べて旅行者が増えて混みあっているので、夏など季節によっては事前予約必須で当日の延泊も難しいかと思います(≧д≦)
ベッドの空き状況はネットで確認できます
https://www.hihostels.com/
Commented by カンガルー at 2015-01-26 22:13 x
ウイーンに行ってらしたのですね。綺麗なところですね。
自分は年末年始はインドのバラナシに行ってきました。
物凄いカオスなところでしたが、一生の思い出になりました。
Commented by fumiblog at 2015-01-26 23:52
・カンガルーさん
Eternal Cityバラナシに行かれたのですか!(゜ロ゜)それは良い経験になりましたね
インド旅行はドラマの連続で面白いですよね(´~`)
Commented by えりか at 2015-02-01 00:35 x
初コメントです。
ふみっこさん、ふみっこさんのサイト空想哲学やブログが、ある時期のわたしの考えを支えてくれました。
それは、わたしのまさに美学であり哲学だったんですが、それから、わたしは私の考える美学を持つことに追い詰められてしまいました。
世の中はこうでなきゃダメなんだ、だから自分もこうでなきゃ存在したくないという偏ったものでした。ふみっこさんの立場は、あくまで中立的で、それなのに極端に暗い世界も知ろうとしていた。自分の考えがありながら、人の考える世界を知る。流されない。そこが、極端なわたしにとって、とても良かった。
そして、いまわたしは、やっと少し極端から解放されつつあります。
人と関わると、その人がどんな人なのか、だんだん年齢や立場、表面的なものが剥がれ落ちて人格だけが見えてきます。
その人の知らず知らずに、わたしは見えてきたその人が持つものからたくさんのことを学びます。
ふみっこさんは、わたしに多大な影響を与えてくれました。そして、きっとこれからも。
そして、それはまさしく多大な社会貢献…
Commented by ジョバンニ at 2015-02-01 20:17 x
最近ふみっこさんのサイトを知り、ブログと合わせて読ませて頂いております
私も昔から哲学に興味があり、ふみっこさんの記事は大変勉強になっています、有難う御座いますm(__)m
紹介されている本も読ませて頂いてます(マーク・トウェインが書いた本は衝撃的でした)
私は精神疾患があり引きニートだった時期もあるのですが、ふみっこさんが感じられる虚無感とは一体どのようなものなのでしょう?
何をしても結局虚しい、虚無感という穴がどうしても埋めることができないというニヒリズムの境地でしょうか?
それでも生きる意思や力とはなんでしょうね
人間の正体(エゴイズム)、無力感に打ちのめされそうになります

最近私が生きる糧にしている漫画があります
峰倉かずやさんが描いた『最遊記』という漫画です(色々シリーズがあります)
この漫画では、ニヒリズムを認めつつ、それでも生への強い肯定や意思を感じます
励みになる言葉や台詞が沢山あるので、もし良ければ一読してみて下さい(ご存知でしたらすみません汗)
Commented by 結水 at 2015-02-03 21:52 x
ふみっこさん、こんばんは☆
その後、体調はいかがでしょうか~

ふみっこさんも山登り好きですか?
ふみっこ登山クラブでも発足してくれたら、楽しそうなのにな~なんて想像して楽しんでます(*^^*)

ちなみに私は、高尾山がやっとくらいです(;o;)
なぜなら昨年、御嶽山で足を痛めたからです!
落ち込んだりもしましたが、噴火に遭遇しなくて強運だったと前向きに考えてます。


頂を目指すことが無理でも
諦めないで方向性を変えれば
もっと楽しいことがあるかもしれません☆


Commented by fumiblog at 2015-02-09 21:51
・えりかさん
コメントありがとうございます(*^~^*)ノ
ふみっこも色々な人から学ぶことが自分自身の成長に繋がりました(o゜~゜)o
影響なんていうのは大袈裟ですが、ふみっこブログが参考になったのでしたら嬉しいです(≧~≦)ノ

・ジョバンニさん
コメントと質問ありがとうございます(*^~^*)ノ
ふみっこが感じている虚無感は2つあって、ひとつは、この宇宙や人間の存在に、根本的な意味や目的がないこと、です
詳しくはここに書いてあります(゜ロ゜)
http://fumi1.exblog.jp/12162625/
もうひとつは、自分自身の人生に、生き甲斐や目的がないこと、です(´~`)

生きることに意味や目的がないのに、それでも生きていくのは、生物としての生存本能があるからで、人間以外の動植物が(意味や目的を持たなくても)ただ本能プログラムに従って生きていくように、人間もまた本能に従って生きざるを得ない生存機械なのですね(´ロ`)
最遊記というのは知りませんでした(o゜~゜)o読んでみますね

・結水さん
励ましありがとうございます(*^~^*)ノ
結水さんは山登りが好きなのですね(o゜ロ゜)o日本は山がたくさんあって楽しめますね
ふみっこが最後に山登りをしたのはもう何年も前です(´~`)高尾山でした。ふもとから頂上まで登りましたよ
ちなみにふみっこ登山クラブは発足しないので想像でお楽しみください(≧~≦)ぶは
Commented by inwinebone at 2015-02-14 00:22
はじめまして。

共感かどうかわからないんですが、感じるものがありました。

虚しさにも急性と慢性があって、慢性の方は現実の臓物を見たようにゾッとするというか、どうしようもなさがあるように思います。
慢性にかかったらもう長くないだろうから、しばらく前から半ば諦めています。
Commented by ルス at 2015-02-17 14:34 x
こんにちわ、はじめまして。

マーク・トゥエインの「人間とは何か」について検索してここにたどり着きました。

やりたいことがないって感覚が分からなかったんですが、少し共感できるようになってきました。ふみっこさんのいう意味とは違うかもしれませんが、、。

僕は物心がついた頃から病的な不安持ちで、落ち着いた状態で過ごせるようになるために死に物狂いでした。
それが叶ってくると、激しい退屈に襲われました。不安を無くすっていう何の生産性もないことでも、「やりたいこと」だったわけで、「ようやく不安が消えてくれたから、これからはなんでもできる」とかは思わなかったりします。
動機ってどこに転がってるか分からないです。
Commented by fumiblog at 2015-02-19 23:04
・inwineboneさん
はじめまして(゜ロ゜)コメントありがとうございます
虚しさには、耐えられる人と耐えられない人がいるのでしょうね(o゜~゜)o
耐えられる人は、虚しいまま生きて、耐えられない人は、虚しさを解消する何かを探すのでしょう(´~`)何か見つかるといいですね

・ルスさん
はじめまして(゜ロ゜)コメントありがとうございます
いずれにしろ、不安がなくなったのは良かったですね(o゜~゜)o
退屈というのはある意味贅沢な悩みだと思いますが、でもそれに耐えられない渇望の気持ちがあれば、自然に道は開けると思います(o゜ロ゜)o
<< 2つの生きる意味 利己心から社会貢献へ >>