<   2010年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧
[自由哲学6] 人に期待するのをやめる
自分の人生を自分でコントロールすることは
「いいことが起こりますように」などという受け身の姿勢ではない
自ら出かけていって
自分の力で「いいこと」を起こそうとすることだ
(ブライアン・トレーシー「フォーカル・ポイント」)

( ´~`)ノハーイ
人はなぜ
消費のための時間ばかり取られて
自分のための時間を確保するのが難しいのでしょう?
(゜~゜)
それには大きく2つの理由があります
(o゜~゜)oホエ?
ひとつは現実逃避
もうひとつは他者への期待です
(゜~゜)
現実逃避に関しては
にせものの世界
で書いたのでそちらを見てください
(´~`)
では他者への期待とは何なのか
(o゜~゜)oホエ?
ふみっこは10代の頃
ゲーマーであっただけではなく
テレビ好きで
毎日何時間もテレビを見ていました
(゜~゜)
なのでテレビによく登場する芸能人や俳優や歌手やスポーツ選手
などの動向に関心があったし
それなり詳しかったのです
(゜~゜)
ではなぜ私たちは
他人に過ぎないテレビの中の有名人に
関心を払ったり
時間を費やしたりするのでしょう?
(o゜~゜)oホエ?
そういった人たちの活躍よりも
自分の人生の方が遥かに重要なはずです
(゜~゜)
ふみっこは大学卒業後
就職せずにフリーターになったことで
自分の人生が切迫して追い詰められるにつれて
どうでもいいことに関心を持つ余裕がなくなり
テレビの世界の住人がどうなろうと
自分には関係がないのだ
という当たり前の事実に気づきました
(´~`)アハハ
関係ないというよりも
むしろ有害と言えます
(o゜~゜)oホエ?
なぜなら好きな芸能人や俳優や歌手やスポーツ選手がいたら
その人が出ているテレビ番組を見るかもしれないし
ネットや雑誌などでチェックするかもしれないからです
(゜~゜)
その消費活動によって
自分の自由時間が消えます
(´ロ`)
それに好きな有名人が理想的な活躍をしたり
日本人のプロスポーツ選手が海外で活躍しても
自分の人生は何も変わらないし
自分が成長するわけでもありません
(´~`)アハハ
なので有名人の活躍に期待したり
関心を払うこと自体が
時間の無駄なのです
(゜~゜)
それをやめることによって
自分のための時間を取り戻すことができます
(゜ロ゜)
それと同様に
政治や政治家に期待するのも
とても無意味なことです
(o゜~゜)oホエ?
政治に期待したり関心を向けても
それは自分のコントロール下にないので
ふみっこがこの世にいてもいなくても
過去の政治はなるようにしかならなかったし
未来の政治もなるようにしかならないからです
(゜~゜)
なので政治に期待したり非難したりすること自体が
自分ではコントロールできないことに対して一喜一憂しているわけで
時間とエネルギーを無駄に費やしてしまっています
(´~`)
私たちにはもっと有効な時間の使い方があるはずです
(o゜~゜)oホエ?
それは他者のことは脇に置いておいて
自分のことや自分の問題に集中することです
(゜~゜)
なぜなら私たちがコントロールできるのは
自分の人生だけだからです
(゜~゜)
なのでたとえば日本が政策の失敗で沈没しても
それはあなたにもふみっこにもどうにもできなかったことなのです
(゜~゜)
しかし私たち庶民は
政策をどうこうする自由はないけれど
自分自身の行動の自由はあります
(o゜~゜)oホエ?
なのでもし日本が沈没しそうになったら
円を売って外貨を買うとか
海外に移住するとかいった自由はあるので
政治について考える際も
期待したり非難するのではなく
自分ができることだけに集中すべきだと言えます
(゜ロ゜)
そんなわけで
「人に期待するのを一切やめる」
という哲学を実行することによって
人生に劇的な変化が起きます
(o゜~゜)oホエ?
なぜなら

「芸能人や俳優や歌手に期待するのをやめたら」

・テレビを見る必要がなくなる
・雑誌を見る必要がなくなる
・ネットでブログなどを見て周る必要がなくなる
・イベントやコンサートに行く必要がなくなる

「プロスポーツ全般、海外で活躍する日本人選手、オリンピックに期待するのをやめたら」

・テレビを見る必要がなくなる
・チームの勝敗を気にしたり選手の活躍に一喜一憂する必要がなくなる
・スタジアムに行って観戦したり応援したりする必要がなくなる

「政治と政治家に期待するのをやめたら」

・ニュースを見る必要がなくなる
・新聞を見る必要がなくなる
・政策について議論したり憂いたりストレスを感じる必要がなくなる

つまり
テレビの中の有名人が
どうなろうと自分の生活とは無関係になり
そこに費やす時間もゼロへと近づきます
(゜ロ゜)
ということは
自分の世界からは完全にいなくなるのです
(゜ロ゜)ギョエ!!
そうなることによって
有名人によって奪われていた膨大な時間を
自分の手に取り戻すことができ
自分のための人生が始まります
(*^~^*)ノハーイ
by fumiblog | 2010-07-31 15:50 | ふみっこ哲学 | Comments(6)
[自由哲学5] ふみっこの時間の使い方
人々はいつも私をとくに幸福に恵まれた者として賞賛します
けれども、私の人生は基本的には苦心と苦労のほかにはありませんでした
いままでの75年を通じて、ほんとうにくつろいだのは4週間もなかったのです
(ゲーテ)

( ´~`)ノハーイ
前にも書いたけど
「人生とは何か?」を考えると
それはすなわち
「有限の時間をどのように使うか」です
(゜~゜)
時間の使い方によって
その人の人生が決まるのです
(o゜~゜)oホエ?
そして自由人にとってもっとも大切なものは
自由な時間です
(ノ゜~゜)ノ
生活に自由な時間がなければ
その人は自由人とは言えないからです
(ノд-。)クスン
なのでどのようにして
自由な時間を確保するか
(゜~゜)
そしてその自由時間を
何に使うか
(゜~゜)
ふみっこは自由人である以上
そのことにこだわりがあり
独自の時間哲学というべきものがあります
(o゜~゜)oホエ?
ふみっこの時間哲学の基本原理
それは
「やらないことを極力増やす」
です
(゜Д゜)ハァ?
これはとても
単純な理屈です
(o゜~゜)oホエ?
やることが多ければ多いほど
そこに時間を取られます
(゜~゜;Aアセアセ
やることが少なければ少ないほど
自由な時間が増えます
(´~`o)ひまっこ
社会人になると
仕事での拘束時間が長いのに加えて
たくさんの情報に囲まれて
日々やることがとても多いです
(つ~`)ぐすん
やることに追われる慌しい生活から
シンプルでゆとりのある生活にするためには
やらないことを増やすしかありません
(゜~゜)
そして私たちが普段やっていることは
本当に大切なことだと言えるのでしょうか?
(o゜~゜)oホエ?
たとえばふみっこは
空想哲学、成功哲学、相場、読書、海外旅行といった分野に
興味関心や蓄積した知識があります
(o゜~゜)o
一方で
芸能人、歌手、アイドル、スポーツ選手、政治家
テレビ番組、CM、映画、アニメ、マンガ、携帯などの分野で
話題になっている人や作品は
ほとんど知りません
(´~`)
自分にとって大切なことがAグループ
世間やメディアで話題になりやすいものをBグループとします
(゜~゜)
ふみっこの時間の使い方は
Bグループへの興味関心を極限まで減らして
Aグループに時間を集中することです
(゜ロ゜)
自分にとって大切なAグループが何かは
各人によって異なるので
何が大切なのか考えてみてください
(゜~゜)
しかし多くの人が
実はどうでもいいBグループに
多くの時間を費やしている気がしてなりません
(゜~゜)
それはテレビ番組の視聴率を見ればわかります
(o゜~゜)oホエ?
視聴率10%でも
最低1000万人が見ている計算です
(゜~゜)
つまり1000万人とか2000万人といった規模の日本人が
テレビの前でじっとしながら
同じ番組を一斉に見ているのです
(゜ロ゜)ギョエ!!
その結果
ただ番組・作品・情報を消費するだけの日々になり
時間をかけて生産活動(自身の能力の向上)をしたり
何かを成したりすることが
とても難しくなってしまうのです
(゜~゜)
ではどうすれば私たちは
情報の洪水から自由になることができるのか
(゜~゜)
その話は次回に続きます
(´~`)ノハーイ
by fumiblog | 2010-07-29 21:59 | ふみっこ哲学 | Comments(2)
[自由哲学4] 自由人の生産活動
一刻も早くiナントカを手に入れて、全能感を手に入れたがっている人は、おそらく沢山いるでしょう
あのね、六〇年代にラジカセ(でっかいものです)にとびついて、何処へ行くにも誇らしげにぶらさげている人達がいました
今は年金受給者になっているでしょうが、その人達とあなたは同じです
新製品にとびついて、手に入れると得意になるただの消費者にすぎません

あなたは消費者になってはいけない。生産する者になりなさい。

(宮崎駿iPadについて語る)

( ´~`)ノハーイ
高度な自己コントロール力は
どのようにすれば身につくのか
今回はそれを考えていきます
(゜~゜)
しかし多くの人は
すでにそれを身につけています
(o゜~゜)oホエ?
ふみっこは
小学生の頃から身についていました
(゜Д゜)ハァ?
前にも書いたけど
ふみっこは10代の頃ゲーマーでした
(゜~゜)
たとえばドラクエやFFなどの
RPGをするとします
(゜~゜)
クリアするまでに30~50時間ぐらいかかります
(゜~゜)
ふみっこはそれを
早ければ1週間
遅くとも1ヶ月ぐらいでクリアしていました
(゜~゜)
すると毎日数時間を
地道にゲームに充てていたことになります
(o゜~゜)oピコピコ
なのでふみっこは
そして多くのゲーマーは
自分を律して集中してゲームに取り組んでいた
と言えます
(o゜~゜)oホエ?
そしてそれは
テレビ・携帯・ネット・酒・ギャンブル
などの中毒者も同様です
(o゜~゜)oホエ?
それらに毎日のように
数時間を費やすような中毒者は
自分を律して集中して取り組めるだけの
集中力や自律心を持っているわけです
(゜ロ゜)ギョエ!!
しかしゲームやテレビなどに
いくら時間を費やしても
ただ自由を消費しているだけで
何も生まれません
(つ~`)ぐすん
中毒者というのは
集中力や自律心を持ちながらも
その対象が「消費活動」であるというだけで
とてももったいないことをしているのです
(゜~゜)
なのでその対象を
生産活動に振り向ければいいことになります
(゜ロ゜)
では
自由を得るための生産活動とは何でしょうか?
(o゜~゜)oホエ?
それは単純で
「自分の能力を上げること」です
(´~`)
「自由人」は
「社会人」とは別の生き方である以上
学歴や職歴にこだわる必要はありません
(o゜~゜)o
では何にこだわるべきなのか
(゜~゜)
それは能力です
(ノ゜~゜)ノ
社会人にとっては
学歴や職歴が大事であるのと同じように
自由人にとっては
能力が大事なのです
(ノ゜~゜)ノ
自由人が自由に生きながらも収入を得られることの根拠は
能力の高さにしかありません
(゜~゜)
しかし多くの人は
自由時間を
能力を上げることに使うのではなく
消費活動に使ってしまっています
(゜~゜)
それは社会人は基本的に
言われたことをやっていればそれで給料がもらえるので
あえて能力を上げる必要がないからです
(゜~゜)
なので時間の使い方を変えるだけで
その他大勢から抜きん出ることができます
(゜ロ゜)
日々の自由時間を
消費に使うのではなく
自分の能力を上げることだけに使う
それが自由人になるための生産活動です
(*^~^*)ノハーイ
by fumiblog | 2010-07-27 23:11 | ふみっこ哲学 | Comments(5)
[自由哲学3] 自由人の不自由
怠惰は、全く見栄えはしないが、しばしば、もろもろの情念の覇者となる
それは、生涯のいかなる大望をも行為をも侵害する
そして、いつとはなく、情念や美徳を破壊し、滅ぼし尽くしてしまう
(ラ・ロシュフコー「箴言集」)

( ´~`)ノハーイ
前回は空想的な話になったので
現実的な話に戻します
(o゜~゜)oホエ?
「自由」とは何なのかをおさらいすると
『他のものから拘束・支配を受けないで、自己自身の本性に従うこと』
とwikipediaにありました
(゜~゜)
しかしそこには大きな問題があります
(o゜~゜)oホエ?
何にも縛られずに
「自己自身の本性」に従って行動しても
その人自身の本性が
怠け者だったり
遊び人だったり
ゲーム中毒だったり
ギャンブル中毒だったり
アルコール中毒だったりしたら
どうでしょう?
(o゜~゜)oホエ?
一日中寝ていたり
遊んでいたり
ギャンブルに溺れたり
酒を飲み続けたり
くだらないことをし続けるかもしれません
(´~`)アハハ
そういう生き方も
本人の自由ではあるのです
(゜~゜)
しかしそのように自由を消費していても
いつまでも本物の自由人にはなれません
(o゜~゜)oホエ?
なぜならそのような自由の使い方は
非生産的な「消費的自由」というべきものだからです
(o゜~゜)oホエ?
ふみっこが考えるに
時間の使い方は
「消費」と「生産」に分けられます
(o゜~゜)oホエ?
消費とは
自由を消費するだけの時間の使い方
(´~`)
生産とは
自由を生産する時間の使い方です
(゜ロ゜)
そして大半の人は
生活における自由時間
たとえば退社後や休日の時間を
ほとんど消費に充ててしまっています
(゜~゜)
それがこの世に
自由人が少ない理由です
(゜~゜)
人は消費するだけでは生きていけないので
どこかで生産をする必要があり
それが会社勤めなどの不自由として生じてしまうのです
(゜~゜)
その不自由を回避するためには
自由時間を
消費することにではなく
生産することに使わなければならない
(ノ゜~゜)ノ
そのためには
自分を律して
自由時間であっても生産活動をするという
不自由を受け入れなければならないのです
(゜~゜)ピシッ
ということは
消費人も生産人も
いずれにしろ不自由が生じる
ふみっこもまた自由ではないことに
いま気づきました
Σ(゜ロ゜)ガビーン
それでもなお
『他のものから拘束・支配を受けないで、自己自身の本性に従うこと』
という自由人を完成させるためには
「他のものからの拘束・支配」を排除して
「自分から自分への拘束・支配」へと
生活構造を変えなければならないのです
(゜~゜)
つまり
自分を律すること
自己コントロールこそが
自由人になるためのキーなのです
(*^~^*)ノハーイ
では高度な自己コントロール力は
どのようにすれば身につくのか
次回に考えます
(´~`)ノハーイ
by fumiblog | 2010-07-26 17:14 | ふみっこ哲学 | Comments(0)
[自由哲学2] 生命の根源的不自由
ああ、かぶとむしや、たくさんの羽虫が、毎晩僕に殺される
そしてそのただ一つの僕がこんどは鷹に殺される
それがこんなにつらいのだ
ああ、つらい、つらい
僕はもう虫をたべないで餓えて死のう
いやその前にもう鷹が僕を殺すだろう
いや、その前に、僕は遠くの遠くの空の向うに行ってしまおう
(宮沢賢治「よだかの星」)

( ´~`)ノハーイ
しばらく間が空きましたが
自由哲学1の続きです
(o゜~゜)oホエ?
閉塞した日本社会における第三極の生き方
自由人とは何か?を
引き続き考えていきます
(´~`)ノ
しかしそもそも
「自由」とは何なのでしょうか?
(o゜~゜)oホエ?
それは
『他のものから拘束・支配を受けないで、自己自身の本性に従うこと』
とwikipediaにあります
(o゜~゜)o
休みたい時に休めない
帰りたいけれど残業があって帰れない
やりたくないことでもやらなければならない
会社や上司の命令には従わなければならない
といったものはすべて不自由な状態です
(゜~゜)
そういった拘束・支配から開放されて
ただ自分の自由意志に従って行動する人が
自由人です
(*^~^*)ノハーイ
ふみっこは自由人なので
実際そのようにして生きています
(*^~^*)ノハーイ
ただし私たちは生命の構造上
生きていくのに食料が必要だし
野宿をして生きるのも現実的ではないので
住居も必要です
(゜~゜)
それを得るためには
持ち家と畑があって自給自足をするのでもない限り
お金がなければ生きていけません
(ノд-。)クスン
つまり
生きていくのにお金が必要である
というのが
現代人に課せられた根源的な不自由であるといえます
(゜~゜)
ではお金がすべてになっている資本主義社会が崩壊すれば
人間はお金社会という不自由から開放されて
自由が手に入るのでしょうか?
(o゜~゜)oホエ?
決してそうではないはずです
(゜~゜)
お金が必要ではない社会になったとしても
私たちは日々の食料が必要だし
住居も必要だからです
(゜~゜)
そもそもお金というのは単に
価値の保存・交換手段として使われているだけであって
大昔では食糧がお金の役割を果たしていました
(o゜~゜)oホエ?
つまりお金というものの根源は食糧であり
食糧がそれほどに重要な理由は
私たちは生命の構造上
生きていくのに日々の食料が必要だからに他なりません
(゜~゜)
そしてそれは別に人間に限った話ではありません
(o゜~゜)oホエ?
生物の世界とは
捕食者が被食者を食べることでしか生きていけない
食物連鎖の世界なのです
(ノд-。)クスン
人間も生物である以上
例外ではなく
動物や植物を殺して食べることでしか
生きていけません
(ノд-。)クスン
そんなわけで
たとえ自由人であっても
「生きていくのにお金(食糧)が必要であるという不自由」
からは逃れることはできないということが
今回言いたかったことです
(゜~゜)
それは資本主義がどうこう
という話ではなく
人間に限った話でもなく
地球上に生まれた
すべての生命が持つ宿命なのです
(o´~`)ノハーイ
by fumiblog | 2010-07-24 17:58 | ふみっこ哲学 | Comments(0)
[旅行] ふみっこin上海万博 (Shanghai EXPO 2010)


世界を自分の足で歩み、人々と触れ合うと、
きっと「なんと私たちは似通っていることか」と感じるに違いない
誰もが人生において望んでいることは同じだ
(ジム・ロジャーズ「娘に贈る12の言葉」)

( ´~`)ノハーイ
大雨が降っていた金曜日(7/16)に
上海万博に行った
(o゜~゜)oホエ?
入場料は平日用のチケットで約2000円で
日本人の物価感覚だと安いけど
中国人の物価感覚だとかなり高いはずだ
(中国の物価は日本の1/5程度)
(゜~゜)
平日で雨天なので
空いてることを期待したのだけど
会場内は中国人で溢れていた
Σ(゜~゜)ガビーン
欧米人もいるのだけど
ふみっこの印象だと
97%ぐらいが中国人だ
(゜~゜)
まず最初に
上海万博のシンボルであり一番人気という
中国館に行ってみた
(o゜~゜)oホエ?
d0164816_23192929.jpg
ネットか何かで見た情報では
だいたい3時間待ちとあったのだけど
なぜか5分待ちで入ることができた
(*゜ロ゜)ギョエ!!
d0164816_23193514.jpg
中国館の内部は
北京・広東・四川・チベットなど
省別のパビリオンに分かれていて
人気の省には行列ができてる
(o゜~゜)o



空いてる省を見て周ってたら
それで満足したので1時間ほどで出る
(´~`)
ちなみに上海万博の二番人気は日本館だという
(o゜~゜)o
その日本館に行ってみると
長い行列ができていて
まさかの3時間30分待ちだ
Σ(゜~゜)ガビーン
d0164816_2319394.jpg
これに並んでしまうと
ここだけでふみっこの上海万博が終わってしまう
(゜~゜)
なので諦めるしかなかった
(つ~`)
その後テーマ館(主題館)というのに行くと
そこは空いててすぐに入れた
(ノ゜~゜)ノ
d0164816_23194328.jpg
「地球」や「都市生活」などのテーマで構成されていて
それなりに見応えがあって万博気分を味わえる
(*゜ロ゜)
d0164816_2328162.jpg



その後ヨーロッパ地域のパビリオンに行ってみるも
やはりどこも長い行列ができている
(´ロ`)
d0164816_23194875.jpg
たとえばイギリス館は2時間30分待ちだ
(゜~゜)
ドイツ、スイス、スペイン
といった主要国だけではなく
ラトビアやアイスランドといったマイナー国でも
長い行列ができている
Σ(゜~゜)ガビーン
ラトビア館
d0164816_23304911.jpg
しかし初めて上海万博に訪れた観光客は
あえてマイナー国であるラトビア館に並ぶ理由はないはずだ
(゜~゜)
なので何度も来ているリピーターの上海市民が並んでいるのだろう
(゜~゜)
行列がなくすぐに入れたのは
モンテネグロ、キプロス、リヒテンシュタイン、モナコなどの
本物の小国だけだった
(´~`)アハハ
しかしその小国パビリオンの展示内容に
ふみっこは衝撃を受ける
(゜ロ゜)ギョエ!!
ただその国の写真などが展示されているだけで
1分もあれば見終わってしまうのだ
Σ(゜~゜)ガビーン
リヒテンシュタイン館内部
d0164816_23195384.jpg
しかし各国のパビリオン内には記念のスタンプを押してくれる係員がいて
そこにはパスポートを持った中国人が
スタンプ目当てに群がっている
(゜~゜)
ふみっこは5年前の名古屋万博にも行ってないので
万博というものが何なのか理解していなかったのだけど
この時はじめて万博とは何なのかを理解した
(o゜~゜)oホエ?
万博(万国博覧会)とは
すなわち世博(世界博覧会)のことであり
各国のパビリオンを見て回ることで
擬似的に世界旅行をしている気分を味わえるイベントだったのです
(´~`)ノハーイ
d0164816_23361846.jpg
d0164816_23362412.jpg

by fumiblog | 2010-07-22 23:39 | 旅行 | Comments(0)
[旅行] ふみっこin上海
d0164816_21445849.jpg

大衆というのはリードされたがっている
何々をどうせよという指示を待ち望んでいる
安心を求めている
そして動くときは大挙して行動する
だれもが群れの中にいることで安心するのだ
単独で行動すれば心理的負担は一人の身にかかってくるが
集団で行動すれば心理的負担も恐怖も集団の中に吸収されていく
(リチャード・スミッテン「世紀の相場師ジェシー・リバモア」)

( ´~`)ノハーイ
4泊5日の日程で中国・上海に行きました(7月15~19日)
(*^~^*)ノ
中国は1年前に
香港・深セン・広州・マカオに行ったのだけど
上海には初めて行きました
(゜ロ゜)
ところでふみっこは空想哲学者の使命として
旅行というのは単に楽しく過ごすためのものではなく
何か新しい発見や気づきを得なければならないと思っています
(o゜~゜)oホエ?
ではふみっこは上海で何を発見したのか
(゜~゜)
それは意外に難しい問いです
(゜~゜)
上海は旅行者にとっては快適に過ごせる都会なのだけど
他のアジアの諸都市と比べて
強烈な個性やアイデンティティというものを
意外に感じませんでした
(o゜~゜)oホエ?
それに豊かなのか貧しいのかも
よくわかりませんでした
(゜Д゜)ハァ?
中国の都市の中では圧倒的に豊かなのだろうけれど
日本人の感覚からすると
後進国の雰囲気を感じさせるものが
随所に見られます
(´~`)
それでもひとつだけ
決定的な特徴を見出すことができました
(o゜~゜)oホエ?
それは潜在的人口の多さです
(゜Д゜)ハァ?
話は変わるけど
新宿駅の1日の乗降客数が
世界一なのを知っていますか?
(o゜~゜)oホエ?
東京というのは世界的に見ても
異常に人口が密集している大都会なのです
(゜~゜)
しかし上海は
場所によっては東京以上に人口が密集しています
((;゜ロ゜)オロオロ
特に目についたのは
中国国内からの観光客の多さです
(o゜~゜)oホエ?
上海市内の観光地には
旗を持った添乗員に連れられた
中国人の団体ツアー客がたくさんいました
(゜~゜)
上海という都市は
日本における東京や
アメリカにおけるニューヨークに相当します
(゜~゜)
つまり中国人にとって上海とは
一度は行ってみたい憧れの都市なのです
(゜~゜)
それに上海市民の平均年収は
中国人平均の3.5倍もあって
もっとも豊かな都市でもあります(特別行政区の香港を除く)
(゜ロ゜)ギョエ!!
なので中国人にとって上海とは
夢と可能性とチャンスに満ちた大都会なのです
(ノ゜~゜)ノ
そして中国の人口は12億人で
日本の10倍です
(o゜~゜)oホエ?
日本人がみんな東京に押し寄せても
1億人でしかないけれど
中国の場合は10億人です
(゜ロ゜)ギョエ!!
つまり上海という都市は
10億人の中国人需要に支えられており
今後数十年に渡って繁栄することが
約束されているのです
(゜ロ゜)
なので東京に代わって
アジアの中心になりえるポテンシャルを持っているのは
香港やシンガポールやバンコクではなく
圧倒的に上海であるはずです
(゜ロ゜)
それがふみっこの発見です
(´~`)ノハーイ
上海万博にも行ったのだけど
それについては明日書きます
(´~`)ノハーイ

デジカメで撮った動画







写真
d0164816_2145795.jpg
d0164816_21451574.jpg
d0164816_21452013.jpg
d0164816_21453880.jpg
d0164816_21455373.jpg
d0164816_21455945.jpg

by fumiblog | 2010-07-21 21:59 | 旅行 | Comments(3)
[旅行] ふみっこと中国
当局は従業員に8時間労働を求めるが、従業員の方は異口同音に
「それじゃ、残りの4~5時間は何をするんだ? 遊んでいろとでもいうのか?」と不満を漏らす。それが彼らの本音なのだ。

どこかの工場が残業を認めると、従業員はそこに集まってしまう
それほど残業をやりたいのだ。よく言われるよ
「ここには休暇で来たわけではない。カネを稼ぐために来たのだ」とね
残業がなければ、この職場に人はいなくなるだろう

富への欲望は、健康や安全が破壊されるという不安に勝っているのだ

中国人なら誰でも今以上にカネを求めようとする
それが文化だからだ
従業員は働いてカネを手にしたいのだ
ここ(工場)にはあまり長居をしたくないからだ
数年後には帰郷し、小さくても自分で商売を始めたい
この欲求こそ、中国が圧倒的な競争力を持ち得た理由のひとつだ

工場がアフリカに移転しないのはなぜだと思う?
それは、これほど熱心に働くのは中国人だけだからだ
私の叔父がアフリカの工場を視察したことがある
あそこの連中は一日4時間しか働かず、後は寝てばかりいる

(アレクサンドラ・ハーニー「中国貧困絶望工場」)

( ´~`)ノハーイ
ふみっこは社会に出た後
長い貧困時代を経験したのですが
成功哲学の実践によって
近年はゆとりが出てきたので
1年前から
月1回旅行することにしました
(o゜~゜)oホエ?
そしてこの1年間で
海外7回
国内4回
旅行に行きました
(´~`)アハハ
それに関してはまた今度書くつもりですが
6月の沖縄旅行は日記があります
(゜ロ゜)
7月は今週末の3連休+αの休暇にして
明日から一人で中国・上海に行きます
(*^~^*)ノ
中国は1年ぶり2回目
上海は初めてで
上海万博も行く予定です
(*^~^*)ノ
よって次回の更新は来週の連休明けになるので
ご了承ください
(´~`)ノハーイ
中国つながりで
昔SNSで書いた過去ログを貼っておきます
(´~`)ノハーイ

* * * * *

「中国貧困絶望工場(China Price)」
という本を読みました
(o゜~゜)oホエ?
これはタイトル通りの内容なのだけど
驚いたのは
多くの中国人労働者は
1日8~9時間の労働では満足せず
1日12~13時間ぐらい
エアコンもない劣悪な環境の中で
平気で働いているというのです
(゜ロ゜)ギョエ!!
しかもその労働によって得られる賃金は
時給50円ぐらいに過ぎないのです
Σ(゜~゜)ガビーン
月給にしても1~2万です
(´~`)アァー
これなら
氏んだ方がマシだと思いました
(o´~`)ノハーイ
しかし時給50円でも
故郷の農村で働くよりも
数倍の高給なのです
(゜ロ゜)ギョエ!!
なので工場のある沿岸部に出稼ぎに来たからには
そのチャンスを活かすべく
10円でも多く稼ぐために
みんな必死になっているみたいです
(ノд-。)クスン
恵まれた日本人からすると
想像を絶する話です
(ノд-。)クスン
しかし彼らが低賃金で働いているのは
先進国の人間の責任でもあるのです
(o゜~゜)oホエ?
Made in Chinaの製品や食品を
好ましく思っている日本人はあまりいないだろうけど
それでも衣類や電化製品を中心に
中国製品が溢れている理由は
生産コストが安いからに他なりません
(´ロ`)
時給1000~2000円出して日本人に作らせるよりも
時給50円で中国人に作らせた方が
安いに決まっているのは当然です
(´~`)
かといって中国から工場がなくなったら
中国の工場労働者は仕事がなくなって
深刻な不況に陥るでしょう
(´ロ`)
ということは時給がいくら安くても
仕事がないよりはマシなのです
(゜~゜)
そういう視点から見ると
日本という国は恐ろしいほどに恵まれています
(゜~゜)
なぜなら日本は
資本主義経済においては圧倒的強者だからです
(゜~゜)
それが弱いものを踏みつけにして
強いものだけが栄える
資本主義の仕組みです
(o´~`)ノハーイ

d0164816_0234328.jpg

by fumiblog | 2010-07-15 00:34 | 旅行 | Comments(0)
[自由哲学1] 自由人間ふみっこ
かつてこの国では、サラリーマンは「社畜」と呼ばれていた
自由を奪われ、主体性を失い、会社に人生を捧げた家畜すなわち奴隷の意味で、彼らの滅私奉公ぶりや退屈な日常を嘲り、見下すのがカッコいいとされていた

ところが今や同じリベラル派の人たちが、「非正規社員を正社員にせよ」と大合唱している
正社員はサラリーマンであり、すなわち社畜のことだろう
驚くべきことにこの国では、いつのまにか社畜=奴隷こそが理想の人生になってしまったのだ

近頃は、誰も彼もが「この国には希望がない」と慨嘆する
だけど考えてみて欲しい
人生の目標が社畜になることなら、希望なんてあるわけない

(橘玲「貧乏はお金持ち」)

( ´~`)ノハーイ
私たちは社会に出たら
会社員になったり
公務員になったり
商売を始めたりします
(o゜~゜)oホエ?
それらをここでは「社会人」と呼ぶことにします
(゜~゜)
社会人は
社会に役割があり
仕事をしているので収入もあるけれど
自由がありません
(゜~゜)
仕事は毎日忙しく
朝から晩まで働いて
くたくたになって帰宅します
(´ロ`)
せめて1週間ぐらい休んで旅行に行こうとしても
まとまった休暇を取るのも難しい現実があり
仕事漬けの毎日です
(゜~゜)
それでも会社員は
派遣やバイトよりは待遇で恵まれています
(*゜~゜)
なのでハードワークにも耐えて
身を削って会社に奉仕します
(ノ´~`)ノ
気を緩めて
派遣やバイトに転落してしまったら
暗闇の人生が待っているからです
(ノ´~`)ノ
そんな厳しい社会人レースから脱落してしまった人は
無職やニートやひきこもりになります
(´ロ`)
ここではまとめてニートと呼ぶことにします
(゜~゜)
ニートは社会に役割がない代わりに
膨大な自由があります
しかし収入がないのでいつも金欠で
行動力もないので
その自由をなかなか活かせません
(´~`)
なので家で大人しくするのが普通です
(´ロ`)
それらがふみっこが考える日本社会の姿です
(゜~゜)
つまり社会人は過剰に働き過ぎて疲労困憊していて
一方でニートは自由なのに家で無為な毎日を過ごす
という
とても極端で両極に偏っているのがわかります
(゜~゜)
そして私たちは学生時代を終えて
社会に出たら
社会人として生きていくか
脱落してニートになってしまうか
おおざっぱに言えば
その2択しかないのです
Σ(゜~゜)ガビーン
そこに日本社会の閉塞感があります
((゜ロ゜))ブルブル
選択肢が少なすぎて
二十歳前後の若者が
将来に対して夢や可能性を感じにくいのです
((゜ロ゜))ブルブル
ふみっこも二十歳前後の頃は
社会に出たくないと思っていました
((゜ロ゜))ブルブル
なぜなら社会人たちの生き様が
とても楽しそうには見えなかったし
夜の電車で疲れきって帰宅するサラリーマンは
みんな死んだような目をしています
((゜ロ゜))ブルブル
かといって
ニートやひきこもりになりたいという人もいないでしょう
(゜~゜)
それは仕方のない逃避場所であり
自己肯定感や収入も得られないので
本当はそこから脱出したいと誰もが思っているはずです
(゜~゜)
では私たちは
理不尽なハードワークにも耐えて
社会人になるしか生きる選択肢はないのでしょうか?
(o゜~゜)oホエ?
しかしふみっこは
気づいたら上記2つのどちらでもない
第三極というべき道を歩んでいました
(o゜~゜)oホエ?
それが「自由人」です
(*^~^*)ノハーイ
そんなわけで
閉塞した日本社会における第三極の生き方
自由人とは何か?から
自由人になるための手段と哲学を
次回から考えていきます(続く)
(*^~^*)ノハーイ
by fumiblog | 2010-07-14 17:28 | ふみっこ哲学 | Comments(3)
ふみっこ哲学の正体
私は生涯のあらゆる時期に、多くの敵をもったが
しかしどの敵も私をいささかも損なわず
多くの敵はかえって私に積極的な利益をもたらした
(ヒルティ「眠られぬ夜のために」)

( ´~`)ノハーイ
このブログの今までの記事は
「ふみっこの○○」
というタイトルが多く
延々と自分のことばかり語っています
(´~`)アハハ
それはこのブログは
空想サイトとは別に作ったので
ここではふみっこの主観を好き勝手に書こうと思ったからです
(´~`)アハハ
しかし最近コメントを頂いたことで
判明したのですが
空想サイトを楽しんでくれた方が
何人かいらしてくれたみたいなのです
(*゜ロ゜)ギョエ!!
生きていて良かったと思いました
(つ~`)ぐすん
しかしそれは同時に
プレッシャーでもあります
(o゜~゜)oホエ?
誰からも期待されていなければ
好き勝手なことを書いても問題ないわけだけど
期待されていたら
ふみっこは自分のことを書きながらも
読者を満足させなければならないからです
((;゜ロ゜)オロオロ
しかし自分語りをしながらも
読者を満足させることが果たしてできるのでしょうか?
(o゜~゜)oホエ?
それはふみっこが
ただの自己満足で終わらずに
何か役に立ったり
新しい発見があるような
良質な情報や
良質な哲学を
提供できるかどうかにあるはずです
(゜~゜)
それがふみっこの今後の向上課題です
(´~`)ノハーイ
ところで
ふみっこのテーマを考えてみる過程が終わったので
それぞれのテーマの結論を
簡単にまとめます
(o゜~゜)oホエ?
哲学
「生とは自分固有の生きる意味を問う営みであること」
虚無主義
「虚無に陥ったら強く生きることに意味を求めること」
成功哲学
「自分で人生をコントロールすることを楽しむこと」
読書
「良質な情報にふれることに時間を使うこと」
海外一人旅
「一人で自立して生きるための訓練」
相場
「ふみっこの自己実現手段」
です
(´~`)
これらがいわばふみっこ哲学の概要になります
(o゜~゜)o
そのような哲学が必要になった理由は
ふみっこは「社会人」にならなかったことで
みんなと同じように普通に生きることが
できなくなったからです
((;゜ロ゜)オロオロ
普通に生きれないということは
自分固有の生き方を見出さなければなりません
((;゜ロ゜)オロオロ
それに加えて
この資本主義社会で単独で生きていくためには
成功哲学や合理的思考や
時間を有効に使うなどの自律が必要になります
((;゜ロ゜)オロオロ
結局生き方というのは
最初から見つかったり分かったりするものではなく
自分はこのようにしか生きれなかったという
結果として後から見えてくるものなんですね
(o゜~゜)oホエ?
なので私たちは
目の前で起きている問題に
地道に対処していくしかないのです
(゜~゜)ノぁぃ
それはたとえばふみっこの場合は
社会のレールから外れて
生きる理由がわからなくなったので
哲学や生物学の本を読んだとか
収入を安定させる必要があるので
成功哲学を学んだり合理的思考に目覚めたとかです
(゜~゜)
ということは
目の前に問題や困難があったからこそ
ふみっこは成長していくことができたのです
(゜ロ゜)ギョエ!!
目の前にある問題や困難というのは
自分を変えたり成長させることができる
ひとつの機会(チャンス)なのです
(゜ロ゜)ギョエ!!
そんなわけで向上を目指すふみっこは
今後の人生で問題や困難が生じたら
それは喜んで受け入れるべきであるし
むしろそれを待ち望むべきだということになります
(´~`)ノハーイ

日常のなかで問題にぶつかったとき、
これはチャンスだと思わないのはなぜなのでしょう?
それはそもそも、問題を歓迎するような教育を受けていないからです
問題は避けるべきものであり、不満のタネになるものなのだと教えられています
(ティナ・シーリグ「20歳のときに知っておきたかったこと」)

by fumiblog | 2010-07-11 16:47 | ふみっこ哲学 | Comments(7)