<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
安定のための人生と情熱のための人生
d0164816_22181214.jpg
アメリカ サンフランシスコ近代美術館 SFMoMA (2010/9/23)

市場経済とは、お金がないと生きていけない社会だ
そしてお金を稼ぐ方法は、この世の中にたったふたつしかない

働いてお金を稼ぐちからのことを、人的資本という(要するに労働力のことだ)
稼いだお金が蓄積したものが、金融資本(預貯金)だ

このように整理すると、労働と投資を同じ土俵で考えることができる
すなわち、

人的資本を労働市場に投資する
金融資本を金融市場に投資する

この二種類の「投資」以外に、お金は手に入らない

(橘玲公式サイト)

( ´~`)ノハーイ
サラリーマンの生涯賃金は
2~3億円ぐらいとされています
(o゜~゜)oホエ?
その多くが毎月の生活費や住宅ローンや子どもの養育費に消えるとしても
3億って想像を絶する額ですよね
(゜ロ゜)
個人でビジネスを始めようとしても
定年まで続けることができて
トータルで2~3億も稼げる人は
あまりいないんじゃないでしょうか?
(o゜~゜)oホエ?
そう考えると会社員という選択は
やはり手堅い気がします
(゜~゜)
それは特別な才能や情熱がなくても
言われたことをやっていれば
生きていくのには困らない給料が毎月得られるからです
(´~`)
あとは倒産やリストラなどのリスクを回避できれば
定年まで働き続けることができるのも大きなメリットです
(゜~゜)
若い頃に才能や勢いだけで仕事をしていた人が
40とか50になって仕事に行き詰ったり職を失ったりしたら
家族もいるだろうしかなり困りますよね
(゜~゜)
でも会社員ならずっと自分の居場所があり
定年まで働き続けることができます(リストラ・倒産を除く)
(゜~゜)
そう考えると大企業というのは素晴らしいですね
(o゜~゜)oホエ?
安定性と高収入が両立しているからです
(*゜~゜)ぐふふ
つまり安定した人生を送るためには
会社員(または公務員)が最善の選択であり
実際に多く人がその選択肢を選びます
(o゜ロ゜)o会社員ください
しかし人間は
安定のためだけに生きるわけではありません
(o゜~゜)oホエ?
一度きりの人生で
どうしてもやりたいことがあり
そのために生きるという情熱
(゜~゜)ノ
安定性、経済性、世間体は二の次で
とにかくやりたいことがあり
それを実現しなければならないという情熱
(゜~゜)ノ
それが情熱のための人生です
(*^~^*)ノハーイ
ふみっこもまた
その情熱をエネルギーにして
世間の安定路線には目もくれず
無職という荒野を突っ走ってきました
(´~`)アハハ
大学卒業後から今までの人生を振り返ると
情熱のための人生だったと思うのです
(゜~゜)
その情熱とは
誰にも頼らずに自分ひとりで
働かずに生きていくことです
(≧~≦)ぶは
by fumiblog | 2011-06-28 22:35 | ふみっこ哲学 | Comments(7)
インターネット節約法
d0164816_092453.jpg
ノルウェー オスロ ノーベル平和センター (2011/5/3)

情報を吸収し、発信し、広める力という観点でみれば、人生が二倍になる
そして、人類がひとつの大きな家族になり
おなじ言葉を話し
おなじような法律に全員が従い
唯一の神を崇める時代がくると期待しても、的外れではないだろう

すべての町、すべての都市に知識が行き渡り、知性が普及して
やがて「普遍的な善」に向かうのは、疑いをいれない

※イギリスで初めて鉄道が開通した頃のある論者の言葉

(エドワード・チャンセラー「バブルの歴史」)

( ´~`)ノハーイ
旅行から帰ってきたあと
久しぶりに風邪をひきました
(´ロ`)ゴホゴホ
風邪をひいてる時って
汗をかいた方がいいっていうじゃないですか
(o゜~゜)oホエ?
それが本当かどうか検索してみたら
風邪は病気ではなく
体内に溜まった毒素を
発汗などによって排出するための
自己治癒的な正常化現象だという説が載っていました
(o゜~゜)oホエ?
風邪のときに熱っぽくなるのは
毒素を体外に排出するために必要なのだそうです
(゜~゜)
なので熱を冷ますとそのプロセスが妨げられるので
よくないのだそうです
(゜~゜)
そんなこと全然知らなかったけど
なんか納得しました
(´~`)
ところでふみっこは海外に行くときいつも
カシオの980円の腕時計を着けていきます
(o゜~゜)oホエ?
もっといい時計もあるのだけど
無くしたら嫌だし
海外では貧しそうな格好をしていた方が安全だからです
(´~`)
そしてこの時計の電池が先日切れたのだけど
時計の電池交換って1000~2000円ぐらいしますよね
(o゜~゜)o
なので買い直した方が安いなと思ったのだけど
試しに「製品名 電池交換」で検索したら
マイナスドライバーでこじ開けて自分で交換できる方法が
個人ブログに載っていたのです
(*゜ロ゜)ギョエ!!
そんなわけで電池代300円だけで交換できました
(*^~^*)ノ
さらに少し前に
デジカメで撮った写真に
黒いシミが同じ部分に写り込んでいるのに気づきました
(o゜~゜)oホエ?
レンズを入念に拭いても変わらなくて
レンズ内に小さなチリが付着しているようでした
(゜~゜)
それで「デジカメ レンズ シミ」などで検索したら
一眼レフなら自分で取り除けるけど
コンパクトデジカメは修理に出さなければ無理だとありました
しかもふみっこの機種は修理代16000円もかかるというのです
Σ(゜~゜)ガビーン
それなら新しいのが買えますよね
(´ロ`)
でもさらに調べたら
600円ぐらいで売っているエアダスター
レンズの隙間から吹き当てることで
そのチリを吹き飛ばせるというのです
(*゜ロ゜)ギョエ!!
そうしてエアダスターを買って試してみたら
見事にチリがどっかに行って
正常な状態に戻りました
(*^~^*)ノ
ところでこの前
福島原発から放出された放射線が
どこらへんに降り注いでいるのかが
よくわかる動画を見ました
(o゜~゜)oホエ?
これを見ると
風は西から東に向かって吹くので
その多くが太平洋に降り注いで
新潟なんかは福島の隣県にも関わらずほとんど被害がないんですよね
(゜ロ゜)
後半はもんじゅが爆発した際のシュミレーションなのだけど
意外なことに大阪の被害は軽度で
中京圏と関東圏が壊滅的な被害を受けることがわかります
(´~`)
これを頭に入れておくと
いつか爆発した時にどの方向に逃げればいいかわかります
(≧~≦)ぶは
ところでふみっこはなるべく
関東産や東北産の野菜や食品を食べないようにしています
(o゜~゜)oホエ?
メディアは風評被害だと言っているけど
もちろん生産者や農家に罪はなく
悪いのは津波や電源喪失のリスク管理を怠った東電なので
東電(と政府)が広範に補償すべきなんですよね
(゜~゜)
でもメディア報道を見てるとまったく期待できないので
自衛するしかありません
(´ロ`)
でも生産地が書いてある食品もあれば
本社の場所しか書いてない食品もありますよね
(o゜~゜)oホエ?
それは「製品名 工場」で調べるか
製造所固有記号@ウィキで調べることができます
(≧~≦)ノハーイ
by fumiblog | 2011-06-24 00:21 | ふみっこ哲学 | Comments(35)
[旅行] 都会人の戦い
d0164816_18143726.jpg
金沢 兼六園 (2011/6/19)

人々はいつも私をとくに幸福に恵まれた者として賞賛します
けれども、私の人生は基本的には苦心と苦労のほかにはありませんでした
いままでの75年を通じて、ほんとうにくつろいだのは4週間もなかったのです
(ゲーテ)

( ´~`)ノハーイ
ふみっこは月1回ペースで旅行することにしていて
この週末は富山と金沢に小旅行に行きました(6/17~6/19)
行き ANA 羽田-富山
帰り ANA 小松-羽田
(o゜~゜)oホエ?
目的は金沢の兼六園に行くことなのだけど
でも金沢は1日で良さそうだったので
ついでに隣の富山にも行くことにしました
(o゜~゜)o
富山は人が少なく
街が静かできれいでトラムが走っていたりして
北欧に少し似ていました
(゜~゜)シーン
富山市の人口は40万人とあるのだけど
正直言って
そんなに人が住んでる感じがしません
(´~`)アハハ
賑わいがなく
時間がゆったりと流れていて
別の国に来たような感覚になります
(´~`)
それに比べると金沢は都会で
観光客も多く
加賀百万石の輝きを放っているようでした
(*゜ロ゜)ノ
でも金沢は大阪に近いので
関西圏の雰囲気が漂ってるんですよね
(´~`)
ふみっこは別の文化圏に来たことで
自分が東京人であることを
嫌でも意識せざるを得ないような気分になりました
(゜~゜)
そしてふみっこが感じた北陸の人たちの特徴は
人当たりが柔らかくて
慌しくなくて
いい意味でゆとりがあることです
(´~`o)
一方で都会人の日常は忙しく
動作が機械的に素早く移動も足早で
朝から晩まで猛烈に働いて
のんびり過ごす余裕もあまりなく
常に時間に追われています
((;゜~゜)オロオロ
休日に遊びや買い物に行くにしても
電車や道路は混雑していて
辿り着いた先も人混みで
カフェも満席が多かったりで休息することもままなりません
((;゜~゜)オロオロ
都会の女性はファッションやメイクに気合を入れるので
そのぶん時間やお金がかかります
((;゜~゜)オロオロ
そんな過酷な競争社会の中で
人々の心は次第に冷めて打算的になり
仕事人間になって他のことを犠牲にしたり
心を病んだり
空想哲学者になったりします
(≧~≦)ぶは
都会はいろいろあって便利だし
仕事機会も多くて平均年収も高めだけれど
それだけ負荷を強いられているのだ
ということに気づかされました
(゜~゜)
それでも都会人にとっては
より多く稼ぐために
より美しくなるために
より楽しい娯楽を求めて
猛烈に生きることが当たり前の日常であり
スローダウンすることはできないのです
(゜~゜)
そんな都会人ふみっこの仕事は
15時30分に終わります
(≧~≦)ぶは


行ったところレビュー

○富山
・富山市役所 展望塔 ☆☆☆
・富山城 ☆☆☆

○高岡
・高岡大仏 ☆☆☆
・高岡古城公園 ☆☆
・万葉線~海王丸パーク ☆☆☆☆
・高岡市立中央図書館 藤子不二雄コーナー ☆☆☆

○金沢
・近江町市場 ☆☆☆
・ひがし茶屋街 ☆☆☆☆
・兼六園 ☆☆☆☆
・金沢城公園 ☆☆☆
・金沢21世紀美術館 ☆☆☆☆☆
by fumiblog | 2011-06-20 18:33 | 旅行 | Comments(17)
プロの意見を聞く
d0164816_18142317.jpg
鎌倉大仏 (2008/7/20)

自分の生き方や考え方、態度が
「正しいかどうか」を自問する代わりに
それで「上手くいっているかどうか」を自問して欲しい

「自分は正しい」とか「自分が正しいことを認めさせる」
といったことは忘れよう
今のやり方で上手くいかないなら、違う方法を取ることだ

「上手くいっているか、いっていないか」が
あなたの考え方や行動をはかる物差しになる

(フィリップ・マグロー「史上最強の人生戦略マニュアル」)

( ´~`)ノハーイ
人は「自分の考え」や「思い込み」によって
日々の行動を選択して生きていきます
(o゜~゜)oホエ?
その自分自身が
「つまらない考えや思い込み」を持っていたら
一体どうなるでしょう?
(o゜~゜)oホエ?
自分を動かす司令塔(=自分)が
つまらない命令を出し続けると
つまらない人生になる確率が高まるはずです
Σ(゜~゜)ガビーン
人は誰しも
自分の考えや意志は正しいのだと思いたいわけです
(゜~゜)
自分は間違っていることを認めるのは
辛いことだからです
(ノд-。)クスン
でも人生って
10代の頃から自分の考えや行動はすべて正しかった
なんてことはありえないと思うのです
(゜~゜)
数年前とか若い頃のことを回想すると
自分がいかに幼稚でくだらないことをしてきたか
無駄な回り道をしてきたか
非合理的だったか
といったことを思ったりしませんか?
(o゜~゜)oホエ?
そういった無為なことでも
楽しければいいのかもしれないけれど
ふみっこはそれで人生が上手くいってなかったので
昔の自分の思考や行動は正しくなかったと言えます
(つ~`)
それでも自分が正しくないことを認めて修正するのは
簡単なことではありません
(゜~゜)
なので手っ取り早いのは
自分の人生が上手くいかないのは
政治や社会や会社や教師や親が悪いからだ
と思うことで責任を回避することです
(´~`)ノポイ
でも今の自分の状況を
冷静に捉えて
現状に満足できなかったり
いい方向に進んでいると思えなかったら
それは司令塔(=自分)が
正しくない命令を発しているからだ
と言えるのではないでしょうか?
(゜~゜)
そんなとき自分を変えるためには
どうすればいいのでしょう?
(o゜~゜)oホエ?
それは自分の考えに固執するのをやめて
自分よりも優れた人
プロフェッショナル・専門家・成功者などの意見を聞いて
それに従って行動することです
(゜ロ゜)
そのためにはやはり
本(実用書)を読むのが一番だと言えます
(o゜~゜)oホエ?
ブログとかなら誰でも書けるけれど
本(実用書)はその分野で一定の成果を出している専門家でなければ
出版できないからです
(゜~゜)
ところでふみっこ自身も
向上するために&勝者のメンタリティを身につけるために
自己啓発や成功哲学の本を
たくさん読だのだけど
そういった本の著者は
本を読む、テレビを見ない、ギャンブルをしない
といった習慣を共通して持っていました
(゜ロ゜)
それは簡単に言えば
時間を無駄にしないということであり
それが昔と今のふみっこの最大の違いかもしれません
(o゜~゜)o
それ以外にもふみっこは
多くのことを本から学びました
(o゜~゜)oホエ?
株の本で学んだことは
合理的に考えること
(´~`)
人間関係の本で学んだことは
相手を肯定すること
(´~`)
哲学の本で学んだことは
疑問を持って考えること
(´~`)
ニーチェの本で学んだことは
強さへの意志を持つこと
(´~`)
虚無的な本で学んだことは
人生とは虚しく生きる価値はないことです
(≧~≦)ぶは
by fumiblog | 2011-06-08 18:50 | 成功哲学 | Comments(42)
愛とは肯定すること
d0164816_2240668.jpg
パリ ヴェルサイユ宮殿の庭園 (2009/9/24)

今の社会は非常に攻撃的です
「いいんだよ」じゃない。「だめだよ」です
「何やってんだ」と上司は部下を叱責する
部下は家に帰って奥さんに当たる
奥さんは子どもに当たる
子どもは学校で「こんな問題もできないのか」と叱責される
世の中全体が攻撃的になって、そのイライラが子どもたちに集約される
(水谷修「夜回り先生と夜眠れない子どもたち」)

( ´~`)ノハーイ
恥ずかしながら
今回は愛について考えます
(≧~≦)
一言で愛と言っても
恋愛、家族愛、友愛、人類愛
など多様です
(゜~゜)
でも私たちはそれらをひっくるめて
愛という言葉を使ったりします
(゜ロ゜)
そんな愛とは一体何なのでしょう
(o゜~゜)oホエ?
ふみっこはその答えの一端を
夜回り先生の「いいんだよ」という言葉に感じました(リンク先の上に引用)
(o゜~゜)oホエ?
みんなが否定的な感情を持つ
反社会的な非行行動すらも
夜回り先生は肯定して受け入れるのです
(゜ロ゜)ギョエ!!
それにはもちろん理由があります
(゜~゜)
たまたま愛のない家庭環境に生まれて
親から徹底的に否定されたり虐げられながら育つと
その子は「愛」を知らずに育つので
「自分自身」や「周囲の人々」を愛することが難しくなります
(゜~゜)
それは学校でのイジメでも同様だと言えます
(゜~゜)
その結果
自己肯定感を持てなかったり
人間不信になったり
ひきこもったり
非行に走ったり
犯罪者になったり
空想哲学者になったりします
(≧~≦)ぶは
そんな非行少年少女たちを
救い出して更正させる活動を
夜回り先生は10年以上続けて
そうして辿り着いた最終哲学が
「いいんだよ」なんですね
(o゜~゜)oホエ?
つまり人は親や他者から否定されることで
歪んだり自信をなくしたりして
おかしくなっていきます
(´ロ`)
すると自分自身に対しても
また周囲の人々に対しても
否定的な感情を抱いてしまいます
(´ロ`)
つまり周囲に対して否定的な人や
反社会的な非行行動を取る人は
今まで自分が否定されてきた分を
人々や社会に対して否定し返しているに過ぎないのだと言えます
(゜~゜)
凶悪犯罪者と言われる人たちは
劣悪な家庭環境で育ったケースがとても多いのです
(ノд-。)クスン
反対に親や他者から肯定されて(=愛されて)育つと
人は自信や自己肯定感を得て
自分や他者を愛することが容易になります
(*゜ロ゜)ノ
すると周囲の人々にも肯定的な感情を持ち
「人のため社会のために役つ仕事がしたい」とか
「(災害時は)人助けやボランティアをしたい」
といった献身的な感情を持ったりします
(*゜ロ゜)ノ
人間はなんと単純な生きものなのでしょう
(´~`)アハハ
子どもの頃から肯定されて生きるか
否定されて生きるかで
その後の人生や人格形成に大きな影響を与えるのです
(゜~゜)
それでも今まで否定されて生きてきた人も
否定され続けてきたからこそ
「いいんだよ」という肯定が
その人に大きな変化をもたらしうるのであり
夜回り先生と子どもたちの話には
そういう感動ストーリーがたくさんあります
(つ~`)ぐすん
もし周囲に肯定してくれる人がいなかったら
周囲の人を自分から肯定してみてください
(o゜~゜)oホエ?
するとこだま効果で肯定が返ってくるはずです
(´~`)アハハ
そのように私たちは日々
肯定・否定をすることやされることによって
誰かに影響を与えたり
誰かから影響を受けたりしています
(゜~゜)
そして日本は資源のない極東の小国でありながら
世界的に極めて高い生活水準と裕福さを維持している理由は
学生は猛烈に勉強し
社会人は猛烈に働いているからで
つまりは熾烈な競争社会だからなのです
(゜~゜)
なので多くの大人は余裕がなく
もっとしっかりやれ!こんなんじゃダメだろ!
と生徒や部下を否定することが多くなります
(つ~`)
そして多くの親も競争社会を日々生きているので
あまり余裕がなく
子どもたちを誉めること(肯定)よりも
叱ること(否定)の方がずっと多くなってしまうのです
(゜~゜)
つまりそれが日本が物質的に豊かでありながら
精神的にはあまり豊かではないと言われる理由です
(つ~`)
なので私たちが
周囲の人間関係や家族関係をいい方向に持っていくためには
「ダメだよ」と否定するのではなく
「いいんだよ」と肯定して受け入れて
すると相手も心を開くので
話を聞いて一緒に問題の解決を探る
といった姿勢が必要になるんですね
(o゜~゜)o
そんなふみっこ自身は虚無主義者なので
「どうでもいいんだよ」と思ってしまうのですが
(≧~≦)ぶは
by fumiblog | 2011-06-01 23:00 | 空想哲学 | Comments(17)