<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
[GW旅行4] ふみっこin大英帝国の輝き(スコットランド エディンバラ&グラスゴー)
d0164816_1102576.jpg
d0164816_1103119.jpg
d0164816_111117.jpg
d0164816_1103481.jpg
d0164816_193450.jpg
d0164816_1103625.jpg
( ´〜`)ノハーイ
アイルランドのダブリンから
スコットランドのグラスゴーまで
フライト移動して(片道6000円)
スコットランドにやって来ました
(o゜ロ゜)o
スコットランドはイギリス連合を構成する
国のひとつです
(o゜〜゜)oホエ?
イギリスとは厳密には4つの国からできているのだけど
(イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランド)
それぞれの国は非独立国で
4つの国が合わさって
イギリスというひとつの国家になっています
(o゜ロ゜)o
そしてスコットランドの人口は500万人
イギリス全体の人口は6000万人なので
スコットランドの占める比率は
10分の1に過ぎません
(゜〜゜)
なのでスコットランドは
面積も人口も
アイルランドと同じぐらいです
(o゜ロ゜)o
しかし街の雰囲気は
アイルランドとは決定的に異なります
(o゜〜゜)oホエ?
スコットランドの2大都市
エディンバラとグラスゴーを見てよくわかったのは
この2都市は大英帝国の輝きというべき
威厳を放っているのです
((゜ロ゜))プルプル
アイルランドという辺境の国から来たので
余計そう感じるのかのしれないけれど
大英帝国の輝きを前にすると
アイルランドが片田舎でしかなかったことがよくわかります
(つ〜`)ぐすん
3年前ロンドンに行った時も思ったのだけど
ロンドンやエディンバラの壮大な街並みを見ると
かつて大英帝国が世界を席巻し
英語が世界共通語になった理由が
よくわかります
(o゜〜゜)oホエ?
街並みに威厳があり
人々は真面目でピシッとしていて
全体的にクオリティが高いです
(゜〜゜)ピシッ
日本の街並みはごちゃごちゃしていて
センスのない原色の看板が氾濫し
統一感がなく美しくないですが
人々の真面目さという点では
日本とイギリスやドイツは共通していると言えるでしょう
(゜〜゜)ピシッ
だからこそ
イギリスは大英帝国を
ドイツはナチスドイツを
日本は大日本帝国を形成し
かつて世界の覇権をその手に握ろうとしたという
歴史を持っているんですね
(o゜ロ゜)o
逆にイギリスの永遠のライバル国フランスは
ラテン系なので適当でいい加減なところがあり
街もゴミが散乱していたり不清潔なので
イギリスとフランスに旅行に行くと
19世紀のナポレオン戦争で
フランスがイギリスに勝てなかった理由がよくわかります
(≧〜≦)ぶは
ところでグラスゴーは1日
エディンバラは2日観光したのだけど
特にエディンバラはかなり魅力的な街で
いい意味で驚きました
(*゜ロ゜)ギョエ!!
エディンバラは北方にあって
アクセスがあまりよくないにも関わらず
イギリス国内でロンドンに次いで観光客が多い都市なのだけど
それだけの魅力が確かにあります
(*゜ロ゜)
ロンドンが日本における東京だとしたら
京都に該当するのがエディンバラで
エディンバラ城を頂点とした美しい街並みは
重厚な歴史と独特な雰囲気が漂っていて
しばらく住みたくなります
(*゜ロ゜)
見所もかなり充実していて
今回の旅のハイライトは
エディンバラで迎えてしまった感じです
(*゜ロ゜)
そんなわけで
エディンバラを離れるのが名残惜しいのだけど
今日はグラスゴーから再びフライト移動して(片道16,000円)
さっき氷の国アイスランドに着いたところです
(ノ゜〜゜)ノ

■エディンバラの見所レビュー
・エディンバラ城 ★★★★★
・聖ジャイルズ大聖堂 ★★★★★
・ホリルードハウス宮殿&庭園 ★★★★★
・クイーンズギャラリー ★★★
・ロイヤルマイル散策 ★★★★★
・スコットランド国立博物館 ★★★★★
・スコットランド国立美術館 ★★★★
・カールトンヒルからの眺め ★★★★★
・スコットモニュメントからの眺め ★★★★
・カメラオブスキュラ ★★★★★
・ブリタニア号 ★★★★

■グラスゴーの見所レビュー
・グラスゴー大聖堂 ★★★★
・ケルヴィングローブ美術館&博物館 ★★★★
・ブキャナンストリート散策 ★★★★

■スコットランドの物価
・500ml水スーパー 65円 (0.5GBP)
・500ml水キオスク 200円 (1.5GBP)
・グラスゴーの地下鉄 160円 (1.2GBP)
・エディンバラの市内バス 180円
(1.4GBP)
・駅のトイレ 40円 (0.3GBP)
・エディンバラ~グラスゴー間の鉄道片道(所要50分) 1570円 (12GBP)
・ビッグマックのセット 510円 (3.89GBP)
・バーガーキング ワッパーのセット 770円 (5.89GBP)
・サブウェイのサンドイッチ&ドリンクセット 390円 (3GBP)
by fumiblog | 2012-04-30 01:07 | 旅行 | Comments(8)
[GW旅行3] ふみっこinモハーの断崖&カイルモア修道院(アイルランド)
d0164816_454485.jpg
d0164816_4541183.jpg
d0164816_4542046.jpg
d0164816_4542238.jpg
d0164816_4542519.jpg

( ´〜`)ノハーイ
ゴールウェイを拠点としたアイルランド西岸観光
昨日はモハーの断崖に行きました
(o゜〜゜)oホエ?
モハーの断崖は海抜200mの断崖絶壁で
先日のドン・エンガス(100m)よりもずっと高く
その断崖が8km続いています
((゜ロ゜))プルプル
すげーすげーと何度もつぶやいてしまう迫力です
((゜ロ゜))すげーすげー
その8km続く崖っぷちを
歩いて見て回れるのだけど
やはり柵がなく
崖の先端は草が茂っていて
ギリギリまで行くと
草で足を滑らせて落ちそうで
かなり怖いです
((゜ロ゜))うひゃーうひゃー
モハーの断崖は一大観光地になっていて
ドン・エンガスと比べて100倍ぐらい観光客が多く
年間100万人が訪れるらしいのだけど
誤って足を滑らせる人がいないのか
かなり疑問です
((゜ロ゜))プルプル
というのも陽気な外人どもは
崖のギリギリまで行って記念撮影に興じているのだけど
足を滑らせたり
誰かがふざけて押しただけで
簡単に墜落するんですよね
(o゜ロ゜)o
なので検索してみたのだけど
やはり毎年何人か
自殺や事故で墜落するそうです
(´〜`)アァー
それでも変わらず営業してるのが凄いけど
何が起きてもすべて自己責任みたいです
(´〜`)
そして今日はコネマラ地方のカイルモア修道院に行きました
(o゜〜゜)oホエ?
ここは森の湖畔に
ひっそりとたたずむ小さな城で
その景観がとても美しい&珍しいので
行ってみたいと思って行きました
(*゜〜゜)o
実際のカイルモア修道院は
期待を裏切らない美しさだったのだけど
今日は天気が悪く
横殴りの雨と暴風で
かなり寒かったです
((゜ロ゜))プルプル
カイルモア修道院は中にも入れるのだけど
内部はこじんまりとしていてごく普通でした
(´〜`)
というわけで今夜はバスで再びダブリンに戻り
(今はWi-Fi付きのバス車内)
明日はスコットランドのグラスゴーにフライト移動なので
アイルランド観光は早くもこれで終わりです
(つ〜`)ぐすん
というわけでまとめると
ふみっこ的にアイルランド観光の目玉は
やはり断崖絶壁で
人の命の儚さを感じながら
人生について考え直すことができます
(*´〜`)ノハーイ

■アイルランド見所総合レビュー
・ダブリン ★★★★
・ゴールウェイ ★★
・イニシュモア島&ドン・エンガス ★★★★★
・モハーの断崖 ★★★★★
・カイルモア修道院 ★★★
by fumiblog | 2012-04-26 04:43 | 旅行 | Comments(0)
[GW旅行2] ふみっこin断崖の絶壁(アイルランド ドン・エンガス)
d0164816_619584.jpg
d0164816_619857.jpg
d0164816_7292984.jpg
d0164816_6191175.jpg
d0164816_6191460.jpg
生きたけりゃ勝手に生きればいいし
死にたければ勝手に死ねばいい
生きるなんて、たぶんその程度のものだ
(鶴見済「完全自殺マニュアル」)

( ´〜`)ノハーイ
東海岸のダブリンから
西海岸の都市ゴールウェイに
昨夜バスで移動しました(1080円 10EUR)
(o゜ロ゜)o
ゴールウェイは人口7万人の小都市なのだけど
それでもアイルランド第4の都市です
(´〜`)
西海岸は見所が多いので
ゴールウェイに3泊して
日帰りで近郊の見所を見ていきます
(o゜ロ゜)o
今日行ったのは
アイルランド屈指の見所とされている
アラン諸島のイニシュモア島という島で
ゴールウェイからバスとフェリーを乗り継いで
日帰りで行ける観光地です
(バス&フェリー往復 3500円 32EUR)
(o゜ロ゜)o
そのイニシュモア島最大の見所が
ドン・エンガスという断崖絶壁です
(゜ロ゜)
ここはフェリーの発着場から7km離れているので
ミニバスツアーかレンタサイクルでしか行けないのだけど
ふみっこはレンタサイクルで行きました
(゜ロ゜)
明日行く予定のモハーの断崖も含めて
アイルランドは断崖絶壁が
国を代表する見所になっています
(o゜〜゜)oホエ?
断崖が見所?
そんなのわざわざ見に行くものなのか?
と思っていたのだけど
ドン・エンガスの絶景を見て納得しました
(o゜〜゜)oホエ?
ドン・エンガスは高さ100mの崖っぷちで
真下が海で
崖から足を踏み外したら
海に墜落して死にます
((゜ロ゜))ブルブル
そんな危険スポットでありながら
柵も注意書きも警備員も一切なく
誰でも足を踏み外しただけで
自由に飛び降りることができます
(゜ロ゜)ギョエ!!
その「落ちたい人は勝手に落ちてください」
という突き放した態度に衝撃を受けました
((゜ロ゜))ブルブル
日本なら厳重に柵をした上で
さらに注意書きの嵐だと思います
(´〜`)アハハ
なのでこれは日本ではありえません
(゜〜゜)
日本で言うなら誰でも入れる高層ビルの屋上に
何も柵がなく
端まで歩いていくだけで落ちてしまうのと同じです
(゜〜゜)
ふみっこは断崖の淵に立って
人生について考えました
(゜〜゜)
ここから一歩海へと踏み出したら
確実に死んでしまう
(゜〜゜)
恐ろしいのだけど
一方でなぜか
「ウキャー」と叫びながら
突発的にダイブしたくなるような
狂気的な誘惑にも駆られます
(゜Д゜)ハァ?
ふみっこは自殺願望など皆無なのだけど
すぐそこに死の世界が口を開けて待っているのを見ると
自分の感覚も狂気的になっていくのを感じます
(*゜〜゜)クラクラ
身を投げて飛び込んでしまえば
一瞬ですべてが終わり
もう何かで苦しむこともなくなります
(´〜`o)ぽっくり
それはある人にとっては
希望でもあるのでしょう
(o゜〜゜)oホエ?
つまり自殺というのは
命を粗末にする愚かな行為ではなく
さまざまな不幸や不運で
人生の崖っぷちに追い詰められてしまった人が
「もう楽になりたい」
「すべてを終わらせたい」
という願いを叶える希望でもあるのですね
(o´〜`)ノふわーい
by fumiblog | 2012-04-24 06:11 | 旅行 | Comments(4)
[GW旅行1] ふみっこin普通のヨーロッパ(アイルランド・ダブリン)
d0164816_3193745.jpg
できれば無難に時を過ごし、春からは自分の研究と、平凡で穏やかな家庭を築くんだ
平凡・・・それこそが僕の理想だ
優しい時の流れは、いつもそこに用意されているのだから
(野島伸司「高校教師」)

( ´〜`)ノハーイ
ふみっこは大学のバックパッカー時代に
南欧と東欧をけっこう旅したのだけど
物価の高いヨーロッパ北西部はずっと未踏の地でした
(゜〜゜)
その未踏地域を埋めるように
過去3年間
毎年1回ヨーロッパに行ってるのだけど
2009秋 ロンドン・パリ・モンサンミッシェル
2010GW ドイツ・スイス
2011GW バルト三国・北欧4ヶ国
今年もGWに2週間行きます
(o゜ロ゜)o
今回の目的地は北西ヨーロッパの辺境の国々
アイルランド・スコットランド・アイスランドです
(ノ゜〜゜)ノ
そして一昨日
成田からロンドンまで12時間
ロンドンからダブリンまで1時間の長いフライトを経て
アイルランドの首都ダブリンに着きました
(o´ロ`)oくったり
アイルランドという国は日本人にとって
あまり馴染みがないと思うけど
イギリスの隣にある島国です
(o゜〜゜)o
人口は400万人で
面積は北海道と同じぐらいです
(o゜〜゜)o
ちなみに昨年訪れた北欧諸国は人口1000万人ぐらいなので
アイルランドはヨーロッパの中でも小国だと言えるでしょう
(゜〜゜)
日本と同じで天然資源もまったくなく
かつては貧困やじゃがいも飢饉の影響で
数百万人のアイルランド人が
新大陸アメリカへと移住していきました
(゜〜゜)
かつての支配国である大英帝国イギリスにはいい感情を持っていないので
より自由なアメリカに新天地を求めたんですね
(゜〜゜)
映画タイタニックのレオナルド・ディカプリオが演じた男も
豊かなアメリカを夢見て船に乗り込んだ
アイルランドの貧しい青年でした
(゜〜゜)
なのでアメリカはアイルランド系アメリカ人が多く
人口の1割ぐらいがそうみたいです
ジョン・F・ケネディもその一人です
(゜〜゜)
しかし近年は法人税を極めて低くして外資の進出を促したことで
アメリカのハイテク産業などが
ヨーロッパの製造・事業拠点として多く進出して
それがアイルランド経済の原動力となり
今では先進国レベルの経済的豊かさを得ています
(o゜ロ゜)o
つまり過去も現在もアメリカとの結びつきが強い国なんですね
(゜ロ゜)
そんなアイルランドの首都ダブリンは
人口100万人都市なのだけど
メインストリートから外れると
ほとんど人通りがなくてうら寂しい感じです
(つ〜`)ぐすん
世界中どこにでもいる日本人旅行者も
この国ではなぜかまったく見ません
(゜〜゜)
外務省のサイトのアイルランドとイギリスの項目を見てわかったのだけど
イギリスを訪れる日本人旅行者が
年間33万人なのに対して
アイルランドは年間わずか1万人なのです
(゜ロ゜)ギョエ!!
そんなわけでアイルランドは
ヨーロッパの辺境の国と言うにふさわしいでしょう
(゜〜゜)
そして昨日の朝からダブリン観光を始めたのだけど
最初に聖パトリック大聖堂という教会に行きました
(o゜〜゜)o
ここはヨーロッパ的な普通の教会なのだけど
普通であるがゆえに
ふみっこの中のヨーロッパの記憶が
一気に呼び戻されました
(゜ロ゜)ヒュルルル
ヨーロッパは国が違っても
基本的なことはよく似ています
(゜〜゜)
その後も市民公園やダブリン城や国立博物館などの見所を
見て回ったのだけど
やはりどこかで見たような
典型的な「普通のヨーロッパ」の光景が広がっていました
(o゜ロ゜)o
北ヨーロッパなので
しいて言えばロンドンや北欧に似ているのだけど
ロンドンのような壮大さや賑わいはなく
北欧のような超先進国的な洗練さもありません
(o゜〜゜)o
人々の表情も温和で
あまりにも平穏
何の緊張感もなく
平凡であるがゆえの
穏やかな時が流れています
(´〜`o)ほっこり

■ダブリンの見所レビュー
・聖パトリック大聖堂 ★★★★
・セント・スティーブンス・グリーン公園 ★★★★
・トリニティーカレッジ Old Library ★★★★★
・クライストチャーチ大聖堂 ★★
・ダブリン城 ★★★
・国立考古学・歴史博物館 ★★★

■ダブリンの物価(日本と同じぐらい)
・500ml水 スーパー 60円 (0.5EUR)
・500ml水 キオスク 110~160円(1EUR~1.5EUR)
・市内トラム初乗り 170円 (1.6EUR)
・ビッグマックのセット 650円(5.95EUR)
by fumiblog | 2012-04-24 02:37 | 旅行 | Comments(0)
人生とは一体何だったのか?
d0164816_22581391.jpg
フィンランド バルト海 (2011/4/30)

明日、また明日、また明日と
時は小きざみな足どりで一日一日を歩み
ついには歴史の最後の一瞬にたどりつく

人生は歩き回る影法師、あわれな役者だ
舞台の上でおおげさに見栄を切っても、出場が終われば消えてしまう
白痴のしゃべる物語だ
わめき立てる響きと怒りはすさまじいが、意味は何ひとつありはしない
(シェイクスピア「マクベス」)

( ´~`)ノハーイ
ふみっこは時々
意味もなく虚無感に襲われることがあります
(o゜~゜)oホエ?
それはなんというか
どうしようもなく
人生に意味のなさを感じてしまうのです
(゜~゜)
普段楽しんだり夢中になったり
一喜一憂したりすることに対しても
なんだか表面的なことに感じられて
虚しく感じてしまう時があるんですね
(゜~゜)
このブログでよく書いている
成功や向上を目指すといったことも
どうでもいいことのように感じる時があります
(゜~゜)
そういう時は視点が俯瞰的になって
「人生とは一体何なのだろう?」
などと思いを巡らせたりします
(゜~゜)
そうして人生を俯瞰的に考えると
奇妙なのは
人生は必ず終わることが決まっていることです
(゜~゜)
人はみんないずれ死ぬのだけれど
しかし自分が「いつ」死ぬのかはわかりません
(o゜~゜)oホエ?
日本は交通事故における死者数が年間約5000人もいて
ただ道を歩いているだけでも不注意運転の車に轢かれて
突然死んでしまうことがありえます
(ノд-。)クスン
それは宝くじの一等に当たるよりも450倍高確率だそうです
(゜ロ゜)ギョエ!!
ふみっこがもし事故に遭ったりして
死の淵に追い詰められたとしたら
そのときは
「自分の人生とは一体何だったのだろう?」
「人生とはどういうことだったのだろう?」
なんていう総括を考えてみたくなります
(゜~゜)
しかし自分の人生を振り返っても
「自分はXXのために生きたから満足」だとか
「XXが楽しかった」とか
「XXをしておけばよかった」
といった具体的な思いが沸かないんですよね
(o゜~゜)oホエ?
ふみっこがなんとなく思うのは
人生とは
その人の考えや思い込み次第で
どのようにも解釈可能なものであり
だからこそ
思い込みの産物に過ぎないものであり
だからこそ
人生とはひとときの幻想、夢まぼろしであり
だからこそ
特に意味のないものである
ということなのです
(゜~゜)
もちろんふみっこにも
楽しかったり一喜一憂したりしたことが
たくさんあるのだけれど
そういうのも俯瞰的に振り返ると
ただの一喜一憂に過ぎなかった気がして
妙に虚しくなってきます
(゜~゜)
つまりこの世に存在する様々な「意味感」が
すべて希薄なものに感じられてくるのです
(゜~゜)
なぜならこの世のさまざまな意味や価値は
確固とした根拠がなく
ただの「意味付け」や「思い込み」に過ぎないからです
(゜~゜)
人生とは何か?の解釈もまた
思い込みでしか語ることができません
(゜~゜)
思い込みを排除すると
そこにはもはや何の意味付けもなく
ただ虚無の世界が広がっています
(゜~゜)
つまり人生における意味や価値は
思い込むことから生じるのだけれど
一方で虚無主義者は
「思い込むことができない人」
「思い込みたくない人」
なのだと言えるでしょう
(゜~゜)
そうして人生の喧騒から離れて
無意味感に満たされる時は
いろいろな意味から開放されたことによる
空虚さゆえの居心地の良さもあったりします
(´ロ`o)ポカーン
そんなふみっこも
常に俯瞰モードで生きることはできず
普段の生活では
仕事・勉強・旅行といったものに価値を置いて生きているのですが
(o´~`)ノハーイ
つまりあることに意味や価値を感じて
いけー(*゜ロ゜)ノとなって生きている有意味モードと
すべてが虚しくなって
(´ロ`o)ポカーンとなっている無意味・俯瞰モードを
いったりきたりしながら生きている感じでしょうか
(゜~゜)
ところで明日からまた旅行に行くので
旅行について何か書こうと思ったのだけど
考えているうちになぜか虚しくなってきたので
まったく別の話になりました
次回は旅行記を書きます
(´~`)ノハーイ

ありとあらゆる価値でもって、われわれはこれまで世界を、何よりもわれわれ自身のために貴重なものたらしめようと努めてきた
しかしそれらの価値が実は適用できないものであることが証明されたとき、ついにわれわれは、ほかならぬそのことによって、世界を無価値なものにしてしまったのである
(ニーチェ「力への意志」)

by fumiblog | 2012-04-21 00:34 | 空想哲学 | Comments(4)
自分に期待して自分を応援する
d0164816_16473749.jpg
中国 北京 オリンピックスタジアム 鳥の巣 (2011/9/19)

傑人はアイデアについて語り
常人はものについて語り
小人は人について語る

ミリオネアになる人はアイデアについて語り
何か新しいことを自ら起こします

そこそこで終わる人はものについて語り
何かが起きるのを見ています

そこそこにもなれない人は、人の噂をしては
「何が起きたのか?」と尋ねるのです

アイデアは、この世でもっとも価値のある資産です
すばらしいアイデアを思いついた人は、莫大な富を手にできます

(K.C.スミス「億万長者になる人とそこそこで終わる人の10の分かれ目」)

( ´~`)ノハーイ
ふみっこの感覚において
この世で奇妙な光景のひとつに
「有名人の応援」があります
(o゜~゜)oホエ?
有名人というのは
芸能人・アーティスト・プロスポーツ選手・作家・漫画家など
世間から大きな注目や期待を集める人たちですが
彼ら彼女らは極めて高い職業能力・収入・地位を得ている
ピラミッドの頂点に君臨するスーパースターです
(*゜~゜)ノ
一方で彼ら彼女らを応援する人たちは
非スーパースターという意味では
普通の一般市民です
(o゜~゜)oホエ?
つまりすでにピラミッドの頂点にいる人たちを
ピラミッドの底辺~中間あたりの人たちが
なぜか応援しているのです
(゜ロ゜)ギョエ!!
もちろんピラミッドの頂点にいる人たちは
人並み外れた努力や才能によって
今の地位に登りつめたわけで
それ自体は賞賛に値するし
その高い能力を活かして活躍するのは当然でもあります
(o゜~゜)o
でもそういうスーパースターたちを
ことさら応援するのも変だと思うんですよね
(゜~゜)
なぜならスーパースターたちはすでにピラミッドの頂点にいて
いろいろなものを得ているけれど
一方で一般市民は
並の能力で並の生活を送っているわけです
(゜~゜)
どちらに応援が必要か?
どちらが頑張らなければならないか?というと
明らかに後者なはずです
(´~`)アハハ
なので有名人の応援活動に
多くの時間やエネルギーを使っているファンを見ると
「自分が頑張れよ」とツッコミを入れたくなります
(´~`)
アンチ活動などはさらに非生産的で
明らかに時間とエネルギーの無駄です
(´~`)
なので「無関心」であることが実は正常なように思うのだけど
しかし有名人の活躍を期待したり応援することは
ごく普通のことでもあります
(o゜~゜)oホエ?
たとえばオリンピックで日本選手が金メダルを取った直後に
街頭などでコメントを求められた際
「活躍してもしなくてもどうでもいいです」
などと言う人はいません(いてもカットされる)
(´~`)
それはスーパースターたちが注目を集めれば集めるほど
特に芸能界・ショービジネス・プロスポーツの世界では
メディアや広告代理店はより儲かるからです
(o゜~゜)oホエ?
たとえばテレビ番組は
視聴率が高ければ高いほどCMによる広告収入が増えて
低ければ低いほど減ります
(゜ロ゜)
音楽業界でも
アーティストの曲やライブチケットが
売れれば売れるほど儲かります
(゜ロ゜)
スポーツ界でも
スーパースターが出場する試合は多くの観客を集めます
(゜ロ゜)
なのでメディアは絶えず
スーパースターたちに注目を集めさせようと
人々を扇動します
(ノ゜~゜)ノ
それに素直に扇動されるのが
追従者(フォロワー)です
(*ノ゜~゜)ノキャーキャー
ビジネスの仕組みとしてそうなっているわけだけど
有名人に注目したりすることが
人生において重要なことだとはふみっこには思えません
(゜~゜)
本来応援したり期待すべきなのは
「自分自身」なはずです
(o゜~゜)oホエ?
なぜならスーパースターがどんなに理想的な活躍をしても
赤の他人である自分自身の能力や生活は何も変わらないからです
(´~`)アハハ
なので有名人の活躍に期待したり応援したりしたくなった時は
その代わりに自分自身に期待して応援してあげましょう
(o´~`)ノハーイ
しかし有名人からも学ぶべきことはあります
(゜Д゜)ハァ?
有名人を含む成功者
すなわちピラミッドの頂点に登りつめた人たちは
情熱・努力・行動力・方法論・メンタリティ
などで優れたものを持っているのが普通で
学ぶべきことがたくさんあるんですね
(o゜ロ゜)o
しかし中にはただの運と偶然で成功が転がり込んだ
というような有名人もいるでしょう
(゜~゜)
なので誰でもいいというわけでもなく
自分の価値観や職業、または将来の目標
などと近ければ近い人ほど
学ぶことや参考になることが多いでしょう
(゜ロ゜)
つまり必要なのは
(有名人の活躍を追従者として)「応援する」「期待する」ことではなく
(有名人の優れたところを自分自身のために)「学ぶ」「活かす」ことなのです
(´~`)ノハーイ
by fumiblog | 2012-04-11 17:47 | 成功哲学 | Comments(9)