<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
[相場] ふみっこの失敗
d0164816_18292716.jpg
アイスランド レイキャビク チョルトニン湖 (2012/5/2)

『僕が僕であるために、勝ちつづけなきゃならない』
十七歳の若者はそう歌ったが、もちろん長い人生において
常に勝ちつづけることなどできるはずはない
僕が僕でなくなってしまったとき、この純粋な魂は
生きる理由を見つけることができなくなったのだろう
(橘玲「貧乏はお金持ち」)

( ´~`)ノハーイ
今回は株の話です
(゜~゜)
前回の日記を書いた翌日から
株でことごとく負け続け
わずか6営業日で
-100万円のドローダウンとなりました
(ドローダウン=直近の自己最高資金(5/17)からの下落幅)
。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。エーン!!
ことの発端は先々週の金曜(5/18)で
NY市場が大きく下げた影響で
持ち越し(スイング)のポジションだけで30万ほどやられました
Σ(゜~゜)ガビーン
でもそれ自体は大きな問題ではありませんでした
(o゜~゜)oホエ?
前日からの持ち越し(スイング)のポジションは
NY市場次第の丁半博打みたいなもので
勝つ時もあれば負ける時もあるのだけど
ふみっこはトータルでは利益を出していて
なのでこの日の損失も
「今までに持ち越しで得た利益の一部を減らしただけ」
と考えることができます
(゜~゜)
しかしその後のデイトレが大きな問題で
持ち越し分の損失を取り戻すべく
大き目のポジションでデイトレをして
それが都合よく上手くいって
+20万強の含み益が出て
さらにチャートの形も良かったので
このポジションで一気に損失がチャラになると思い継続しました
(*゜ロ゜)ノいけー
しかしそこからまさかの下げ
ふみっこにとってあってはならない動きをされて
いつもなら機械的にできる損切りがこの日はできず
思考停止状態になりました
( ゜ロ゜)プルプル
結局そのポジションは-20万になったところで損切りし
他のデイトレのポジションも-10万ぐらい負けて
結局金曜だけで-30-20-10=-60万でした
( ゜ロ゜)ポカーン
翌週は月・火とデイトレで計+15万と少し巻き返すものの
水曜にまた持ち越しとデイトレで大きくやられて
まさかの-35で泥沼状態に
( ゜ロ゜)ポカーン
木曜はほぼプラマイゼロ
金曜はデイトレで何をやっても上手くいかず
ほぼ全敗の-20
( ゜ロ゜)ポカーン
そんなわけでわずか6日間で
-60+15-35-20=-100万
の損失になりました
( ゜ロ゜)ポカーン
-100万円のドローダウンは
2006年以来で
6年ぶりの大敗になります
( ゜ロ゜)
今回のボロ負けでショックなのは
持ち越し分の損失はいいとしても
ふみっこの本職というべきデイトレで
ことごとく負け続けたことです
( ゜ロ゜)
何をしても上手くいかないと
何をしても勝てる気がしなくなるんですよね
( ゜ロ゜)
自分は今までどうやって勝ってきたのだろう?
6年間大きなドローダウンもなく勝ち続けたふみっこさん凄すぎじゃない?
と思い
かつて輝いていたふみっこさんは
今の負け組のふみっことは別人のように感じました
( ゜ロ゜)
ほんの1週間で
今まで築いてきた自信が
ガラガラと崩れ落ちていったのです
( ゜ロ゜)
そうして
世間的には価値のない
職歴なし無職ふみっこでありながら
このブログで成功哲学とかを書き綴っていた妙な自信は
「結果」から来ていたということを痛感しました
( ゜ロ゜)
ふみっこにとって結果とは
「自分の仕事(=株)で利益を出し続けてきたこと」です
( ゜ロ゜)
そして結果主義(成果主義)というのは
結果が出ている間はいいけど
結果が出せなくなると
自分がただの負け組・無能に思えて
現実の厳しさに直面します
( ゜ロ゜)
つまり成果主義を支持するのは
勝ち組だけであることを
負け組になったことで知りました
( ゜ロ゜)
本当に相場というのは
稼ぐが勝ち、それ以外は負け組の
結果がすべての世界で
勝てば天国だけれど
負けると地獄です
( ゜ロ゜)
なので株を始める前に注意したいことでも書いてるけど
読者のみなさんが安易に株やFXを始めることはお勧めしません
( ゜ロ゜)
なにしろ時間と労力を費やしながら
負けが込むとさらにお金を(数十万、時には数百万)差し出すわけで
タダ働き以下の鴨ネギであり
それなら何もせずに寝てた方がマシだからです
( ゜ロ゜)
しかしふみっこにとって相場は
いつしか勝つのが当たり前になり
実際にこの6年間は
途中でドローダウンがあっても
それは小幅(数十万)に留まり
市場が暴落しても関係なく
ほぼ一貫して勝ち続け
生活費や旅費を随時出金しても
自己資金は当初資金の数十倍になったのです
( ゜ロ゜)
それは今考えると
驚異的なパフォーマンスだったのかもしれません
( ゜ロ゜)
しかしそれはもはや過去の栄光であり
今のふみっこは
わずか6営業日で100万円も損失を出した
ヘタっぴな負け犬でした
(´ロ`o)クゥーンクゥーン
そうして相場に徹底的にボコボコにされて
痛めつけられ苦しめられると
自信もなくなって
この地獄のような相場で
いったいどうすれば勝つことができるのか
本当にわからなくなってきます
( ゜ロ゜)
昨夜はいつもより予習時間を増やし
3時間あれこれニュースやチャートを見たのだけど
勝てる気がしないので
1ヶ月ぐらい何もせずに寝てた方がいいような気もしてきます
( ゜ロ゜)
そして今日(月曜)
再び地獄の相場が始まり
寄り付きの売買から失敗し
順調に損失を重ねていきました(最大-5ぐらい)
( ゜ロ゜)
あぁ今週も負けスタートか・・・
自分はもう本当に勝てなくなったのだなぁと思った朝10時頃
マザーズ指数が寄り付きからの1時間で急落しているのに気づきました
( ゜ロ゜)ホエ?
ふみっこはマザーズ市場の銘柄は
あまり好きではなく
もう何ヶ月も売買していませんでした
( ゜ロ゜)
しかしサッカーで優れたFWの選手に
「ゴール前の嗅覚がある」などと言われるように
ふみっこもまた
今までの経験によって培われた
利益をもたらす銘柄を感じる感覚的なものが
確かにあるのです
( ゜ロ゜)クンクン
そうして4751サイバーAなどを
おそらく1年ぶりぐらいに買って
含み益が出たら
さらにどんどん買い増していきました
( ゜ロ゜)
そうしてリバウンドを取ることができて
今日は+30と今のふみっこにとっては夢のような快勝
ドローダウン-70まで回復しました
(*´ロ`)ノハーイ

トレーディングはボクシングだ
市場はあなたを殴りつけ、もてあそび、打ち倒すためならどんなことでもする
しかし、12ラウンド終了のゴングが鳴り響くとき、
勝利するためにはリングに立っていなければならない
(カーティス・フェイス「タートル流投資の魔術」)

by fumiblog | 2012-05-28 19:24 | 相場 | Comments(2)
人生は行動力で決まる
d0164816_22151761.jpg
アイルランド ゴールウェイ (2012/4/23)

「この世の金も名誉もたったひとつのものに対する大きな褒美として授かるに過ぎない
そのたったひとつのものとはパーソナル・イニシアティブである」

パーソナル・イニシアティブとは何か
それは人にいわれずして成すべきことを成すことである
とにかくやってみようという気構えであり、行動を起こす力のことだ
成功する人は必ず行動の人として知られている
パーソナル・イニシアティブは、先延ばしという最悪の資質の対極にあるものだ
(ナポレオン・ヒル「図解 思考は現実化する」)

( ´~`)ノハーイ
ふみっこは旅行の情報収集目的で
国・都市・見所・現地の交通アクセス・ビザの取得等について
検索でよく調べ物をするのだけど
それによくひっかかる個人の旅行ブログがあって
その人は現在進行形で海外旅行しまくっていたので(年6回以上?)
何かの参考になるかと思いRSSに追加してたまに見ていました
(o゜~゜)o
そして先日暇だったので
過去ログをパラパラ見ていたのだけど
ふみっこと同い年だったことを知りました
(゜ロ゜)ギョエ!!
その人はもう100ヶ国以上、個人で旅しているのだけど
(外資系ではあるけど)普通の会社員で
仕事でよく海外に行くならまだわかるけど
そうではなく仕事と旅行は無関係なんですよね
(゜Д゜)ハァ?
「会社員でこんなに旅行しまくるって一体どういうこと?」
「(治安の悪い)中南米やブラックアフリカに一人で行くのに抵抗感がないのかしら?」と思うのだけど
ふみっこが感じたそのような驚き、異常さは
つまり行動力の差なのでしょう
(゜~゜)
その人のブログを見ていると
「リスクや失敗を恐れずに次々と実行に移す強い行動力」
が感じられるのです
(゜~゜)
一方でふみっこは
中南米やブラックアフリカ(サハラ以南のアフリカ)は
暴力犯罪や強盗が多いので行きたくないんですよね
(´ロ`)アハハ
ふみっこの方が時間も自由もあるというのに
自分の行動力や勇気のなさは一体何なのだろうと思い
なんだか自分が卑小な存在に思えてきました
(つ~`)ぐすん
つまり人生というのは
行動力があるかないか
リスクや失敗を恐れずチャレンジできるか否かで
大きな差がついてしまうのです
(゜~゜)
話は変わるのだけど
「バカでも年収1000万」という本があって
バカリーマンを自称する著者は
「自分は学歴もスキルもないただのバカ」だと主張するのだけど
でも行動力だけは異常にあるんですよね
(o゜~゜)oホエ?
端から見ると無謀なのだけど
圧倒的行動力で突進していく
(゜ロ゜)
むしろ、バカだからこそ
あれこれ考えずに突進しろという論理なのですが
(゜~゜)
そのような圧倒的な行動力が
学歴やスキルがないといったことを十分にカバーしていて
なのでこういった行動力のある人が成功するのは必然的な気がします
(゜~゜)
でも誰もがそのような行動力を持てるわけではなく
本を読んで「自分も真似しよう」と思っても
9割の人にはしょせん無理なわけです(ふみっこも無理)
(´ロ`)アハハ
なぜなら「行動力」というのはひとつの能力で
個々人で「学習能力」や「コミュニケーション能力」や「運動能力」に優劣があるように
「行動力」もまたある人とない人に別れるのです
(゜~゜)
そして今までに出会った人間関係を思い返すと
集団の中から突出する人は「人並み以上の行動力」があって
集団の中から落ちこぼれてしまう人は「人並み以下の行動力」しかない
という共通点がある気がします
(゜~゜)
なので人生において行動力というものは
非常に重要です
(o゜ロ゜)o
そして学習能力を向上させるためには地道な勉強が
運動能力なら地道な運動が必要なように
行動力を向上させるにも地道な努力が必要なはずです
(o゜~゜)oホエ?
新しいことにチャレンジするとか
失敗を覚悟の上でリスクを取ってみるとか
考えることを減らして行動を増やすとか
思いきって周囲が驚くことをやってみるとか
そういうことを意識的に繰り返していくしかないのでしょう
(゜~゜)
そう考えると「失敗を恐れること」「消極さ」「臆病」「極端な安全志向」といったものは
行動を妨げてしまうもので
人生におけるマイナス要素だと言えます
(゜~゜)
その最悪の例が
「失敗したり傷つくことを恐れて何もしないこと」です
((;´ロ`)オロオロ
「何もしないこと」自体が大きなリスク(損失)であり
人生は一度きりなので
若いうちにいろいろ行動しておかないともったいないのです
(つ~`)
逆に言えば人生とは単純で
挫折したり行き詰っても
とにかく何か行動を起こしていけば
道は開けていくと言えます
(ノ゜ロ゜)ノ
文句や愚痴や理想を言うだけだったり
簡単に諦めてしまったり
うだうだ考えたり悩んでいるだけでは何も変わりません
(゜~゜)
とにかく行動あるのみであり
人生は行動した者に微笑むようにできているのです
(o´~`)ノふわーい

多くの人は、「いままでやったことがない行動」を恐れます
変化をしたがらない
変化をこわがり、異質なものや自分の望みと違うものを遠ざけようとします

けれど、「いつも自分の安全圏」にいて、「いつもと同じ思考」をしていては、自分を変えることも、相手にインパクトを与えることもできません

「じゃあ、いままでチョイスしなかった選択肢や、やったことのないものを積極的に受け入れてみようというルール」をつくってみたんです
自分を大きく変えようと思ったら、選択肢を大きく変えるしかない
それに選択肢を変えるだけなら、学歴も能力もいらない
おバカな僕だってできます
この「いままで選択しなかった見えないチャンス」を、僕は「成功の糸」と名づけたのです

(伊藤喜之「バカでも年収1000万円」)

by fumiblog | 2012-05-17 18:12 | 成功哲学 | Comments(5)
[GW旅行7] ふみっこinロンドン&近郊(イギリス)
d0164816_21505583.jpg
ロンドン 国会議事堂とビッグ・ベン
d0164816_21505932.jpg
ロンドン ナショナルギャラリー
d0164816_2151166.jpg
ロンドン セント・ジェームズ・パーク
d0164816_2151985.jpg
ロンドン オックスフォード・ストリート UNIQLO
d0164816_2151127.jpg
ストーンヘンジ
d0164816_2151151.jpg
ストーンヘンジの本来の姿(現存する巨石は半分以下)
d0164816_21511711.jpg
ソールズベリーの街
d0164816_21512018.jpg
ソールズベリー大聖堂
d0164816_21512348.jpg
バース・アビー
d0164816_2151254.jpg
バース・アビー内部

自己幻想は必要なもので、それがない人は世の中にうまく対応できません
われわれはある意味傲慢だからいいのであって、
謙虚すぎて自分のことをまともに見てしまう人はうまくやっていけません
(中島義道「生きてるだけでなぜ悪い?」)

( ´~`)ノハーイ
予定通り月曜に帰国しました
(*^~^*)ノ
旅程の最後にロンドンとその近郊を2日観光したのだけど
見所が充実しすぎていて2日では足りませんでした
(@Д@;クラクラ
さすが大英帝国の首都だけあって
途方もない感じとカッコ良さに圧倒されます
(@Д@;クラクラ
ロンドンは3年前の旅行で主要な見所はけっこう見たのだけど
それでもまだ行ってみたいところ、再訪したいところがたくさんあって
ロンドンにあと1週間ぐらいいたかったです
(´~`)アァー
結局今回の旅は

アイルランド 田舎・見所少ない

スコットランド(イギリス) 都会・見所多い

アイスランド 田舎・見所少ない

ロンドン(イギリス) 都会・見所多い

という感じで
大英帝国の凄さを実感すると共に
初めからイギリス2週間の旅にしておけば
きっとより充実した旅になっていたでしょう
(´~`)アァー
そしてこれらの地域を旅して思ったのは
先進国&英語国は旅行がかなり楽だということです
(´~`)
半年前の中国旅行、昨年末の中東旅行は
一筋縄でいかないものや
異文化的なものをいろいろ感じたのだけど
今回のイギリス周辺はスタンダードな先進国で
何も困ることがありませんでした
(´~`)
日本人にとってイギリスは
世界でも有数の旅行しやすい国だと思います
(たとえばアメリカと比べるとイギリスの方が治安が良く、国土が比較的小さいので移動も楽)
なので旅慣れてない人や高齢者の旅行にも適しています
(´~`)
そんなわけで迷子になったとかiphoneを失くしたとか
そういう面白い話が今回はありません
(つ~`)ぐすん
基本的にすげーすげーという連続で
普通の観光客になってました
(*゜ロ゜)うぉーうぉー
むしろ今回新鮮だったのは
帰国便が月曜の早朝5時過ぎに羽田着のフライトで
それから家まで電車で帰ったのだけど
ふみっこは普段こんな早朝に外出する機会がなく
日本人サラリーマンやOLの通勤風景(朝6時台なのでまだラッシュではない)を見て
感銘を受けました
(゜Д゜)ハァ?
(ヨーロッパ人と比べて)
歩く速度が早く
動きが俊敏で
身だしなみが整っていて
高性能なマシーンという感じがしたのです
(゜ロ゜)シャキーン
このような人たちが
日本経済を支えているのだと思いました
(゜ロ゜)
ふみっこはこのような早朝から始動する真面目な人たちに
果たして勝てるのだろうか?
自分はこれほどのハードワークをしてきただろうか?
と自問しました
(゜~゜)
そもそも勝つとか負けるといった問題ではないかもしれませんが
(゜~゜)
とにかくこの国では朝っぱらからハードな戦いが繰り広げられているのだと
再確認したのです
(゜~゜)
ふみっこも社会人の人たちと舞台は違うけれど
株式市場という戦場で戦っているわけで
気合が入ります
(゜~゜)ノぁぃ
そうして寝ないで望んだGW明けの初日の相場(朝9時開始)
途中で眠くなったので寝ました
(≧~≦)ぶは


■ロンドンの見所レビュー

○2009年の旅行で行ったところ
バッキンガム宮殿内部(夏季のみ公開)
クイーンズ・ギャラリー
ロイヤル・ミューズ
大英博物館
ナショナル・ギャラリー
ウェストミンスター寺院
セント・ポール大聖堂
ロンドン塔
タワー・ブリッジ内部
テート・モダン
テート・ブリテン
自然史博物館
科学博物館
ヴィクトリア&アルバート博物館
イングランド銀行博物館
カムデンロック・マーケット
ノッティングヒル

○今回行ったところ
帝国戦争博物館
内閣戦時執務室(チャーチル博物館)
ロンドン三越

○今回行ったロンドン近郊の見所
ストーンヘンジ
ソールズベリーの街
ソールズベリー大聖堂
バースの街
バース・アビー
ローマン・バース

■ロンドンの物価
・地下鉄初乗り 260円(2GBP)
その他はおそらくスコットランドの物価とだいたい同じ
by fumiblog | 2012-05-11 22:32 | 旅行 | Comments(2)
[GW旅行6] ふみっこin孤島の国(アイスランド レイキャビク)
d0164816_535624.jpg
d0164816_5351679.jpg
d0164816_5352714.jpg
d0164816_5353983.jpg
d0164816_5355272.jpg
第二次大戦後のアイスランドも波乱に富んだ歴史を歩んでいる
冷戦におけるNATOの最重要軍事拠点となりつつも、イギリスと水産資源を巡るタラ戦争を戦った
このような中、断続的に大きな火山活動も続いており、1973年のヘイマエイ島の噴火では、多くの民家が溶岩の下に埋もれた
近年は未曾有の金融危機で国家的財政破綻に陥った
漁業やエネルギー資源を活かした国家運営が期待されている
(「地球の歩き方GEM STONE アイスランド」)

( ´〜`)ノハーイ
アークレイリは1泊だけで
翌日には再び国内線に乗って
首都レイキャビクに戻って来ました
レイキャビクは3泊します
(o゜〜゜)o
レイキャビクの街を歩いていて思ったのは
街並みがあまり美しくなく
寂れていて
落書きが多く
バルト三国あたりの
後進国のような趣きがあることです
(゜〜゜)
これならまだ
アークレイリの方がきれいな街でした
(゜〜゜)
地理的には北欧やイギリスに近いのだけど
北欧の街並みのような
洗練された美しさ・豊かさがないんですよね
(´〜`)
それはアイスランドにはこれといった産業がなく
資源もないので
経済的にあまり豊かではないからでしょう
(゜〜゜)
その割には物価が高めなのだけど
それは離島なので
海外からの輸送コストが高くつくからだと思います
(゜〜゜)
スーパーに行っても品揃えが貧弱で
あまり物がないんですよね
(゜〜゜)
ふみっこが泊まったゲストハウスも
値段の割にボロくて
あまり手入れがされていません
(゜〜゜)
しかし観光客は多く
アイスランドはもともと人口が少ないので
街を歩いている人の半分ぐらいが
主にヨーロッパやアメリカからの観光客な感じがします
(´〜`)
アイスランド観光の売りは大自然で
レイキャビクから日帰りで行ける
ゴールデンサークルという
大きな滝や間欠泉のある観光地に
ふみっこも行ったのだけど
想定内というか
大きな驚きや感動はありませんでした
(゜〜゜)
アイルランドの断崖絶壁の方が
ずっと絶景で良かった感じです
(゜〜゜)
なのでハッキリ言って
この国はハズレです
(゜Д゜)ハァ?
残念ながら
ハズレの国や都市というのが
この世界には存在します
(゜〜゜)
しかし旅番組を見たり
地球の歩き方とかを読んでも
「この国は(都市は)ハズレです」
なんてことは書いてありません
(゜〜゜)
実際に行ってみないとわからないんですよね
(゜〜゜)
ちなみにふみっこの過去の旅で
ハズレだった都市や国は
・マドリード(スペイン)
・セビリア(スペイン)
・グラナダ(スペイン)
・アテネ(ギリシャ)
・ミコノス島(ギリシャ)
・ミラノ(イタリア)
・モロッコ
・マニラ(フィリピン)
・チューリッヒ(スイス)
・リトアニア
・スリランカ
などだけど
・レイキャビク
もここに入ります
(´〜`)
ふみっこは今回の旅で
「エディンバラ」と「アイルランド西岸の断崖絶壁」いう当たりを引くことができたので良かったけれど
もしアイスランドだけの旅なら
相当に地味かつコストパフォーマンスの悪い旅になっていたでしょう
(はるばるヨーロッパまで来たならもっと見所の優れた国がたくさんある)
(´〜`)アァー
ということで帰国便がロンドン発なので
昨日レイキャビク観光を終えて
ロンドンにフライト移動しました(片道13,000円)
(o゜ロ゜)o
3年ぶりのロンドン観光をして
GW開けに帰国します
(ノ゜〜゜)ノ

■レイキャビクの見所レビュー
・ハットルグリムス教会&展望台 ★★★★
・アイスランド国立博物館 ★★★
・チョルトニン湖 ★★★
・ペルトラン ★★
・サガ博物館 ★
・クリングランショッピングモール ★★

■レイキャビクの物価
・500ml水スーパー 50円 (80ISK)
・500ml水キオスク 120~150円 (190~240ISK)
・市内バス 220円 (350ISK)
・タクシー初乗り 420円 (650ISK)
・マクドナルド (2009年に撤退)
・サブウェイのサンドイッチ 320円 (500ISK)
・スタンドのホットドッグ 200円 (320ISK)
by fumiblog | 2012-05-05 05:37 | 旅行 | Comments(10)
[GW旅行5] ふみっこin北の果て(アイスランド アークレイリ)
d0164816_22254847.jpg
d0164816_22254856.jpg
d0164816_22254997.jpg
d0164816_22255070.jpg
d0164816_22255192.jpg
人生は短い
遠くまで行け
そして深く考えよ
(ジム・ロジャーズ)

( ´〜`)ノハーイ
グラスゴーからアイスランドの首都レイキャビクにフライト移動して(2時間)
そのまま国内線に乗り換えて(1時間)
アイスランド北部の都市
アークレイリにやって来ました
(o゜ロ゜)o
たった1日で
すごく遠くまで来てしまった感じです
(o゜ロ゜)o
アークレイリは
アイスランド第二の都市であるにも関わらず
人口が1万7000人しかいません
(≧〜≦)ぶは
そもそもアイスランド国全体で人口30万人
首都レイキャビクの都市圏でも18万人しかいないのです
(゜〜゜)
でもせっかくアイスランドに行くので
首都レイキャビク以外の都市も見てみたいと思い
フライト代も安かったので
アークレイリも旅程に入れました
(往復フライト12,000円)
(o゜〜゜)o
辿り着いたアークレイリは
世界の果てみたいな静けさと辺境感が漂っていて
何もないがゆえに
ポカーンとした空虚感に満ちています
(o゜Д゜)oポカーン
そうして街を歩きながら感じたのは
ついにこんな北の果てまで来てしまったのだなぁ
という妙な達成感です
(*゜ロ゜)
こんなところに来た日本人は
おそらく1万人もいないのではないか?と思うと
なんだか貴重な体験に思えてきます
(*゜ロ゜)
何もない辺境の地であるがゆえに
来たこと自体に意義があるような気がする街
それがアークレイリです
(*゜ロ゜)ノハーイ
by fumiblog | 2012-05-04 22:37 | 旅行 | Comments(0)