<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
幸福感の正体
d0164816_1685183.jpg
アイスランド ゲイシール間欠泉 (2012/5/1)

生存のためには、食べ物が必要だ
ヒトの歴史の大半を占める狩猟採集時代では飢えは日常で、食べることに貪欲な個体だけが生き残った
彼らの直系の子孫であるぼくたちが、食に強い快感や幸福を感じるのはそのためだ

ヒトは有性生殖だから、繁殖のためには異性との性交が不可欠だ
子孫を後世に残すのに成功したのは、異性を獲得する強い衝動を持ち、子どもを産み育てた個体だけだ
だからぼくたちは、性や愛を激しく求める

ところが科学が進歩し、食糧が安価に生産できる飽食の時代を迎えると、ヒトの幸福は奇妙なねじれを起こすようになった
アメリカの貧困地域では、いまや飢餓ではなく肥満が大きな社会問題になっている
社会的な成功への方途をすべて奪われ、その一方で安価な食糧が無尽蔵に手に入るのなら、もっとも簡単に「幸福」を感じる方法はひたすら食べつづけることだ

こうした傾向は、最終的には、ドラッグやテクノロジーによる快楽へと収斂していくだろう

大脳生理学では、視床の前にある中隔が大脳の快楽中枢で、ここを磁気によって刺激すると「1000回のオーガズムが同時に襲ってくる」ほどの喜悦を感じることがわかっている
サルの頭部に磁気刺激装置を装着し、ボタンを押して中隔を刺激することを教えると、エサも食べずに餓死するまで狂ったようにボタンを押しつづける

橘玲「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」

( ´~`)ノハーイ
「人生の目的とは何か?」
という根本的な問いの回答のひとつに
「幸せになること」
というものがあります
(゜~゜)
しかし何を幸せと感じるかは
人それぞれ異なる主観的なものなので
「自分自身の幸せを見つけましょう」などと言われます
(゜~゜)
そんな人それぞれ違う幸せであっても
その幸せは実はみな同じところからやって来ます
(o゜~゜)oホエ?
幸せはどこからやって来るのか
それはズバリ
脳からです
(゜ロ゜)ギョエ!!
たとえばスカイダイビングは
怖いのは最初だけで
パラシュートが開いた後の落下中は
人生観が変わるほどの恍惚感が得られるらしいのだけど
それも脳の作用で説明できます
(o゜~゜)oホエ?
人は強い恐怖に襲われると
生き延びるために「闘争or逃走」モードになって
脳内でアドレナリンが一気に分泌して
火事場の馬鹿力的な極度の興奮状態になり
それによって
一種のトリップ状態が味わえるそうです(参考記事1)(参考記事2
(*゜ロ゜)クラクラ
スカイダイビングよりは興奮度は劣るとしても
テーマパークの絶叫マシンが楽しいのも同じ原理です(参考記事
(*゜ロ゜)ワォーワォー
ふみっこは海外旅行中は
高揚感が続いてハイになるのだけど
それも非日常世界の強い刺激を受けることで
脳内でドーパミンか何かが分泌しているのでしょう
(*゜ロ゜)わくわくドキドキ
なのでふみっこがアホみたいに海外一人旅を繰り返すのは
脳内快感物質による高揚感を求めているだけで
実はドラッグ中毒者と大差ないのかもしれません
(*゜ロ゜)クラクラ
そんなわけでスカイダイビングや海外旅行の魅力に取りつかれて
何度も繰り返す人も
手っ取り早く幸福感を得るために
スイーツ依存症になる人も(参考記事
現実の嫌なことを忘れたくて
アルコール依存症になる人も(参考記事
ギャンブルの刺激に取りつかれて
ギャンブル依存症になる人も(参考記事
セックスやオナニーの快感に取りつかれて
性依存症になる人も
恋愛中のドーパミン分泌を求めて
恋愛依存症になる人も(参考記事
自己開示によって得られるドーパミンを求めて
ネット依存症になる人も(参考記事
そして究極的にはクスリで脳を直接刺激する
ドラッグ依存症になる人も
みんな「幸福を求めたから」なんですね
(゜~゜)
脳内快感物質の奴隷のようで
ある意味滑稽でもあるのだけど
人間の幸福とは
しょせんそんなものなのです
(´ロ`)
そして一番上の引用にあるように
美味しいものをお腹いっぱい食べたら
幸福感や満足感を感じるのは
「生命維持のため」であり
セックスが気持ちいいのは
「種の保存のため」です
(゜~゜)
そう考えると人間の幸福感というのは
「生き延びること」
「種を保存すること」
に最適化されていると言えます
(o゜~゜)oホエ?
人はみな幸福を求めるけれど
それは結局は
遺伝子プログラムに操られているに過ぎないという
憐れな生存機械なのです
(ノд-。)クスン
ところで恋の初期段階に
強い恍惚感や陶酔感が得られるのは
「あばたもえくぼ」と言われるように
ドーパミンの分泌で説明できるわかりやすい恋の病だけれど
そんな恋からは冷めた「夫婦間の穏やかな愛情」のような
「幸せの象徴」のような光景もやはり
脳内では快感物資が分泌しているそうです
(゜ロ゜)ギョエ!!

恋人たちが夜どおし起きておしゃべりしたり、
愛撫したりしているのも不思議ではないし、
心ここにあらずでぼうっとしていたり、
やたらに明るくなったり、
ひとあたりがよくなったり、
元気いっぱいになるのも不思議ではない
自然に発生したアンフェタミンが脳の情動の中心にたまり、
自然の「覚醒剤」でハイになっているのだから

恋の情熱の終わりもまた脳の生理学的な作用に基づくのではないかと考えている
彼は、脳はロマンティックな陶酔状態を際限なく維持することができないのだと主張する
神経終末が天然の刺激物質に慣れてしまうか、あるいはPEA(興奮性伝達物質)のレベルが低下するのだろう

恋の情熱がうすれると愛着が生まれ、新しい化学作用にとってかわられると考えている
精神の麻酔作用だ
この作用を起こすエンドルフィンは、化学的には麻薬のモルフィネと同じような物質だ
これは心を落ち着かせ、苦痛をやわらげ、不安をしずめる働きがある


愛着の段階に入ったパートナーはそれぞれエンドルフィンの生産をうながし、互いに安全、安定、静穏といった気分を与えあうと考えている
平和な気持ちで語らい、食べ、眠ることができるようになる

ヘレン・E・フィッシャー「愛はなぜ終わるのか」

そんなこんなで幸福感の正体とは
脳内で分泌する快感物質でしかないのだけれど
それでも幸福を求めることは
別に悪いことではありません(違法でない限り)
(o゜~゜)oホエ?
人間が幸福を追い求め続けたからこそ
食糧の豊かな農耕文明や
物質的な豊かさや
自由や人権といったものを手に入れて
そしてそれぞれの親がそれぞれの人生で幸福を求めたからこそ
私たちが生まれたのです
(o゜Д゜(゜~゜o)ばぶー
遺伝子レベルでプログラムされている以上
どのような方法や形であれ
幸せになること(=脳内快感物質を分泌させること)によって
人は満たされることができる
なので幸せを求めることは
永遠に変わることのない人生の目的、生きる意味なんですね
(o´~`)ノふわーい


↓参考資料:小野瀬健人「そこが知りたい!脳と心の仕組み」より
d0164816_16484675.jpg

by fumiblog | 2012-08-21 17:31 | 空想哲学 | Comments(18)
想像が創った世界
d0164816_23175563.jpg
群馬 高崎 白衣大観音 (2012/8/4)

私たちは、進化のうえで「想像力」を身につけ、いまここにある現実以外を、想像上「体験」できるようになりました
想像力は、人間関係における協力の促進に大きく貢献することとなったのです

想像が可能になることで、「将来ちゃんとお返ししますよ」という状況が想像できるようになり、狩猟採集時代のうちに、互恵的な協力行動がいっそう促進されたのでしょう

大集団での文明が形成されるようになってからは、共同体の達成目標を共有化するのに、想像力が大きな役割を果たしたと思われます

ところが、人間の世界観に架空のできごとが入りこむ余地ができてしまい、現実と空想が混同されやすくなりました
よくもわるくも、想像力が幻想の世界に人類をいざなったのです

言語が現実を言い表し、つづいて言語が想像をかきたてるようになり、よって、言語が「だまし」の手段ともなったのです

「だまし」というと否定的に聞こえますが、そうした「社会的なだまし」に従う人々が多くいる集団は、力がつよいのです
なぜなら、集団での協力活動が円滑にすすむからです
結果として、人類はこれまで「だまされ上手がみんなで生き残る」という歴史をきざんできた、と言えましょう

石川幹人「だまされ上手が生き残る 入門進化心理学」

( ´~`)ノハーイ
今回は想像力の話です
(o゜~゜)oホエ?
想像力とは言語によってもたらされました
(o゜~゜)o
人間は言葉を操るようになったことで
「いまここにある現実の世界」とは違った状況や世界を
無限に想像したり語ることが可能になりました
(o゜ロ゜)oペラペラ
それによって
ただの「嘘」や「理想」や「幻想」に過ぎないものを
他者や社会集団や自分自身が
信じてしまう状況が生まれたのです
(゜ロ゜)ギョエ!!
原始の社会において
そのような想像力は
協力行動をする際に必要だったのだそうです
(o゜~゜)oホエ?
「みんなで協力してエサを手に入れよう」
といった状況も
想像力がなければそのような仮定(近い将来にエサが手に入る)
を想像することができず
協力行動もできなかったのです
(゜~゜)
社会のルール(法)に反すると罰せられる
といったことも
「罪を犯したら牢屋にぶち込まれる」と想像できるからこそ
それが抑止力となります
(゜~゜)
受験生が遊ぶのを我慢して勉強するのも
近い将来に得られる成果(合格・学歴)や
勉強しなかった場合の将来の自分の姿(社会で苦労する)を
想像することができるからです
(゜~゜)
つまり想像力が失われてしまうと
将来の損得を考えられずに
本能的に目の前の現実を追いかけるだけになってしまうんですね
(゜皿゜)ウキャー
しかし一方では
人間の無限の想像力が
社会全体を集団幻想に陥らせるということもありえます
(o゜~゜)oホエ?
その代表格が宗教であり
現実とは異なる想像上の物語(経典)によって
日々の行動や人生が規定されてしまうのです
(´~`)なむなむ
ヒトラーや毛沢東のようなカリスマが描いた理想世界
(第三帝国やユダヤ人撲滅や文化大革命)が
国民を集団幻想に陥らせて
大規模な戦争や虐殺が起きたという
想像力が引き起こしてしまった悪夢もあります
(゜~゜)
昨年の3・11後の
「日本は素晴らしい国」や「がんばろう日本!」的な公共CMも
ひとつの「社会的なだまし」だと言えます
(゜~゜)
それは前向きな方向へと国民を扇動する良いだましの例なのだけど
このような単純な国威発揚にだまされる人が多い方が
社会は一致団結して上手くいくとも言えます
(゜~゜)
つまり想像力というのは
良い方向にも悪い方向にも作用します
(゜~゜)
そして想像力は
社会のみならず
私たち自身の人生も形作っていきます
(o゜~゜)oホエ?
自分の将来の姿やビジョンを想像せずに
すぐ目の前の楽しみを追いかけて
享楽的・刹那的に生きてしまうと
今が楽しかったとしても
自分の能力や経歴を向上させることは難しくなります
(´ロ`)
なのでよく言われることだけど
自分が目指す将来像や目標を明確にして
そこに向かって地道に努力していくことが大切なんですね
(´~`)ノハーイ
一方では
現実が上手くいってなかったり不満が多かったりして
物語やゲームや理想のアイドルといった仮想世界
すなわち「もうひとつの世界」に現実逃避してしまうといったこともよくあります
(゜~゜)
それは人間の無限の想像力が
より居心地のいい別の現実を求めたからです
(o゜~゜)o
しかしその仮想世界の居心地が良くても
自分を取り巻く現実世界の状況は変わりません
(´ロ`)
なので「自分の現実を良くする」というビジョン(想像力)を持って
あくまでも現実のために努力をしたり時間を使うことが大切なんですね
(´~`)ノハーイ
しかし人間が想像する想像世界をひっくるめた
この現実の世界もまた
人間の解釈を通さなければ認識できません
(o゜~゜)oホエ?
同一の現象に対して楽観論者もいれば悲観論者もいるように
世界も人生も多様に解釈できる以上
世界も個々人の人生も
すべては想像の産物に過ぎないないのです
(゜~゜)
想像次第、考え方次第で何にでもなる――
だからこの現実もまた、ひとつの幻想、夢まぼろしに過ぎないんですね
(゜Д゜)ハァ?

あれはみんな幻だよ
ありもしない幻だよ
だって、人生そのものが単なる幻じゃないかね
夢だよ、ただの

ただ一片の夢――
つまり、君の夢、君の想像がつくり出してるものにしかすぎないんだよ
(マーク・トウェイン「不思議な少年」)

by fumiblog | 2012-08-08 23:27 | 空想哲学 | Comments(2)
有名人ビジネスの世界
d0164816_2247247.jpg
ロサンゼルス ハリウッド チャイニーズ・シアター (2010/9/17)

おまえたちはまだ自分自身を探し求めていなかったときに、わたしを見つけた
信者という者は、どれもこれも自分を見ようとせず、
他人ばかりを仰ぎ見ようとするものだ
だから、生命限りある人間を信じるなどということは、
どれもこれもたいした価値のないことである
(ニーチェ「ツァラトゥストラはこう言った」)

( ´~`)ノハーイ
勝間和代「有名人になるということ」
を読みました
(o゜~゜)o
私たちは普段
テレビやネットで毎日のように芸能人を見たり
芸能人について話したりするけれど
そのビジネスがどのような仕組みで成り立っているのかを
あまり知りません
(o゜~゜)oホエ?
この本に少し書いてあったのだけど
テレビ番組の出演料は
その芸能人(有名人)が出演することで
どのぐらい視聴率が上乗せされるか?
によって決まるのだそうです
(゜ロ゜)ギョエ!!
勝間和代のような文化人や学者は
よほど人気がない限り
出演してもしなくても視聴率は変わらないので
ギャラは安いのだそうです
(゜~゜)
固定ファンがいて視聴率が取れる(=出演料の高い)芸能人は
たけしやさんまやスマップなど
トップ芸能人やトップアイドルです
(o゜~゜)o
しかしテレビというのは出演するだけで莫大な宣伝効果があるので
ノーギャラでも出演したい芸能人・有名人は多いのだそうです
(*゜~゜)ノ
テレビ出演によって知名度が上がることで
その人のファンができたり公演に来てもらえたり
本やCDが売れたりするわけですね
(o゜ロ゜)o
CMのスポンサー収入によって成り立つ民法のテレビ番組は
視聴率が取れないと利益が得られないので
出演するだけで視聴率の上昇が期待できる芸能人(有名人)に
大きな価値(お金)が集中する一方で
そうでない芸能人は価値が低いという
視聴率という市場原理によって動いているのです
(゜~゜)
それはアーティストの場合も同じで
国内主要都市を巡るドームツアーのような
複数公演で数十万人を動員できるアーティストは
それだけチケットや関連商品が売れるので
商業的に大きな価値があります
(゜ロ゜)
つまりその芸能人が本当に面白いのか?とか
そのアーティストの音楽が本当に素晴らしいのか?といったことは
重要ではないのです
(o゜~゜)oホエ?
この数年、オリコンの年間チャートが
嵐とAKB関連で占められていると前にネットで見たけれど
音楽が売れない今の時代は
当たれば高い利益が得られるアイドルビジネスに
活路を見出さざるを得ないのでしょう
(o゜~゜)oホエ?
業界側からすると
「広く世間の注目を集められるかどうか」
「お金を出してくれる信者を多く集められるかどうか」
がすべてなのです
(゜~゜)
「世間の注目を集めれば集めるほど業界やメディア側は儲かる」
というバイアスがあるので
「大人気アイドル」や「○○ブーム」といったものを
メディアは常に作りたがるし
そのように大衆を扇動していきます
(*゜ロ゜)ノ
ファッションの流行が作られたものであるのと同じように
メディアは自作自演(ゴリ押し)によって
ブームや人気有名人を作っていくのです
(´~`)
なのでただの赤の他人であって
本当はどうでもいいはずの
芸能人や有名人の動向を
さも重大なこと
注目しなければならないことのように
メディアは報道したがるのです
(´~`)
インターネットや携帯電話の登場によって
テレビを中心としたメディア主導から
ネットを中心とした個人主導へと
世界は変わりつつあるけれど
かといってメディア側は主導権をネットに明け渡すわけにもいかず
今後はますます情報弱者や底辺層を
商売相手にしなければならなくなるでしょう
(´~`)アァー
なのでくだらないお笑い番組が幅を利かせ
テレビCMはゲームやパチンコや宝くじばかりになるのです
(´~`)アァー
それが「世間の注目」を養分として成り立つ
有名人ビジネスの世界です
(o´~`)ノハーイ

テレビに出ている人たちはその労力をどうやって回収するのかというと、これは、印税、講演、コンサート、コマーシャルなど、基本的にはテレビ以外の収入からです

たとえば、「人生がときめく片づけの魔法」とか、古くは「女性の品格」のように、「金スマ」で取り上げられることによってミリオンセラーになることがよくあります

講演料の相場がテレビに出る出ないでかなり変わってきます
テレビに頻繁に出ている人でしたら、文化人は一時間で、50万~100万円ぐらいが相場です

歌手の場合はコンサートで回収しますが、コンサートだけでは回数をかせがないと儲かりませんので、コンサートグッズ、とくにタオルなどで利益を出します
原価500円くらいのものを2000円で、しかもそれが何万本単位で飛ぶように売れるのですから、収益性はなかなかのものです

コマーシャルで収入を得ることも有名人ビジネスの定番です
スポンサーの側は、その有名人に対する視聴者の信用や親しみ、愛着を、商品の信用や愛着に結び付けようとするわけで、有名人の側から見ると、自分の信用度を金銭化することになります

勝間和代「有名人になるということ」

by fumiblog | 2012-08-02 23:12 | ふみっこ哲学 | Comments(2)