<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
やりたいことがない人生
d0164816_21151344.jpg
札幌 モエレ沼公園 (2012/10)

とある友人の転職相談にのっていた時、なにげなく「で、あなたは何がやりたいの?」と聞いたところ、「ちきりんさん、大半の人間は特にやりたいことなんてないんですよ」と言われてハッとしました

私は昔からやりたいことが多すぎて、時間が足りない、人生が足りないと、焦っていたからです
「やりたくないことなんて、やってるヒマはどこにもない!」と感じていたのです

自分がそうだから、きっと皆も同じで、やりたいことはたくさんあるけれど、勇気がなくて踏み出せないとか、経済的なことが心配で決断できないのだろうと思っていました

でもその友人から「大半の人間はやりたいことなんてないんです。ただ大過なく人生をすごしたいだけです」と言われて、思い当たることが次々と頭に浮かび、確かにそうかもしれないと気がつきました

「やりたいこと」が明確になっているという人は、そこまで多くないのです
(ちきりん「未来の働き方を考えよう」)

( ´~`)ノハーイ
「やりたくないことをやめる」という記事を昔書いたけれど
このような「人生や時間の有限さ」とか
「人生は一度きりなのでやりたいことをやるべき」
みたいなことを意識して生きている人って
実は少ないかもしれないんですよね
(o゜~゜)oホエ?
というのもふみっこの感覚からすると
「自分の時間」や「自分の人生」を
あまり大切にしてない人が多いような気がするからです
(゜~゜)
余暇の時間になんとなくテレビを見て過ごす人は多いけど
そういう時間の使い方は浪費なので
時間をもっと有効活用すればいいのにと思います
(゜~゜)
あとふみっこは昔から単純作業の仕事をしたくないと思っていたのだけど
それは単純作業に人生の多くの時間を費やすことは
人生をロボット的に浪費してしまう感覚が拭えないからです
(゜~゜)
しかし上で引用した文章を見て気づかされたけど
世の中というのは
やりたいことがないとか、やりたいことが見つからない人の方がずっと多いんですよ
(゜ロ゜)ギョエ!!
やりたいことがない人生・・・
それは一見虚しいような気がするけど
人は特にやりたいことがなかったとしても
生物として生きていく本能があります
(o゜~゜)oホエ?
なので前回の記事で書いたように
人は生きていく(食べていく)ために
社会から与えられた仕事をこなします
(゜~゜)
大人になれば結婚して家庭を持つ人が多数派なので
子どもが生まれたら父親・母親になって育てるのが役割になります
(゜~゜)
それらは換言すれば
「本能がやりたいことをやって生きる」
と言えるでしょう
(´~`)アハハ
つまり特にやりたいことがなくても
本能プログラムに従っているだけで
仕事をして家庭を持つという
平均的な人生を送れてしまうのです
(゜ロ゜)ギョエ!!
しかしそれはあくまでも本能コースであり
人生には自由コースもあります
(o゜~゜)oホエ?
エサのために働いて食べて寝て
というのは
他の生物もやっていることで
何も考えなくてもできます
(゜~゜)
しかしそういう本能は別として
「人は何のために生きるのか?」を考えたとき
それは「やりたいことをやるため」なのです
(o゜ロ゜)o
人生には広大な自由が開けていて
法に反さない範囲で
各人がやりたいことをやって生きることができる自由があります
(*゜ロ゜)o
実際ふみっこは
やりたいことをやって生きているつもりです
(*゜ロ゜)o
しかしプロスポーツ選手になりたいとか
アーティストになりたいとか
漫画家や作家になりたいなんて思っても
そこには能力によって厳しく峻別される
熾烈な競争が待っています
(゜~゜)
職業によっては
やりたいことをやって生きるためには
能力や情熱が問われるのです
(つ~`)ぐすん
職業関係ではなく
働かずに南の島でのんびり過ごしたいとか
世界中を旅行したいとかっていうのは
やりたいことというよりも
願望に過ぎません
(o゜~゜)oホエ?
やりたいことが簡単に実行できるものではない場合
情熱やエネルギーが必要になるわけで
やりたいことをやるまでに苦労したり時間をかけたくなれけば
ただの願望に過ぎないのです
(゜~゜)
そう考えると結局は
やりたいことをやって生きるためには
情熱と能力と苦労の連続が必要であり
「そこまでしてやりたくない」という人は
大きなことはできません
(´ロ`)
つまり「自分はどうしてもこれがやりたい」
「それをやらなければ生きている意味がない」
と思えるほどの強い情熱があって初めて
やりたいことのために生きる人生が開けてくるのです
(o´~`)ノふわーい

私は一度朝日カルチャーセンターの「小説の書き方」という講座の受講者連中と呑んだことがあるが、驚いたことに「いま、書くテーマが見つからなくて」と語る作家志望が少なからずいたことである
それなら、書かなければいいのだ
小説家とは、書かなければいられない人のことであり、書かなければ生きることのできない人のことである
書くテーマが腐るようにあるから物書きになれるのだ
(中島義道「人間嫌いのルール」)

by fumiblog | 2013-08-08 21:47 | ふみっこ哲学 | Comments(14)