ふみっこの寂しい思い
時には母のない子のように
だまって海をみつめていたい

時には母のない子のように
ひとりで旅に出てみたい

だけど心はすぐかわる
母のない子になったなら
だれにも愛を話せない

(寺山修司「時には母のない子のように」)

( ´~`)ノハーイ
ふみっこの思いの起源を巡る旅
小学生編です
(゜~゜)
ふみっこは小学1年生のとき
早過ぎる黄金時代を迎えました
(o゜~゜)oホエ?
算数の授業の時に
よく小テストがありました
(゜~゜)
小1なので
簡単な足し算と引き算だけです
(゜~゜)
問題を解けた人から
提出するというものでした
(゜~゜)
ふみっこはいつも一番でした
(゜ロ゜)ノ□
というのもふみっこは
計算問題が好きで
家でよくママに問題を出してもらい
暗算能力を鍛えていたのです
(゜~゜)
なので算数の早解きは得意で
クラスでは誰にも負けませんでした
(´~`)
一方でふみっこは本を読むのも好きで
小1にしてはたくさん読んでいたはずです
(゜~゜)
当時好きだったのは
「おばけのアッチ」シリーズです
(*^~^*)ノ
たしか夏休みに
何か本を読んで
感想文を書くという宿題がありました
(゜~゜)
ふみっこは
「おばけのアッチねんねんねんね」
の感想文を書きました
(´~`)アハハ
するとその感想文が
最優秀賞に選ばれて
学年で一人だけ校内誌に載ったのです
(゜ロ゜)ギョエ!!
それがふみっこの人生の
早過ぎるハイライトでした
(´ロ`)
ところで当時の幼いふみっこが
どんな思いを持っていたかというと
一人で下校する際などによく
「寂しい感じ」を思っていたのです
(゜Д゜)ハァ?
それは当時の家庭環境が
寂しかったわけではまったくないのだけど
なぜか寂しい感じがするものが好きで
憧れていました
(゜~゜)
それは一言でいえば「哀愁」であり
歌で表現すると
「時には母のない子のように」になります
(つ~`)
なぜ小1のふみっこが
そんなものに惹かれたのかわからないけれど
小1の時からすでに
寂しい感じの空想世界が
心の中に芽生えていたのです
(o´~`)ノハーイ
# by fumiblog | 2010-06-03 23:15 | ふみっこ哲学 | Comments(2)
ふみっこの思い出
あれはみんな幻だよ
ありもしない幻だよ
だって、人生そのものが単なる幻じゃないかね
夢だよ、ただの
(マーク・トウェイン「不思議な少年」)

( ´~`)ノハーイ
「ふみっこの思い」を探すために
ふみっこの思いの起源はどこにあるのか
もっとも古い思い出を
回想してみようと思いました
(゜~゜)
それは幼稚園の時です
(o゜~゜)oホエ?
ふみっこは当時
川崎の外れの住宅街に住んでいました
(゜~゜)
そこの津田山幼稚園というところに通っていたのです
(o゜~゜)oホエ?
幼稚園までは少し距離があり
車のない家庭だったので
毎日ママが自転車の後ろに乗せて
送り迎えをしてくれました
ばぶー((o゜~゜(o゜Д゜))oちゃりんちゃりん
その幼稚園の休み時間に
よく遊んでいた同じ組の女の子がいました
(゜~゜)
名前は忘れました
(≧~≦)ぶは
ふみっこはどちらかといえば
無口でおとなしい子どもでした
(゜~゜)
しかしその子は仲良くしてくれたのです
(゜~゜)
ある日彼女は
今度のお休みの日に
2人で遊びましょうと言ってきたのです
(*゜ロ゜)ギョエ!!
当日
ふみっこは待ち合わせ場所に指定された
橋の上に一人で行きました
(*゜ロ゜)
2時間待ったけれど
誰も来ませんでした
(≧~≦)ぶは
翌日
幼稚園で会った時
彼女はそのことには何も触れず
ふみっこも何も聞けませんでした
(゜~゜)
聞いてはいけないような気がしたのです
(゜~゜)
ただその後も幼稚園では
仲が良かった気がします
(゜~゜)
卒園式の日
彼女と最後の会話を交わしたのを憶えています
(゜~゜)
彼女は笑顔で「また遊ぼうね」と言ってました
(゜~゜)
しかし小学校が違ったので
もう二度と会うことはありませんでした
(´ロ`)アハハ
こうして5歳の初恋が終わりました
(つ~`)ぐすん
# by fumiblog | 2010-06-02 21:26 | ふみっこ哲学 | Comments(2)
ふみっこの思い探し
ハーバードで教える経営学というのは、まったく違うのだと
経営とは資本や経験ではなく、知恵でやるものだ、と

たとえば、経営に必要な問題解決能力を身につけるには、
まず何が問題なのかを正確につかむ必要がある

そのためには、そこで実は何が起きているのか、
問題の本質を考えて考えて考え抜かなければならない

そして、起きている事の本質を正確に理解できれば、
その問題は解決したのも同じだというのである

(堀紘一「年収が2倍にも3倍にもなる勉強法」)

( ´~`)ノハーイ
ひとつ前の記事は
このブログに載せる10日ほど前に
メモ帳で書きました
(o゜~゜)oホエ?
それからの10日間
このブログの方針をどうするか
すなわち「ふみっこの思い」とは何かを
懸命に考える日々が続きました
(゜~゜)
いくつか候補は挙がったものの
一方で「そんなのどうでもいいんじゃないか」
と思えました
(´ロ`)アハハ
つまり
ふみっこには思いがない――
ということに気づいたのです
(゜~゜)
それはショッキングな事実であり
ネットから引退しようかと思いました
(´ロ`)
でもそうしたらふみっこはますます
いろんなことがどうでもよくなりそうな気がしました
(゜~゜)
なのであと1ヵ月だけ
ふみっこの思いを探すことにしました
(o゜~゜)oホエ?
そして思いを見つけることができたら
7月1日にブログを正式にオープンします
(゜ロ゜)
絶対に負けられない戦いです
(゜~゜)ノぁぃ
それまでは毎日
ふみっこの思いを探す日記を書くことになりますが
それらの日記は正式オープンできない時は
後日削除する可能性があるので
ご了承ください
(´~`)ノハーイ
# by fumiblog | 2010-06-01 21:27 | ふみっこ哲学 | Comments(7)
ふみっこの思い
あらゆる組織において、
共通のものの見方、理解、方向づけ、努力を実現するには、
「われわれの事業は何か。何であるべきか」
を定義することが不可欠である
(P・F.ドラッカー「マネジメント」)

( ´~`)ノハーイ
ふみっこです
(゜ロ゜)
突然ですがふみっこは
2009年1月に
「虚無的な内容の空想哲学」
というサイトを作りました
(o゜~゜)oホエ?
このサイトでは
ふみっこが重要だと思う
生命や宇宙の根本問題や神秘について
主に書いています
(゜~゜)
このサイトの構想は2003年からあり
それから6年の時を経て
ようやくふみっこの夢が実現したのです
(*゜ロ゜)ギョエ!!
もう死んでもいいと思いました
(つ~`)ぐすん
しかし反響はほとんどありませんでした
(´ロ`)アハハ
ところでその空想サイトとは別に
新しく日記用にブログを作りました
(o゜~゜)oホエ?
空想サイトでは
ふみっこの個人的な話は極力挟まずに
普遍的なことを書いてきたつもりなのだけど
もう書くことがなくなってきたので
ちょっとした話題や
個人的な話に移行しようと思ったわけです
(゜~゜)
ところでサイトやブログを通して
誰かに何かを伝えようとする時は
「思い」というものが大事になってきます
(o゜~゜)oホエ?
ある作品やアーティストに関するサイトは
それが好きだという思いがあるのだろうし
レシピなどを載せているサイトは
美味しいものが食べたいという
思いがあるのだろうし
お金儲けに関するサイトは
お金持ちになりたいという
思いがあるのでしょう
(゜~゜)
サイトやブログを作っても
そういった思いがないと
中途半端なものになってしまいます
(゜~゜)
なのでふみっこもこのブログを開設するにあたって
ふみっこの思い
つまりテーマを明確にしようと思いました
(゜~゜)
それは―――
それは――
それは―
・・・
・・


















まだ考え中です
(゜Д゜)ハァ?
# by fumiblog | 2010-06-01 21:06 | ふみっこ哲学 | Comments(4)