ふみっこの経験とテーマ
人間は満ち足りてくると余計なことを考えるようになるのです
考え続けることは生物体としてはおかしいのです
人間以外の動物はそんなことをしません
意味を求め続けること、私を探し続けることは
本来、おかしなことなのですが
そこにはまってしまう人もいるのです
(中島義道「生きてるだけでなぜ悪い?」)

( ´~`)ノハーイ
このブログを人気ブログにするためには
ふみっこは特定の分野でプロフェッショナルにならなければならない
そんな過酷な現実を突きつけられたのが前回でした
(つ~`)ぐすん
しかし今日から何かのプロになろうとしても
一朝一夕でなれるものではありません
(゜~゜)
長年の経験や努力の積み重ねを経てはじめて
専門家やプロフェッショナルになれるのです
(゜~゜)
そう考えると
自分が今までの人生で費やした時間や
積み重ねた経験には
それだけで大きな価値があるのです
(o゜~゜)oホエ?
なぜなら30歳の人が二人いたとして
30年間生きてきたという時間の長さは同じだけれど
それまでに経た経験や何に時間を費やしたかは
各人で異なるからです
(゜~゜)
そしてその時間や経験こそが
今の自分を創っています
(゜ロ゜)
なので理想の自分になるためには
または向上するためには
日々有意義な時間と経験を積み重ねなければならないのです
(o゜~゜)o
その費やした時間の中に
何らかのテーマや専門性があれば
それがブログのテーマや専門分野として生きてきます
(ノ゜ロ゜)ノ
ではふみっこが今までの人生で
人並みよりも多くの時間を費やしたものは何だろう
と考えると
思いつくのは
「読書」「哲学」「虚無主義」「成功哲学」「相場」「海外一人旅」
などになります
(゜~゜)
それらはテーマがバラバラで
ブログとして考えると統一感がありません
(゜~゜)
しかしどれかを選んでしまうと
他のものを捨てることになります
(゜~゜)
それらすべてが一体となって
今のふみっこを構成しているのです
(ノ゜~゜)ノ
それにふみっこは何かの専門家を目指しているわけではなく
ふみっこ自身の向上や自己実現を目指している以上
今までに費やした時間や経験を捨てることはできません
(゜~゜)
そんなわけで
「ふみっこのブログのテーマや専門性は何か」
を考えると
どれかひとつに絞ることができないので
「ただの個人ブログ」
となります
(´~`)アハハ
by fumiblog | 2010-06-25 23:16 | ふみっこ哲学 | Comments(2)
Commented by ushio0 at 2010-06-27 05:08
「ふみっこ」を売り込みたければ売名行為をするといいよ。
今は、誰でも発信できる時代。だから、発信程度でも人を集めるのは難しいけど、ニコニコ生放送からやってみたら?
しゃべるのが苦手なら、本の解説でもして「みんなで読書」っていう形式にしたらいいんじゃない?
Commented by fumiblog at 2010-06-27 19:13
もし認知されるとしてもそれは向上後の将来的な目的で
今はまだ修行中の身だから目立たなくていいの (゜ロ゜)
<< ふみっこ探しの果てに見たもの ふみっこはブログに何を書くのか >>