[成功哲学] ふみっこの勝敗
あることができる、またはできないと自分が思うのなら
どちらの場合も、きっと正しい
(ヘンリー・フォード)

( ´~`)ノハーイ
ふみっこのテーマを巡る旅
第三回は成功哲学です
(゜~゜)
ふみっこは成功哲学とか
自己啓発とか
ビジネス書といったジャンルの本を
数年前からよく読んでいます
(o゜~゜)oホエ?
そういった本は
哲学本とは違って
気軽にさらっと読めるし
何かしら得るものがあるので実用的で
刺激を受けます
(o゜~゜)o
そして本を出せるような認められた成功者は
日本国民の0.1%ぐらいしかいないだろうから
周囲には滅多にいないわけで
勝者のメンタルや考え方を学ぶのは
本を読むのがもっとも手っ取り早いです
(o゜ロ゜)o□
人生とは
当たり前だけど
負けるよりも勝つ方が
敗れるよりも成功する方が
楽しいです
(*゜~゜)
誰もが勝ちたいと思いながらも
しかし誰もが勝てるわけではない
(´ロ`)
本人のやる気や意志や能力の差異によって
勝者と敗者に分かれるのです
(゜~゜)
その結果この世には
敗者のメンタルや考え方というのが意外に溢れています
(o゜~゜)oホエ?
学生時代の頃
テスト前になるとこぞって
「全然勉強してない」
と言い合ったのではないでしょうか
(o゜~゜)oホエ?
なぜそういうことを
みんなが言いたがるかというと
言い訳を作っているのです
(o゜~゜)oホエ?
全然勉強してなくて
テストができなかったら
全然勉強してないから当然で
傷つきません
(´~`)
全然勉強してないのに
いい点が取れたら
頭がいいことになります
(*゜ロ゜)
つまりどっちに転んでも
傷つかない上手い言い訳なのです
(´~`)
逆に「すごい勉強した」と言った場合
テストができればいいけど
できなかった場合
頭が悪いことになって傷つきます
(つ~`)ぐすん
そのように
あらかじめネガティブなことを言っておけば
実際にネガティブな状況になった時に
受け入れられやすいというメリットがあります
(゜~゜)
でも果たしてそれで
いいのでしょうか?
(o゜~゜)oホエ?
なぜならそういう言い訳をし続けると
自分は頭が悪いから
自分は凡人だから
自分は負け組だから
などと主張し続けることになり
だから仕方がないのだ
と自分自身で思い込むようになり
負け癖がつきます
(´ロ`)
自分のせいにするなら
まだいいのだけれど
典型的な敗者の思考とは
会社が悪いから
教師が悪いから
家族が悪いから
時代が悪いから
政治家や官僚が悪いから
などと
自分が負けた理由を
社会や他者に押し付けます
(´~`)ノポイ
そのように
何かで負けた時に
自分は悪くないと思ってしまうと
人間は成長しません
(o゜~゜)oホエ?
人間の成長とは
そして勝者への第一歩は
言い訳をせずに
たとえばテストができなかったら
自分の内にある原因(努力不足など)を認めて
対策(努力するなど)を打つことにあるのです
(゜~゜)ノぁぃ
そんなこんなで
ふみっこの成功哲学とは
「人生の勝敗の責任を
社会や他者や運のせいにするのではなく
自分で引き受けて
原因を考えて対策を打つことで
いい方向へと自らコントロールすることを楽しむこと」
にあります
(´~`)ノハーイ
by fumiblog | 2010-07-03 12:08 | 成功哲学 | Comments(2)
Commented by at 2015-02-02 06:48 x
ふみっこさま、はじめまして。このブログを見つけて以来、大変感動いたしまして勉強させていただいております。
奇しくも私は初めての海外旅行で訪れたのがウィーンで、同様の感想を持ったこともあって、最近の記事も大変興味深く読ませていただきました。
またこの記事にコメントさせていただいたのは、自分にはこのような成功哲学的なメンタリティが欠如していると思ったからでした。
これからもブログ楽しみにしております。
最後になりますが、ミラノからの生活ブログ(『千の恩返し』といいます)を書いておりますのでお時間あるときにご覧いただけましたら幸いです。


Commented by fumiblog at 2015-02-09 22:27
・千さん
コメントありがとうございます(*^~^*)ノ
初海外がウィーンですか!(゜ロ゜)それは街並みの美しさに驚いたでしょうね
社会や政治や他者のせいにするのではなく、何事も自己責任で考えること、失敗してもそこから学んで改善していくことが、自己の成長に繋がりますね(*゜~゜)ノ
<< ふみっこが本を読む理由 [虚無主義] ふみっこの意味 >>