[中国旅行2] 中国の経済と政治
d0164816_1312726.jpg
中国 北京 天安門広場 (2011/9/18)

歴史を振り返ると、16世紀にはスペインが世界を支配し、
18世紀においてフランスは最も裕福な国だった
そして19世紀は大英帝国の時代であり、
20世紀はアメリカの時代だった
そして21世紀は、中国の時代になろうとしている
その変化がいま、私たちの目の前で起こっているのだ
(ジム・ロジャーズ「娘に贈る12の言葉」)

( ´~`)ノハーイ
前回の続きです
(o゜~゜)oホエ?
この10年ぐらいで中国経済が急速に発展して
世界の大国として存在感が強まっているのは
かつての社会主義経済を見直して
資本主義経済を導入したからでした
(゜ロ゜)
中国の強みは
安い人件費です
(o゜~゜)oホエ?
中国は少し前に
GDP(国内総生産)で日本を抜いたとはいえ
中国の人口は日本の10倍です
(゜~゜)
つまり10倍の人口を擁して
ようやく日本に追いついたところです
(゜ロ゜)
なので一人当たりGDPで見ると
中国は日本の10分の1に過ぎません
(つ~`)
よって中国人の平均月収は
都市によって異なるけど2~3万円とかです
(゜~゜)
日本に買い物ツアーに来るような中国人は
ごく一部の富裕層だけです
(つ~`)
なので中国の物価はかなり安いです
・地下鉄 24円
・市内バス 12円
・500mlミネラルウォーター 12~24円
・タクシー初乗り 100円
・マックのセット 200円~
などなど
(´~`)
アジアやアフリカの後進国には人件費がもっと安い国がたくさんあるけど
前回書いたように中国はインフラが整っているし
義務教育もあって識字率は高く
低賃金でも中国人は比較的よく働くので
総合的にメリットが大きいんですね
(o゜ロ゜)o
それはつまり
外国の企業は中国に工場を作れば
安い人件費で生産活動ができるので
中国は世界の工場となり
世界中に”Made in China”の製品が溢れることになりました
(゜ロ゜)
そうして中国は膨大な貿易黒字が得て
世界第1位の貿易黒字国になっています
日本は2位、アメリカは最悪の貿易赤字国で最下位
(ノ゜ロ゜)ノ
そのように経済は好調である一方
中国の大きな問題点は政治です
(o゜~゜)oホエ?
中国は政治が民主化されていなくて
共産党の一党独裁であることが
中国国内的にも国際的にも大きな問題であり続けています
(゜~゜)
ところで今年の年初に
エジプトやチュニジアなどのアラブ諸国で
民主化革命が起きました
(o゜~゜)oホエ?
エジプトのムバラク政権は
30年もの長きに渡って
独裁政権が続いていたのです
(゜~゜)
しかし生活は一向に豊かにならず
市民の不満は蓄積されていました
(´ロ`)
そんな閉塞的な独裁政権に立ち上がったのが
一般市民であり
つまり民主化を求める市民革命です
(≧~≦)ノハーイ
そうしてチュニジアとエジプトでは
国際的な世論の支持も得て
現政権の終止符が打たれることになり
リビアでは最高指導者のカダフィ大佐が徹底抗戦したことで
内戦になったものの
結局カダフィ側が破れて独裁政権は崩壊しました
(´~`)
そして中国でもこのような
民主化を求める市民運動が
かつて大々的に起きたのです
(o゜~゜)oホエ?
それが中国現代史でもっとも重要な事件と言える
1989年の天安門事件です
(≧~≦)ノハーイ
中国は第2次大戦の終戦後の混乱の中で
敗戦国である日本が中国から撤退した後
共産党と国民党との間で
覇権を巡って争いが起きるのだけど
それに毛沢東が率いる共産党が勝利し
国民党の一派は台湾へと逃げることになります
(ノ゜~゜)ノ
そして1949年に
毛沢東が共産党の国として建国したのが
今の中国です(台湾を除く)
(゜ロ゜)
なので法律も軍もメディアもインターネットも
すべて共産党の支配下にあるわけです
(゜~゜)
その一党独裁政権がずっと続いていたのだけど
1980年代の終わりは
当時ソ連の支配下にあった東欧諸国が
その支配から脱して民主化が進んでいた時代でした
(その後ドイツのベルリンの壁も崩壊する)
(゜ロ゜)
その民主化の流れに呼応するように
北京大学(中国における東大)の学生たちが
民主化を求める学生運動やデモを起こします
(ノ゜~゜)ノ
その動きは他の大学や全国各地にも広がり
次第に民主化を求める人々が
北京の中心部にある天安門広場に集まり始め
その数は10万人にも膨れ上がりました
(゜ロ゜)ギョエ!!
共産党の独裁政権をぶっ倒すために立ち上がった
市民革命です
(≧~≦)ノハーイ
長くなったので次回に続きます
(´~`)ノハーイ
by fumiblog | 2011-10-01 01:38 | 旅行 | Comments(0)
<< [中国旅行3] 天安門広場の戦い [中国旅行1] 社会主義国の首... >>