ふみっこの情報収集
d0164816_1823567.jpg
ロンドン 大英博物館 (2009/9/19)

ビジネスのヒントは、身近に転がっている
問題は、それに気づくかどうか、そして、未知の知識を吸収する好奇心を持っているかどうかだ
知的にマメか、怠惰か、その差が収入を大きく左右する
どんな事柄も、それを知っている人間と、知らない人間がいる
この<知識格差>にこそ、ビジネスチャンスがあるのだ
(大前研一「洞察力の原点」)

( ´~`)ノハーイ
今回は情報収集の話をします
(o゜~゜)oホエ?
今さらあえて言うことでもないですが
現代社会とはすなわち情報化社会です
(゜~゜)
ある情報を知っているか知らないかで
有利になったり不利になったりするんですね
(o゜~゜)o
インターネットが日常的に使える(使いこなせる)環境にあるかないかで
得られる情報に大きな差がつくのは
みなさんもよく実感していることと思います
(o゜~゜)o
たとえばある(高額な)商品を買う前に
ネットでレビューや最安値を調べたりするのは
ネットユーザーにとっては当たり前のことだけど
ネットがなかったらそういうこともできません
((;゜ロ゜)オロオロ
情報がない人は
割高な商品を買ったり
よくわからない商品を買って失敗したりして
損をし続けるのです
(´~`)アァー
ところでふみっこは海外によく行くので
旅行代理店というビジネスが
情報弱者を相手にして成り立っていることがよくわかります
(o゜~゜)oホエ?
ネットが使えて簡単な英語が読めれば
航空券、ホテル、現地での移動手段など
海外であってもネットで個人で最安値で手配できてしまうので
ふみっこからすると旅行代理店って存在意味がないんですよね
(代理店に頼むと仲介手数料=情報料がかかるので当然高い)
(o゜~゜)o
それでも情報がない人(自分で調べられない人、調べる時間がない人、英語サイトが読めない人など)は
旅行代理店に情報料を支払うことで
代行してもらうわけです
(゜~゜)
それは金融商品でも同じで
銀行の窓口などで売られている投資信託って
手数料や信託報酬が異常に高いんですよね
(o゜~゜)o
それなら値動きが同じでありながら手数料や信託報酬がずっと安い
ETFを買った方がいいのだけど
銀行にしてみれば投資信託を売った方が儲かるので
無知な高齢者などに売りつけるわけです
(´ロ`)
各種保険も同じで
ネットの方がずっと安いです
(´ロ`)
携帯電話の料金体系なども
(特に以前は)わざと複雑になっていて
情報弱者からは多く吸い取るようにできています
(´ロ`)
つまるところ
店員に聞くとか店舗に問い合わせるといったことが
旧時代的な非効率なもので
ネットならもっと中立・正確・割安な情報が
ちょっと検索しただけですぐに明らかになるわけです
(゜ロ゜)
そんなわけで情報強者への第一歩とは
人に何か聞きたくなった時は
人ではなく
Googleに聞いて
自己解決することです
(≧~≦)ぶは
もしくは
「読んで500万円得する本」
という本を以前書店で見かけて読んだのだけど
こうのような情報がまとまっている本や雑誌類から
情報を得るのもいいですね
(o゜ロ゜)o
話は変わるのだけど
ふみっこはけっこう昔から
天気予報は「雨雲の動き」
を一緒に見るようにしています
(o゜~゜)oホエ?
たとえば東京都の降水確率が30%と言われても
漠然としていて
地域や時間帯によって差異があります
(゜~゜)
その今後数時間の「降水地域」と「時間帯」を
アニメーションで明確に表すのが
雨雲の動きです
(゜ロ゜)ギョエ!!
これは予測なので外れることもあるけれど
少なくとも通常の天気予報(降水確率のみ)
よりは遥かに役立つので
ふみっこはこのページは天気予報と合わせて毎日何度か見ています
(゜ロ゜)
ちなみに雨雲の動きは
ウェザーニュースなど他の天気予報サイトでも見られます
Yahooの雨雲はスマートフォンでも同じURLでそのまま見れます
(o゜~゜)o
そんなわけでリアルタイムで変動する情報や
ユーザーレビューなどを調べるのは
ネットが最強ですが
ちゃんとした知識を身につけることに関しては
ネットは問題があります
(o゜~゜)oホエ?
ネットにもさまざまな分野の解説サイトは膨大にあるけれど
ネット上のサイトやブログは
誰でも(素人でも)開設できるので
情報の質という点で微妙です
(゜~゜)
一方で本は
基本的にその分野の専門家や実績がある人しか出版できません
(o゜~゜)o
なので本の方が
知識の質や信頼性がより高いので
勉強目的であれば
ネットよりも本の方がずっと優れています
(゜ロ゜)
もっとも本だからいっても
内容が薄い使えない本もたくさんあります
(´~`)
玉石混交という意味では
ネットも本も同じなのだけど
「もっとも良質な知識」に関しては
やはり本にあると言えるでしょう
(o゜~゜)oホエ?
ふみっこは株に関する本と
株に関するサイトやブログをたくさん見てきたけれど
やはり本の方が学ぶことが遥かに多かったです
(´~`)
そのためには優れた良書を読むことが必要になります
(o゜ロ゜)o
そして「どの本が良書か?」といったことは
Amazonや楽天ブックスなどのレビューを見れば
すぐにわかります
(*゜ロ゜)ノ
なので書店で見かけて書店で買う本であっても
買う前にAmazonなどでレビューを調べた方がいいです
(´~`)
ところで原発問題が冷めやらぬ半年ぐらい前に
「放射線が含まれた食品を食べることによる健康被害はどの程度なのか?」
という疑問があって
でもメディアもネットも言ってることがバラバラなので
放射線の本を3冊読んでみました
(o゜~゜)oホエ?
「家族で語る食卓の放射能汚染」(原発反対派=悲観的)
「食卓にあがった放射能」(中立・科学的)
「放射線のひみつ」(原発推進派=楽観的)
の3冊です
(゜ロ゜)
これらを読み終わってからわかったのは
この3冊の著者の原発に対するスタンスは
上の( )内で書いたように
反対派だったり推進派だったりして
それぞれ異なっていました
(´~`)
悲観的な一番上の本だけを読んだら
放射線に対してきっと偏った知識が身についていたでしょう
(つ~`)
ふみっこがもっとも参考になったのは
中立・科学的なスタンスの「食卓にあがった放射能」
ふみっこ自身も客観的な視点が得られたような気がしました
(o゜ロ゜)o
詳しく説明すると長くなるので書きませんが
食品に規制値以下のセシウムが含まれていても
「ほとんど気にしなくていいレベル」であることがわかり
「ネット上の放射線に対する反応は悲観に傾いている」
とふみっこは思いました
(o゜~゜)oホエ?
ということで自分の専門ではない分野の本は
入門書を1冊で済ませるのではなく
3冊ぐらい読むと
より理解が深まります
(´~`)ノハーイ
そんなわけでまとめると
1.知りたいことはとにかくなんでもネットで検索する
(通常の検索で見つからない場合は、2chスレッド検索ブログ全体検索知恵袋教えてgooなどで調べる)
2.詳しく知りたいことは本(良書)を読む
3.どの本が良書かどうかはAmazonや楽天ブックスのレビューを参考にしたり、検索で調べたりする
です
(≧~≦)ノハーイ
by fumiblog | 2011-12-05 18:46 | ふみっこ哲学 | Comments(7)
Commented by べあお at 2011-12-06 21:29 x
ふみっこさんこんばんは
今回も凄くよくまとまっていて参考になります
情報格差による損得の差は大きいですね
私も英語をもう少し使えるようになりたいです
日本語以外からも情報収集できるなんて世界が広がりそうですものね

前に書かせていただいた発達障害ですが、自閉症もその中の一つといった所みたいです
アスペルガー(知的障害の無い自閉傾向)やADHD(注意欠陥多動性障害)や学習障害といったものですね
私はADHDが強めでアスペも少しあるかな(まだ通院中でハッキリしない)
それで私は今まともに働けてないですね20代後半に入っているんですが
ふみっこさんは30代でしょうか

発達障害もここ十数年前くらいから色々わかってきたみたいで(生まれながらの脳機能障害で脳画像によっても特徴がわかってきている)
まだまだ研究途上みたいですし専門医も少ないみたいで苦労します
しかし専門医もいるにはいるのでその方達が書いている本を読むよう医師や心理士さんからも薦められ何冊か読んでます
この分野に関しても、ネットの情報ももちろん役にたちますがまだまだ本はなくてはならない感じですね
Commented by coca cola at 2011-12-07 21:28 x

ふみっこさんこんばんは。(*^^*)

今回もリクエストに答えて頂きありがとうございます。

例えばの話ですけど、ダイエットしたい女性は、がむしゃらに縄跳びをしたりするんではなくて、まず栄養や運動について学ぶ必要がありますよね(^_^;)

情報を得る、勉強する、というのはいまやすべての努力の根底にあるなぁと思いました。

よくそういう人を頭でっかち、なんていう人がいますけど、頭でっかちにすらなれないのは今や問題外ですからね(^-^;

あと個人的に、本はパソコンの光と違って書物なので紙の質感だったり、文庫本のほどよいサイズだったり、実際に手にとれるところが好きです(^-^)

パソコン上のデータのいいところは、後から編集が容易にできることですかね(^^)d
Commented by fumiblog at 2011-12-07 23:36
べあおさんこんばんわ(*^~^*)ノ
ADHDですか(゜ロ゜)名前だけ聞いたことがありました
仕事に支障が出るなら大変ですね(つ~`)
通院でよくなるといいのですが(*^~^*)ノ
ふみっこは年齢不詳の設定ですが、べあおさんより年上です(≧~≦)
昔は中島義道とかを読んでああいう生きづらい世界に共感したりしてたけど、最近のふみっこの生活は安定しているのでそういうのがどんどん失われつつあると感じます(´~`)
でもそういう人生に迷っている時に哲学の本とかを読んで悩みながら苦しんだことがその後の糧になっていったかなと思います(*゜ロ゜*)本は知識だけではなく「共感」や「救い」もあって、人生において欠かせないものですね
Commented by fumiblog at 2011-12-07 23:36
coca colaさんこんばんわ(*^~^*)ノ
そうですね、ネットを使いこなして本を読む、というのは単純だけど、情報や知識を身につけるための王道だと思います(´~`)
もっともネットはあえていうまでもなくみんな使っているので、やはり意識して本を読むことが重要かなと思いますね(o゜ロ゜)o
紙の本は少しPCから離れて気分転換したい時にもいいですね(≧~≦)
Commented by humihumi at 2011-12-08 04:49 x
ふみっこさんこんばんは。ネットには情報に信頼性が乏しかったり
情報の質が低いということですが、最近2chでよく見られる、
韓国関連の情報についてはどのような見解ですか?
2chではかなり、韓国に対して手厳しいコメントがあったり
情報があったりしますが、そのような情報をどのように
個人的に処理していけばいいのか最近悩んでおります
ふみっこさんの個人的な見解や処理法などをお聞かせ願いたいです
m(__)m
Commented by fumiblog at 2011-12-08 23:47

humihumiさんはじめまして(*^~^*)ノコメントありがとう
ネット上での韓国や中国に対するバッシングは非常に強いですよね(o゜~゜)o
ふみっこはそれは、動物としての本能的なもので、今後も延々と繰り返されて、なくなることはないと思います(o゜~゜)oホエ?

国境を接するインドとパキスタンは仲が悪く、戦後に3回戦争をしていて、一時は全面核戦争の危機もあったそうです(゜~゜)
同じくイスラエルと周辺のパレスチナや中東諸国とも仲が悪く、戦後に4回の中東戦争がありました(゜~゜)

しかし日本では、インド、パキスタン、イスラエルといった国々の動向について、話題になることはほとんどありません(o゜~゜)oホエ?
そういう国々は遠い異国の出来事であり、争そおうが何しようがどうでもいいことなんですね(´~`)
Commented by fumiblog at 2011-12-08 23:48
(続き)
日本で圧倒的に多いのは、やはり韓国や中国、北朝鮮に関することで、これらの国は海を挟んで国境を接する近隣国です(゜~゜)
なのでこれら近隣国の動向に、日本人は目を光らせて注目します(゜ロ゜)

犬が縄張りを巡って争うように、動物は本能的に縄張り意識を持っているそうです(゜~゜)
なので主にネット上での韓国・中国・北朝鮮に対するバッシング(その逆の韓国や中国による日本バッシングも含む)は、そういう本能的な縄張り意識がさせているのでしょう(゜~゜)

そして本能的なものである以上、隣国との争いや悪口の言い合いは今後も延々と続きます(´~`)アァー
対処法は、不快だと思う情報は見ないようにすることですね(o´~`)ノハーイ
<< 世界解釈と富を巡る争い 人間が発見した生きる意味 >>