人は平等を求めるが、能力は平等ではない
d0164816_19331226.jpg
アイスランド アークレイリ (2012/4/29)

A
真ん中をガラス窓で仕切った部屋に二頭のチンパンジーを入れ、両者にキュウリを与えると喜んで食べる
ところがそのうちの一頭のエサをバナナに替えると、これまでおいしそうにキュウリを食べていたもう一頭は、いきなり手にしていたキュウリを投げつけて怒り出す

B
初対面の二頭のチンパンジーを四角いテーブルに座らせ、どちらも手が届くところにリンゴを置くと、互いに奪い合う
ところが同じことを何度も繰り返すうちに、どちらか一方がリンゴに手を出さなくなる
からだの大きさなどさまざまな特徴から二頭のあいだで自然に序列が生まれ、いちど階層が決まると、下位のチンパンジーは上位者にエサを譲るようになる
橘玲「(日本人)」

( ´~`)ノハーイ
上に引用したのは動物行動学の実験で明らかになった
チンパンジーの特徴なのだけど
人間とチンパンジーは遺伝情報が99%同じとも言われているので
これはそのまま人間の特徴でもあり
つまり遺伝子にあらかじめプログラムされている本能であることがわかります
(o゜~゜)oホエ?
この実験結果が面白いのは
Aでは不平等に抗議し、強く平等を求めながらも
Bでは力の差を認めざるを得なくて、自然に階層ができてしまうことです
(´~`)アハハ
つまり人は(チンパンジーは)本質的に平等を求める本能があるけれど
しかしその平等世界が実現することはありません
(o゜~゜)oホエ?
それは個体ごとに(広い意味で)能力に差異があるからで
その強弱によって
自然に序列ができてしまうからです
(つ~`)ぐすん
しかし平等を求める本能があるがゆえに
その序列・階層・不平等を
人は素直に認めることができません(嫉妬するなど)
(#゜~゜)メラメラ
人は生まれつき身体能力・頭脳・容姿(=遺伝子情報)に明らかに差異があり
さらに生まれ落ちた家庭環境や国にも差異があり
その自分を決定づける2つの要因(遺伝子・環境)は自分では決して選ぶことができず
一方的に与えられるもので
どうしようもなく不平等なのがこの世界の事実です
(つ~`)ぐすん
そんな不平等な世界の中で
たまたま強大な力を持った者が
王や権力者となって
周辺地域を支配し
同じ人間を奴隷として働かせる
ピラミッド型の階級社会を作りました
(ノ゜~゜)ノ
それは単に
階層を認める人間の本能がそういう社会を構成したのでしょう
(゜~゜)
一方で人間には平等を求める本能もあるので
近代に入ると
自由・平等・友愛を理念に掲げたフランス革命が成功して
貴族や特権階級を打破して
奴隷制も廃止されていきます
(o゜ロ゜)o
その後、産業革命によって資本主義体制が確立すると
富める者と貧しい者が生まれて
また格差が問題になり
不平等な資本主義への対抗として
絶対平等の共産主義が生まれます
(ノ゜ロ゜)ノ
しかし頑張っても怠けても得られるものは誰もが同じ
という共産主義社会は
頑張る必要性がなくなり
人々から労働意欲を奪って
その結果中国では大規模な飢饉が発生したりして
失敗に終わります(関連日記
(´ロ`)
そうして現代の民主主義社会では
他人に支配されず自由に生きられる人権が与えられているけれど
資本主義という不平等なシステムは残っていて
資本主義の中心アメリカでは近年ますます格差が広がっています
(上位1%の富裕層がアメリカ全体の富の40%を占める)
(゜~゜)
しかし人類は
人間の際限のない欲望をエネルギー源とする
資本主義よりも優れた社会システムを
見出すことができていません
(゜~゜)
もっとも社会システムがどのようなものであろうと
強い者と弱い者
富める者と貧しい者
モテる者とモテない者
といった不平等が生じるのは
昔から何も変わらなかったはずで
今後も何も変わらないのでしょう
(´ロ`)アハハ
もし人類が文明を失って
原始の世界に戻ったとしても
人間がサルから進化した存在である以上
不平等な世界の中で
平等を求める戦いが延々と続くのです
(o´~`)ノハーイ
なので自由民主主義の時代に生きる私たちは
周囲や他者と比べて平等・不平等といったことは気にせずに
自由という特別な権利を最大限に生かして
個々人が自分らしい生き方を見出すべきなのかもしれません
(o´~`)ノふわーい

今日までのあらゆる社会の歴史は、階級闘争の歴史である
(マルクス「共産党宣言」)

by fumiblog | 2012-06-19 20:00 | ふみっこ哲学 | Comments(5)
Commented by 黒猫 at 2012-06-22 00:23 x
いろいろ平等じゃないけど
国によって違うからおもしろいかったり 難しいのでは?
私は時間だけ平等だと思いますよ
Commented by fumiblog at 2012-06-22 23:32
そうですね(o゜~゜)o時間という資源を有効に使えるかどうかが人生のキーと思います
Commented by ドーキー at 2012-06-23 20:53 x
時間ですら平等ではないと思いますが。
ただ配られたカードで最大限の効果を出すようにするほかない。
Commented by fumiblog at 2012-06-24 23:03
そうですね、初期ステータス値が平均より低くても、嘆いていてもどうにもならないので、ちょっとでも上げられるように頑張るしかないってことでしょうか(´~`)
Commented by ...アーッ at 2017-11-14 05:19 x
確かに皆さんの言う通りです、能力は平等ではありません。しかしながら生きる時間は有限で平等です、だからどの様に生きるかが大切ですね。
<< 共同体から個人へ 日本化するアメリカ経済の未来 >>